OpenSolaris 2008.11 ローンチのおさらい

今年の 12 月はいくつかのメジャーリリースがありましたが、私が忙しかったため ("ゆったりとした 12 月" はどこへ?) ので、年末年始でアクエリアムを休む前におさらいしておきます。

Radio Receiver Icon

OpenSolaris - 最後のリリース候補ビルドが 11 月終盤だったにも関わらず、実際のリリースは 12/11 でした。 そのローンチの際には、オンラインイベント ( uStream.tv を使ったものです。 ライブチャットの様子をご覧下さい)、 多くのブログ、 PR 活動が行われました。 最初に見始めるのに適当なもの、もしくは概要を知るには、 Stephen, Bob Porras, Calum, Josh, Observatory などがあります。

このリリースの準備に関して変わったことの 1 つは、web プレゼンスの改善です。 OpenSolaris の開発者向け web サイトは OpenSolaris.org のままですが、ユーザに向けては良くなった OpenSolaris.com があります。

多くの機能があります。特に注目な 2 つは ZFS ベースの Time Slider と、新しいパッケージ形式 (IPS) とそれを支えるリポジトリです。 私たちも GlassFish v3 アップデートセンターで IPS を使っていますので、 Distro Constructor, Mirroring IPS, the RoboPorter, 新しい、Pending と Contrib リポジトリ (Nico, Richb) についての情報をチェックしてみても良いかも知れません。

OpenSolaris のユーザビリティはこの 1 年でとても良くなりました - 私は来年 東芝のラップトップ 手に入れようと画策中です - し、配備に関する強さは引き続きです。 ローンチの次の日に 紹介 Webinar を開きましたし、GlassFish での Zone, Dtrace, ZFS の様な配備面の機能に焦点をあてた続編も計画しています。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。
About

sharps

Search

Categories
Archives
« 7月 2015
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
       
今日