導入コスト、終了コスト、標準とオープンソース

原文: Cost-of-Entry, Cost-of-Exit, Standards and OpenSource

先週、SpringSource は新しい エンタープライズのメンテナンスポリシー を発表しました。 これは多くの Web 上の活動を引き起こしました (フランス語が読めるなら、Alexis のブログ をご覧下さい)。 特にこの長い TSS のスレッド など。

多くの反応は否定的です。 私は最大の問題が新しいビジネスモデルの詳細についてでない事に疑問を抱いています - 多くの 有効なオープンソースのビジネスモデルがあります - しかし、これは Spring フレームワークで多くの人々が関係しているという前提の変化です。 GlassFish で私達が持つ利点の一つが、 私達がエンタープライズモデルと同時にデザインし、コミュニティに公示した事です。

ALT DESCR

TSS のスレッドはまた Scott McNealy が指摘した 終了コスト について私に思い出させてくれました。 複数の実装で標準化する利点の一つが、終了コストの低さから、ベンダーに良いサービスの提供を促す事です。 そして、私は EJB 3.1 Webinar 用のプラグインを挿入するでしょう。

ところで、 鉄道のゲージ は "終了コスト" の良い事例です: スペインは、19世紀の半ば イベリアのゲージ を標準化しました。 標準ゲージ に切り替える計画がありますが、私はそれが起こる時にそれを信じているでしょう...

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。
About

sharps

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日