(JA) Java サーバクラスマシンの検出

通常、Javaを使っている時に server VM を使っているか client VM を使っているかどうかはあまり気にしませんが、 調べ物をしているときにその辺で引っかかったので、 調べてみました。

J2SE 1.5から検出を行うのですが、環境により結構違います。 マシン環境で判断する場合、2CPU/2GBメモリが判断基準になっているんですね。
最近のPCはデュアルコアが大半ですから、メモリをちょっと多めの場合、server VMが起動してしまうということみたいです。

起動時のデフォルトを無理やり変更したい場合は jvm.cfg をいじれば良いみたいです。 (自己責任でお願いします)
JDK 6 Update 2 Linux(32bit) rpm版の場合、 /usr/java/jdk1.6.0_02/jre/lib/i386/jvm.cfg が該当するようです。

-client IF_SERVER_CLASS -server
-server KNOWN
-hotspot ALIASED_TO -client
-classic WARN
-native ERROR
-green ERROR

中身は上記のような感じでした。サーバークラスだったらオプションを変えるようになってますね。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。
About

Technical Infomations of OpenSolaris and Java and etc are in this blog. Contents of this blog are mainly written in Japanese, sometimes written in English.

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日