月曜日 12 02, 2013

[Get Proactive!] Advisor Webcast レコーディング&資料公開! ~ WebLogic Serverサポート・エンジニアが教える WLS起動時エラー および OutOfMemoryError のトラブルシューティング手法

おかげさまで、10月と11月の2回に渡り開催した 日本語による Advisor Webcast は、好評のうちに終了いたしました。
ご参加下さったお客様には、改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
皆様からいただいたフィードバックは、次回以降のAdvisor Webcast に、是非活かしていきたいと思います。

さて、それぞれの Advisor Webcast のレコーディングと資料のダウンロードの準備が整いましたので、ここにご案内させていただきます。
あいにく当日ご参加できなかった方々や、もう一度 Advisor Webcast を視聴し直したい方々は、是非この機会をご利用いただければと思います。

WebLogic Server 起動時における問題とその調査方法』(10/22 開催)

  • Advisor Webcast のレコーディングの再生(71分): Doc ID 1456204.1から。下記を参照ください。
  • Advisor Webcast の資料のダウンロード

WebLogic Server におけるメモリリークのトラブルシューティング』(11/26 開催)

  • Advisor Webcast のレコーディングの再生(64分): Doc ID 1456204.1から。下記を参照ください。
  • Advisor Webcast の資料の ダウンロード

上記資料のダウンロードリンクの他、Oracle Fusion Middleware Advisor Webcast Schedule and Archived Recordings (Doc ID 1456204.1) の Archived 2013 タブから、レコーディングの再生 (Recording) および 資料 (.pdf) のダウンロード用リンクにアクセスできるようになっています。
この Archived 2013 タブ では、人気の高いトラブルシューティング関連の Advisor Webcast を他にも多数公開しています。

今回の10月、11月に開催されたAdvisor Webcast では、「集合研修への参加が難しいので、自席で受講できる Advisor Webcast は非常に助かる」との声をいただきました。

しかし、実際には、レコーディングを視聴していただくことで、自席で、しかも、お好きなタイミングで、何度でも繰り返してご利用いただけるのが、Advisor Webcast の更なる利点でもあります。
是非、今回公開されたレコーディングをご活用いただき、トラブルシューティングのTipsを余すところなく吸収していただけたらかと思います。

また、今後も、新しいトピックの日本語Advisor Webcastを企画しておりますので、是非ご期待いただければと思います。

月曜日 11 11, 2013

[Get Proactive!] Advisor Webcast 第二弾! ~ WebLogic Serverサポート・エンジニアが教える OutOfMemoryError のトラブルシューティング手法

WebLogic Server稼働中にOutOfMemoryError が発生し、その発生原因の特定で苦労されたことはありませんか?

OutOfMemoryError の発生では、それが実行中のアプリケーションの過大な負荷によって生じたものなのか、それともメモリリークによるものなのかで、その後のトラブルシューティングの手法が自ずと異なってきます。

例えば、Java ヒープのメモリ使用量が、以下の図にあるような推移を示している時、(1) ~ (3) のどのタイミングにおけるメモリ使用量に着目すべきでしょうか?

  1. メモリ使用量が最も多いとき
  2. メモリ使用状況が最大、最小のほぼ真ん中にあるタイミング
  3. メモリ使用量が最も少ないとき

その上で、具体的にどのような調査手法を用いて調査を進めるべきなのでしょうか?

また、そもそも、OutOfMemoryError は、なぜ発生するのでしょうか?

このように、OutOfMemoryError のトラブルシューティングでは、エラー発生のメカニズムを理解し、エラー発生の仮説を立て、適切な調査手法を選んだ上で、適切なツールを使って調査を進めなければなりません。

そんな OutOfMemoryError のトラブルシューティングでお悩みの方に、Advisor Webcast 『WebLogic Server におけるメモリリークのトラブルシューティング』 をご案内したいと思います。

これは、前回10月に開催し、非常に多くの参加者の方々からご好評をいただいた、WebLogic Server関連のAdvisor Webcastの第二弾として企画されたものです。

今回の 『WebLogic Server におけるメモリリークのトラブルシューティング』 では、JavaVMでのメモリ管理のアーキテクチャを再確認しつつ、OutOfMemoryError エラーの解決方法はもとより、OutOfMemoryError の発生原因としてメモリリークが疑われる際の的確な調査方法、およびその調査で使用すべきツール等、 OutOfMemoryError のトラブルシューティングで必要とされる知識や情報を体系的にご案内いたします。

今回も、前回同様Web Conferencing形式でお伝えしますので、その場でデモをお見せしたり、セミナーの内容やそれに関連する内容について、その場で講師と質疑応答(Q&A)を交わす時間も用意されています。

開催要項は次の通りです。

Advisor Webcast: WebLogic Server におけるメモリリークのトラブルシューティング

日時:

11/26(火) 16時~17時

内容:

  • OutOfMemoryError に対処するための基礎知識
  • ヒープ使用量を監視するためのオプション、ツール
  • ツールを使った OutOfMemoryError の調査
  • (デモ、Q&Aの時間も予定しています)

参加方法:

こちらの ページ から受講登録を行って下さい

(本 Advisor Webcast は、今年5月に先行して英語で開催された「Oracle WebLogic Server - Troubleshooting Memory Leaks(英語版Webセミナーの再生資料のダウンロード)」を、日本のお客様向けに、内容を更に洗練、補強したものとなっております。 )

是非この機会をご利用し、WebLogic Server環境でのOutOfMemoryErrorのトラブルシューティングを自信を持って行えるようになっていただければと思います。

金曜日 10 11, 2013

[Get Proactive!] WebLogic Server 起動時のエラー解決でお困りの方へ ~ サポート・エンジニアが解決方法を直接お教えします!

いきなりですが、

<Critical><BEA-000386> <Server subsystem failed. Reason: java.lang.AssertionError: java.lang.reflect.InvocationTargetException

<Critical><BEA-000386> <サーバー・サブシステムに障害が発生しました。理由: java.lang.AssertionError: java.lang.reflect.InvocationTargetException

<Critical> <WebLogicServer> <BEA-000386> <Server subsystem failed. Reason: java.lang.SecurityException: Anonymous attempt to get to a JNDI resource

<Critical> <WebLogicServer> <BEA-000386> <サーバー・サブシステムに障害が発生しました。理由: java.lang.SecurityException: Anonymous attempt to get to a JNDI resource

<BEA-000386> <Server subsystem failed. Reason: weblogic.descriptor.DescriptorValidateException: The following failures occurred:

<BEA-000386> <サーバー・サブシステムに障害が発生しました。理由: weblogic.descriptor.DescriptorValidateException: The following failures occurred:

<Critical> <WebLogicServer> <xxx> <AdminServer> <main> <<WLS Kernel>> <> <> <1339073932973> <BEA-000386> <Server subsystem failed. Reason: weblogic.security.SecurityInitializationException:

<Critical> <WebLogicServer> <xxx> <AdminServer> <main> <<WLS Kernel>> <> <> <1339073932973> <BEA-000386> <サーバー・サブシステムに障害が発生しました。理由: weblogic.security.SecurityInitializationException:

<Critical> <WebLogicServer> <Cus- Domain> <Cus - AdminServer> <main> <> <> <> <1305063978939> <BEA-000386> <Server subsystem failed. Reason: weblogic.utils.NestedRuntimeException:

<Critical> <WebLogicServer> <Cus- Domain> <Cus - AdminServer> <main> <> <> <> <1305063978939> <BEA-000386> <サーバー・サブシステムに障害が発生しました。理由: weblogic.utils.NestedRuntimeException:

Error 1069: The service did not start due to a logon failure

Error 1069:ログオンに失敗したため、サービスを開始できませんでした。

<SEVERE> <Fatal error in node manager server>
java.net.BindException: Address already in use: JVM_Bind

weblogic.nodemanager.common.ConfigException: Native version is enabled but node manager native library could not be loaded

<WARNING> <I/O error while reading domain directory>
java.io.IOException: Invalid state file format. State file contents:

WebLogic Serverの起動時に、これらの例外やエラーの発生にみまわれたり、これら以外の例外やエラーに遭遇されたりして、苦労されたことはありませんか?

起動時のエラーなので、エラーの解決はもとより、エラーの発生原因の特定や再発時の的確な調査方法など、単に解決策だけでなく、エラーそのものについて深く、体系的に学びたいと思われた方々は少なくないのではと思います。

そのような方々に、このたび 10月22日(火)16時から の日程で開催が決まった、Oracle WebLogic Server の Advisor Webcast 「WebLogic Server 起動時における問題とその調査方法」 をお薦めしたいと思います。

Advisor Webcast は、お客様からのお問い合わせやトラブルの対応の最前線に立つ、現役の第一線級サポート・エンジニアが講師となり、多くのお客様が陥りがちな問題の解決方法や、トラブルシューティングをより効率的に行うためのコツなどをお伝えするWebセミナーです。 Web Conferencing形式でお伝えしますので、その場でデモをお見せしたり、セミナーの内容についてその場で講師と質疑応答(Q&A)を交わす時間も設けてあります。

日本語による第一回のAdvisor Webcast のトピックとして選ばれた「WebLogic Server 起動時における問題とその調査方法」は、今年5月に先行して英語で開催された「Troubleshooting WebLogic Startup Issues(英語版Webセミナーの再生英語版Webセミナー資料のダウンロード)」を更に洗練させ、日本のお客様向けに内容を補強したものとなっております。

開催要項は次の通りです。
こちらのリンクから受講登録を行っていただくか、My Oracle Support から Doc 1583531.1 にアクセスし受講登録を行って下さい。

なお、11月には、同じくWebLogic Serverのメモリ・リーク関連で、もう1つの日本語Advisor Webcast を実施予定です。
この次回開催Advisor Webcastについても、今回ご案内の 「WebLogic Server 起動時における問題とその調査方法」 の中で触れる予定ですので、是非今回のAdvisor Webcastからご参加いただき、弾みをつけて頂きたいと思います。

水曜日 1 09, 2013

全世界で大注目の Get Proactive! ページがついに日本語でも登場!!!

お待たせいたしました! 各製品ライン毎に、重要ナレッジ集へのリンクや、パッチ情報へのリンク、トラブルシューティングに欠かせないツールへのリンクやアップグレード情報へのリンク集に、ワンクリックでアクセスできる Get Proactive! ページの日本語翻訳版が出そろいました!

432.1 の覚えやすいNote番号で全世界のお客様に親しまれている Oracle Premier Support: Get Proactive! [ID 432.1] と、そこからリンクされている各製品ライン毎の Get Proactive ページが、ついに全文日本語に翻訳されて公開されました。

Oracle Premier Support Get Proactive! - Japanese [ID 1471735.1]

Note 番号は、英語版の 432.1 の覚えやすさにはかないませんが、中身は英語版と寸分違わぬものです。
そして何よりも、前回記事 にてご紹介の 製品技術情報トップページ では網羅しきれなかった製品ラインの情報も、このGet Proactive! ページではもれなくご案内できるようになっています。

オラクル製品をお使いの一人でも多くのお客様に、重要ナレッジ集へのリンクや、パッチ情報へのリンク、トラブルシューティングに欠かせないツールへのリンクやアップグレード情報へのリンク集を、日本語でお伝えできるよう、準備いたしました。

各製品ラインの Get Proactive! ページへのアクセスは、この Oracle Premier Support Get Proactive! - Japanese [ID 1471735.1] ページ内のリストからお使いの製品ライン名を選んでいただくだけです。

本日公開された、オラクル サポート・ニュースレター Vol.109(2013年1月) でも、巻頭記事としてご案内しております。

これを機に、製品技術情報トップページOracle Premier Support Get Proactive! - Japanese [ID 1471735.1]、そして オラクル サポート・ニュースレター を、オラクル・サポートからの最新の日本語によるサポート情報の入手窓口として、今まで以上にご利用いただけますよう、よろしくお願いいたします。

About

日本オラクル カスタマ・サポートのエンジニアがお勧めのサポート情報を紹介します。


本サイトの一部のリンク先へアクセスするには My Oracle Support のアカウントが必要です。
My Oracle Support の概要については http://oracle.co.jp/mos をご参照ください。

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today