[Get Proactive!] ORAchk - RACCheckが拡張されてORAchkに名称変更されました!

RACcheck 構成監査ツールは Oracle Real Application Clusters (RAC) 環境での使用のために独自に開発されました。
しかし、RACcheck の範囲は、最大可用性アーキテクチャ(MAA)、単一インスタンスの非 RAC データベース、Oracle Golden Gate、近い将来に計画された他の製品や機能をカバーするために拡張されてきました。そのため、RACcheck ツールの名前はより正確にこのツールの範囲と有効性を反映するために、ORAchk に変更されました。
詳細については次のドキュメントを参照してください。
2014/02/17現在、ORAchk v.2.2.4 (ベータ版)がリリースされています。
従来のRACcheckとスクリプトは機能的に同様ですので、raccheck コマンドを orachk コマンドに変更するだけで利用できますので、是非ご活用ください。
ORAchk(RACCheck)の活用方法についてはBlogの記事も参考にしてください。
Comments:

Post a Comment:
  • HTML Syntax: NOT allowed
About

日本オラクル カスタマ・サポートのエンジニアがお勧めのサポート情報を紹介します。


本サイトの一部のリンク先へアクセスするには My Oracle Support のアカウントが必要です。
My Oracle Support の概要については http://oracle.co.jp/mos をご参照ください。

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today