CRUコンポーネントの交換や更新をお客様に代わり実施します

ACS T&M オンサイト(CRU) サービスとは

オラクル・アドバンスト・カスタマー・サービス(ACS)では、ACS T&M オンサイト(CRU) サービスを販売しています。
このサービスでは、ハードウェア・サポートの契約(Premier Support for Systems)をお持ちのお客様を対象に、「顧客交換可能」とされているコンポーネントを有償にてオラクル・フィールド・エンジニアが交換するものです。

このサービスはクレジット制で、お客様に一定分をあらかじめ購入して頂きます。
そして、実際に交換作業が必要になった際に、サービス・リクエスト上でこのサービスを使用することを、発行されたプロジェクトIDとともに宣言して頂くと、該当パーツとともにオンサイト・エンジニアの派遣を手配します。

「顧客交換可能」なコンポーネントの定義や、本契約に関するよくある質問については、以下のナレッジ・ドキュメントをご参照ください。

日本:ハードウェア・サポートにおける「パーツ交換」および「統合ソフトウェアの更新」について (1664356.1)

 

サービスを受けられるコンポーネントについて

このサービスの対象となるコンポーネントは、ハードウェア・サポート契約の詳細について説明している「Oracle Hardware及びSystems サポート・ポリシー」内からリンクされている、"Delivery Method Chart: Replacement Parts and Installation of Integrated Software Updates" ドキュメントに詳述されています。
先ずはドキュメントから、お使いの製品が、「顧客交換可能ユニット」または「顧客インストール可能統合ソフトウェア(ファームウェアなど)」にリストされているかご確認下さい。

次に、「顧客交換可能」とされている個々のパーツの情報について、 Oracle System Handook からご確認下さい。
最初に、Oracle System Handookにアクセスし、お使いの製品をお探し下さい。
続いて、お使いの製品の Full Component List リンクから表示されるリストの Manufacturing Part # の項目に、例えば「7039990 [C]」のように、Manufacturing Part #に続いて [C] の記号があるかどうかご確認下さい。
[C] の記号ついているものは、全て「顧客交換可能ユニット」です。

なお、このように前もってお客様の方でお調べになられなくても、サービス・リクエスト上でオラクル・エンジニアに要望すれば、エンジニア側でお調べして、契約確認が取れ次第、オンサイトでの交換タスクを手配するようになっておりますのでご安心下さい。

 

お問い合わせ先

この契約内容や条件などの詳細については、御社担当のオラクル営業まで、お問い合わせ下さい。

Comments:

Post a Comment:
  • HTML Syntax: NOT allowed
About

日本オラクル カスタマ・サポートのエンジニアがお勧めのサポート情報を紹介します。


本サイトの一部のリンク先へアクセスするには My Oracle Support のアカウントが必要です。
My Oracle Support の概要については http://oracle.co.jp/mos をご参照ください。

Search

Archives
« 4月 2015
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
  
       
Today