X

A blog about Japan Oracle Support

Administration

日本OAUG Customer Support Council(CSC)のご案内

2/13(金)に開催する2015年度 第3回合同SIGsミーティングのCustomer Support Council (CSC) において、パナソニックインフォメーションシステムズ様より EBS システム診断ツールのご活用事例をご紹介いただきます。オラクル・サポート支援のもと、EBS R12の ASCP...

2/13(金)に開催する2015年度 第3回合同SIGsミーティングのCustomer Support Council (CSC) において、パナソニックインフォメーションシステムズ様より EBS システム診断ツールのご活用事例をご紹介いただきます。オラクル・サポート支援のもと、EBS R12の ASCP モジュールの他、Apps Tech 向けのシステム診断ツールを実行して頂きました。また自社製を含むオラクル以外のツールを組み合わせた運用全体のお話しも頂ける予定ですので、全EBSユーザ様必見です。 日本オラクルでも、問題未然防止のためのシステム診断ツールの作成を始めました。 こういうシステム診断ツールが欲しい!といった皆様のお声もお聞かせ頂く予定です。 日本OAUG会員の皆様、奮ってご参加ください。(軽食をご用意しています。) ご参加お申込みhttp://www.oaugj.gr.jp/event/2015/02/13143041.html

[Get Proactive!] Advisor Webcast レコーディング&資料公開! ~ OBIEE 11g 診断ツール および EPM 11.1.2 情報取得ツール

おかげさまで、5月に2回に渡り開催した 日本語による Advisor Webcast は、好評のうちに終了いたしました。ご参加下さったお客様には、改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。皆様からいただいたフィードバックは、次回以降のAdvisor Webcast に、是非活かしていきたいと思います。 それぞれの...

おかげさまで、5月に2回に渡り開催した 日本語による Advisor Webcast は、好評のうちに終了いたしました。ご参加下さったお客様には、改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。皆様からいただいたフィードバックは、次回以降のAdvisor Webcast に、是非活かしていきたいと思います。 それぞれの Advisor Webcast のレコーディングと資料のダウンロードの準備が整いましたので、ここにご案内させていただきます。あいにく当日ご参加できなかった方々や、もう一度 Advisor Webcast を視聴し直したい方々は、是非この機会をご利用いただければと思います。 『OBIEE 11g 診断ツールの概要と使い方』(5/14 開催) Advisor Webcast のレコーディングの再生(51分): Doc ID 1456233.1から。下記※を参照ください。 Advisor Webcast の資料のダウンロード 『EPM 11.1.2 情報取得ツールの概要と使い方』(5/20 開催) Advisor Webcast...

日本OAUG Cusotomer Support Council(CSC)のご案内

来る2014年5月30日(金)に開催される、日本OAUG 2014年度 第3回合同SIGsミーティングのCustomer Support Council(CSC)において、Oracle E-Business Suite(EBS)のシステム診断ツール - Diagnostics / Analyzers...

来る2014年5月30日(金)に開催される、日本OAUG 2014年度 第3回合同SIGsミーティングのCustomer Support Council(CSC)において、Oracle E-Business Suite(EBS)のシステム診断ツール - Diagnostics / Analyzers のご紹介を致します。 EBSをご利用のユーザ様は無償で、すぐにでもお使い頂けるツールです。 Apps Tech、および約60モジュールにおける設定データ、マスターデータ、トランザクションデータに対して、合計約300ものシステム診断プログラムを用意しています。 またこれらのシステム診断ツールの利用に対し、オラクル・サポートでは以下のような支援プログラムを用意しています。 第1段階: ユーザ様のシステム課題に応じた、実行診断プログラムの選定 第2段階: 診断プログラム実行結果を、オラクル・サポートのエキスパートがレビューし対策をアドバイス 上記の支援プログラムの実施も、すべて無償となります。 上記のCustomer...

transport.oracle.comへの準備を!

こんにちは。オラクルカスタマーサポートの永岡と申します。 サポートエンジニアの立場からも情報を伝えていきたいと思います。今回は transport.oracle.com について紹介します。...

こんにちは。オラクルカスタマーサポートの永岡と申します。 サポートエンジニアの立場からも情報を伝えていきたいと思います。今回は transport.oracle.com について紹介します。 supportfiles.sun.com が終了、transport.oracle.comへの準備を! 以前からアナウンスされていたのでご存知の方も多いと思いますが、サービス・リクエスト(以下SR)へファイルをアップロードする方法の1つである supportfiles.sun.com が終了しました。 SRへの影響は何でしょうか?My Oracle Support 以外の方法で SRへファイルを添付する方法が減ります。もちろん、supportfiles.sun.com が終了しても My Oracle Supportでのアップロードは従来どおり行えます。 新しい方法はあるでしょうか?すでに transport.oracle.com が用意されています。もう使うことができます。2GBを超えるファイルのアップロードに用いることを想定しています。...

[Get Proactive!] Advisor Webcast レコーディング&資料公開! ~ OBIEE 11.1.1.7.x 新機能

2月19日に開催した日本語による Business Intelligence Enterprise Edition の Advisor Webcast は、好評のうちに終了いたしました。...

2月19日に開催した日本語による Business Intelligence Enterprise Edition の Advisor Webcast は、好評のうちに終了いたしました。 ご参加下さったお客様には、改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。 皆様からいただいたフィードバックは、次回以降のAdvisor Webcast に、是非活かしていきたいと思います。本 Advisor Webcast のレコーディングと資料のダウンロードの準備が整いましたので、ご案内させていただきます。 あいにく当日ご参加できなかった方々や、もう一度 Advisor Webcast を視聴し直したい方々は、是非この機会をご利用いただければと思います。『OBIEE 11.1.1.7.x 新機能』(2/19 開催)Advisor Webcast のレコーディングの再生(56分): Doc ID 1456233.1か ら。下記※を参照ください。Advisor...

ORA-30036 のトラブルシューティングに役立つ文書の紹介

今回は ORA-30036 のトラブルシューティングに役立つ文書を紹介します。  ORA-30036 とは ORA-30036 は自動 UNDO 管理にて管理している UNDO 表領域内にトランザクションで必要な UNDO 領域を獲得できなかった場合に発生するエラーです。以下のメッセージはクライアント側にて表示される...

今回は ORA-30036 のトラブルシューティングに役立つ文書を紹介します。  ORA-30036 とは ORA-30036 は自動 UNDO 管理にて管理している UNDO 表領域内にトランザクションで必要な UNDO 領域を獲得できなかった場合に発生するエラーです。以下のメッセージはクライアント側にて表示される ORA-30036 のエラーメッセージの例です。   ORA-30036: 8(UNDO表領域'UNDOTBS1'内)でセグメントを拡張できません 手動 UNDO 管理を使用している場合、同様の状況下では ORA-1650 が発生します。ORA-1650 の対処方法については以下の文書にまとまっています。ORA-30036 の対処方法としても参考になりますので紹介します。 ORA-1650の主な発生原因とその対処方法 ORA-30036 の対処方法としては、UNDO 表領域を拡張する方法、またはトランザクションの commit 頻度をあげる等のアプローチで、一度に使用するUNDO量を減らす方法が一般的です。...