X

A blog about Japan Oracle Support

Administration

Oracle トレース・ファイル・アナライザ (TFA) 18.3.3 がリリースされました

Oracle トレース・ファイル・アナライザ (TFA) は RAC DBA としての管理を容易にする、1つのコマンドでクラスタ全体の診断情報を収集し、1つの場所に集約することができる診断情報収集ツールです。 1つのインターフェースで必要な全ての診断情報を収集します...

Oracle トレース・ファイル・アナライザ (TFA) は RAC DBA としての管理を容易にする、1つのコマンドでクラスタ全体の診断情報を収集し、1つの場所に集約することができる診断情報収集ツールです。 1つのインターフェースで必要な全ての診断情報を収集します クラスタ全体でデータを収集し1つの場所に集約します 問題発生時に関連するすべての診断データを収集します 適切な診断を迅速に行うことで時間や労力等のコストを節約します 以下の My Oracle Support ドキュメントにアクセスして、最新のTFA (18.3.3) をダウンロードおよび詳細を確認してください。 TFA コレクタ - 強化された診断情報収集のためのツール (Doc ID 1609374.1) ※ My Oracle Support へのログインが必要です。

Oracle データベース サポート・ニュース 2018年9月号公開のお知らせ

Oracle データベース サポート・ニュース - 2018年9月号公開のお知らせです。 ※ My Oracle Support へのログインが必要です。 今月号のトピックは以下の通りです。...

Oracle データベース サポート・ニュース - 2018年9月号公開のお知らせです。 ※ My Oracle Support へのログインが必要です。 今月号のトピックは以下の通りです。 Oracle アドバンスド・キューイングの記事では、基本的な用語の説明から、処理の流れ、機能を分かり易く説明しています。Oracle データベースのテクノロジー・アップデートでは、18c, 19c についての Oracle データベースのアップグレードに関する推奨事項、その他の項目でも有用な情報を案内していますので、是非、ご確認ください。 【関連情報】 Oracle Japan : Database 技術情報トップページ

12.2 新機能: SQL*Plus コマンド履歴の記録

12.2 の新機能: SQL*Plus コマンド履歴の記録12.2 新機能: SQL*Plus コマンド履歴の記録SQL または PL/SQL のコマンドを現在のセッションの履歴リストから、実行、編集、削除することができる HISTORY コマンドがあります。■実行例sqplus /nologSQL>set...

12.2 の新機能: SQL*Plus コマンド履歴の記録12.2 新機能: SQL*Plus コマンド履歴の記録SQL または PL/SQL のコマンドを現在のセッションの履歴リストから、実行、編集、削除することができる HISTORY コマンドがあります。■実行例sqplus /nologSQL>set HIST[ory] ON   <==コマンド履歴を有効にします コマンドを実行します: SQL> create public database link test connect to test identified by test using 'test';Database link created. SQL>alter system set local_listener="(address=(protocol=tcp)(port=1521)(host=orclhost))" scope=memory;System Altered SQL> select * from dual;D-X SQL> desc dual;Name        ...

EM Express in 12c

EM Express in 12cはじめに 10g および 11g データベースで利用可能であった DB Control に精通されていたかもしれませんが、12c では、これはEnterprise Manager Database Express (EM Express) という軽量のツールに置き換えられています。EM...

EM Express in 12cはじめに 10g および 11g データベースで利用可能であった DB Control に精通されていたかもしれませんが、12c では、これはEnterprise Manager Database Express (EM Express) という軽量のツールに置き換えられています。EM Express は、マルチテナント・データベースを含む 12cデータベース管理用のウェブ・ベースのインターフェースです。これは、データベース管理者によって行われるユーザー管理、データベース初期化パラメータ、メモリ、ストレージの管理、パフォーマンスおよび SQL チューニング・アドバイザ情報の確認等のタスクの共通のコアを扱うことができます。EMExpressの主な利点は、独自のリポジトリまたはバックグラウンド・タスクや情報を定期的に収集するプロセスを持っていないということです。それにより、データベース・サーバー上の負荷を軽減します。同時に、データベース管理者によって実行される基本的な管理タスクを処理することができます。11g の...