X

News, tips, partners, and perspectives for the Oracle Solaris operating system

Sun N1 Service Provisioning System を使用して Sun Cluster をプロビジョニングする

Guest Author

Sun Cluster 製品には、クラスタの 1 つのインスタンスを管理する際に役立つさまざまなユーティリティーが組み込まれています。このユーティリティーの中には、Sun Cluster ソフトウェアやさまざまなデータサービスをインストールするためのツールのほか、Sun Cluster の構成の詳細やステータスを管理するための GUI などが含まれています。しかし、データセンターに多数のクラスタを展開しようとしている環境では、恐らく、複数の構成の計画と展開を行う際の労力を軽減できる別のツールの必要性を感じることでしょう。

N1 SPS 用の Sun Cluster フレームワークプラグインは、その点を補うソリューションとして考案されました。N1 SPS テクノロジの知識が豊富でない方は、こちらをご覧ください。基本的に、このソフトウェアは無料でダウンロードすることができ、OS のプロビジョニングやアプリケーションの展開を行うためにお使いいただけます。N1 SPS ソフトウェアを使用することで、開発者は、メインとなる SPS インフラストラクチャーと統合可能な個々のアプリケーションに応じてカスタマイズしたモデルを構築できます。N1 SPS 用の Sun Cluster プラグインは、Sun Cluster の基本的な展開シナリオを SPS フレームワークにシームレスに組み込むプラグインの 1 つです。

このプラグインの主な機能は Sun Cluster の構成を作成するためのものです。このほかに、次の機能を備えています。

o Sun Cluster の構成を削除する
o 既存のクラスタ構成にノードを追加する
o 既存のクラスタ構成からノードを削除する
o Sun Cluster フレームワークソフトウェアのインストールとアンインストールを行う
o Sun Cluster エージェントソフトウェアのインストールとアンインストールを行う
o 定足数ディスクを管理する

SPS フレームワークに Sun Cluster フレームワークプラグインをインポートした後、セットアップタスク (プラグイン自体に組み込まれている Readme ファイルを参照) をいくつか実行すれば、計画したクラスタ構成をマップできるようになります。このソフトウェアを使用すると、使用可能なホストを確認できます。また、クラスタまたはホスト固有の変数を定義できます。クリック操作をもう何回か行うと、ユーザー独自の新しいクラスタが使用可能な状態になります。

このソフトウェアは無料でご利用いただけます。ただし、サポートは提供しておりません。ダウンロードされる場合は、ここにアクセスしてください。ソフトウェアのマニュアルは、ここから入手できます。

展開の成功をお祈りします。

Asit Chakraborti
Sun Cluster エンジニアリング

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.