X

News, tips, partners, and perspectives for the Oracle Solaris operating system

Sun Cluster サービスレベル管理

Guest Author

まもなくリリースされる Sun Cluster 3.2 は「Sun Cluster サービスレベル管理」というすばらしい機能を搭載しています。この機能によって Sun Cluster のシステムリソース使用状況の各テレメトリが確認できます。clsetup/scsetup コマンドを使用した非常に簡単な設定をすることで、CPU、メモリー、クラスタノードのスワップおよびネットワーク使用状況、リソースグループ、そしてディスクやアダプタといった各システムコンポーネントを表示できます。

さらに、Sun Cluster リソースグループに対し CPU 制御を実行する、興味深い機能も備えています。この機能は、Solaris オペレーティングシステムで利用可能な CPU 制御機能に基づいて構築されています。たとえば Solaris 10 上で動作している Sun Cluster 3.2 では、次の作業が実行できます。

  • 大域ゾーンまたは非大域ゾーンで動作するリソースグループに、CPU シェアを割り当てます。
  • リソースグループ専用のプロセッサセットで、プロセッサ最大数または最少数を設定します。

Sun Cluster を使用してシステムリソースの使用率を監視することで、特定のシステムリソースを使用するサービスがどのように動作しているかを示すデータを収集できます。リソースの障害やオーバーロードを検出でき、使用ハードウェアのリソース下でも可能となっています。このデータに基づき、必要なリソースを所有するノードにアプリケーションを割り当て、フェイルオーバーするノードを選択できます。

Sun Cluster サービスレベル管理は、独自の Derby データベースを使用してテレメトリデータを保存します。また、Sun Cluster HAStoragePlus リソースとあわせて設定する必要があります。クラスタの全ノードがテレメトリデータにアクセスできるように、HAStoragePlus リソースによって監視できる高可用性記憶領域 (マウントポイント形式) が必要です。

ここで、サービスレベル管理の威力を確認するために Sun Cluster 3.2 beta ソフトウェアで実施できる小さな実験を紹介します。この実験では、Highly Available NFS (HA-NFS) サービスを設定し、システムリソース使用状況を監視しました。filebench と Sun Fire V210 NFS クライアント 4 台を用いてトラフィックを生成しました。約 2 万ファイルのロードを 3 分間で行いました。ディスク、ネットワーク、リソースグループ、およびノードのシステムリソースの使用状況を Sun Cluster Manager とコマンド行インターフェイスを使用して監視しました。ディスクの書き込みスループットが、50K バイト/秒を超えるとアラームが作動するように SVM メタセットでしきい値を設定しました。



HAStoragePlus リソースを derby 用に設定したあとは、次のことだけ実行する必要があります。

  • システムリソースに Resource Groups の監視を許可します。今回は HA-NFS となります。
  • デフォルト属性以外の追加テレメトリ属性を確認し、監視を有効にします。
  • テレメトリデータ集計のポーリング間隔を確認し、オプションで変更します。
  • テレメトリ属性のしきい値を設定します。今回は、ディスクに wbyte.rate を設定します。

ここに、Sun Cluster Manager で作成されたリソース使用状況のグラフがいくつかあります。




こうした多機能性からもサービスレベル管理は Sun Cluster になくてはならない機能といえるでしょう。サービスレベル管理があれば、

  • ディスク使用量、ディスクスペースやスループットを監視するための大量のシェルスクリプトはもう必要ありません。
  • 同じく、第三者に製品を監視してもらう必要もありません。
  • Sun Cluster に対するサービスレベル契約 (Service Level Agreement、SLA) を定義できます。
  • リソースグループや各リソース単位でシステムリソース使用状況を集約して表示できます。
  • 24 時間分のリソース使用データが表示可能です。


Atul Vidwansa
Sun Cluster エンジニアリング

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.