土曜日 12 06, 2008

Sun Tech Days 2008

Sun Tech Days 2008 のため、毎日東京ミッドタウンに通っています。わたしは、グローバリゼーションの展示で各種製品の日本語コミュニティーを紹介しています。今回はコミュニティーを紹介する冊子を作ったのですよ!去年は一般的な日本語コミュニティーでできること、やりたいことを中心にプレゼンテーションしていましたが、今年は活動内容を紹介できる日本語コミュニティーが増えてうれしいです。

写真は、荻布くんがいっぱい撮ってくれたのでこちらをご覧ください。

初日のお昼休みは、どーーーっと人が来てくれたので幸せでした~。でも、あたふたしてしまって、うまく説明できたかどうか疑問... すみません。くじ引きは当たりの連続で、iPod もいきなり初日に 2 つ当たったし、、、わたしは当たりのベルを鳴らしまくっていました。みなさん、強運ですね。

二日目は展示のほかに、OpenSolaris Lightening Talk で短いプレゼンテーションをしました。稲妻トークという名前のとおり、5 分だけの短いもので、時間との勝負です。わたしはやっぱり、しゃべりすぎて、最後にゴーン!というゴングで終わってしまいました。無念。練習したのになぁ。ま、だいたいしゃべれたのでいっか!内容は翻訳プロジェクトです。みなさん、一緒に翻訳しましょうよーという、お誘いでした。URL は http://wikis.sun.com/display/g11n/How+to+Translate+OpenSolaris+Manual+Pages です。メーリングリストへの参加は、こちらからです。

写真やプレゼンテーション資料は、後でアップロードしますね。

English:

I have been visiting Tokyo Midtown in Roppongi for Tokyo Tech Days 2008. I'm hosting Globalization Pod and introduce Japanese communities for Sun-related products. We've created Sun Community Guide book to hand out at Globalization Pod. The big difference from the last year Tech Days is the number of the community projects that we can introduce. Last year, there is not many projects so we shared our vision and strategy about Open Source products. But this year, the booklet includes OpenSolaris, OpenSSO, OpenDS, NetBeans... various test, translation, and other communities. It's amazing!

The first day, at lunch time, there were sooooo many people came to our Pod (thanks!), but I was not ready yet... I am not sure if I could represent what I intended to do - community projects and Open translation technologies... Sorry. I kept ringing my bell to tell the winnders for 1st and 2nd prize. Lucky you! I maight have fogotten to put enough "blank" paper to draw...

On the 2nd day, in addition to G11n Pod, I made a short speech about OpenSolaris tranlsation project as Lightening Talk. As the title says it takes only 5 minutes. I know the time is very short, but I have been so nervous from early in the morning. I practiced it intensively but as I anticipated, my talk was not concise enough to finish within time - a big cold sound of the bell rang on the last part of my the very last slide. I hope I could share my passion to the audience..

My OpenSolaris project is :
http://wikis.sun.com/display/g11n/How+to+Translate+OpenSolaris+Manual+Pages

You can join the mailing list from here

The photos are uploaded on Shinya's blog, and I will upload
mine and my talk slide later next week.

金曜日 11 28, 2008

準備完了 !? Sun Tech Days 2008 - Globalization Pot

ああ、やっとブログに書ける状態になりました。Sun Tech Days のグローバリゼーションブース (展示) で紹介する内容が形になってきた〜。よかった〜。今回のテーマは「日本語コミュニティーを知ってますか?」です。知っている人は、入ってください。入っている人は、何か一緒にやりましょう!というメッセージです。パネルは、共通のもののほかに、こんなのを作りました。

ブースではサンと関わりのある日本語コミュニティーのことを紹介する小冊子を配付します。手作りなので、ふつーのコピーにホチキス止めですが... 愛と熱意はいっぱいこもっていますよ!このほか、進化した翻訳ツールの紹介や、コミュニティーキャラクター診断ソフト (お遊びソフトです) も。。。12/2, 3, 4 の 3 日間、会場でお待ちしています。

English:

Finally! I can write this on my blog. The messages and contents of what we will exhibit at our Globalization Pod is almost finalized. Huuuu.... I could not sleep well until today, counting the remaining days. The message for this year is "Do you know Japanese communities ?". If you already know, "Let's join one of them", if you already in a community, "Let's do something innovative together!". We are going to use the standard panel and customized one like this (2nd page is in English).

We will hand out the booklet illustrating various communities related to Sun. It is 100% hand-made and very simple ... plain paper with staples... but! I am proud that we put all of our Love and Passion in it!! Other than this, we will show you advanced translation tools and character analysis software (game). I am looking forward to seeing you on Dec 2, 3, and 4 at Tokyo Midtown.

月曜日 11 10, 2008

もうすぐ Sun Tech Days! (Sun Tech Days coming soon!)

気が付けば、前のブログから 1 ヶ月もたってしまっているではないですか ! いけないわ〜。思っているだけじゃなくて、言葉にしていかないと。

このごろ寒い日が続きますね。鼻がツンとして、ほっぺたが冷たくて、「えっ、12 月だっけ !?」と気持ちがあせってしまいます。12 月には Sun Tech Days があるんですよ〜。

今年も出します、コミュニティーの展示コーナー。去年の展示では「オープンソースソフトウェアを翻訳しよう」というメッセージを出して、翻訳に関するツールの紹介をしました。あれから 1 年、より多くの OSS で日本語コミュニティーが生まれ、育ってきています。今回は、それらの日本語コミュニティーを紹介して、一緒に何かしようよ、というお誘いの場にしたいと思っています。

今、ちょうどパネルを作成中... このほかに、各コミュニティーを紹介する小冊子、あなたはどんな OSS ユーザー? という診断をするゲームなど、企画中です。うふふ、自分が一番楽しみだったりして。

English:

Wow! It's been a month since I wrote my last entry. How bad girl I am. I know I have to express what I am thinking more often. I've been thinking only in my head and did not express enough to all.

It's been cold these days. Chilly wind clears my sinus and freezes my cheek... it is an exceptional weather at this time of the year, and I feel as if it is already happy Christmas season. Talking about Christmas, we will have another happy festival in December: Sun Tech Days 2008!

We're going to host Community Pod again. Last year, our message was "Let's translate Open Source Software in your language", and we introduced various translation support tools. It's been a year and more and more Japanese communities were born and raised for various OSS. This year, we will introduce them one by one and invite you to join us.

Now, I am making the panel to tell our message - Join Japanese community. In addition to that, we are planning to present a booklet carrying JA community information, "What type of OSS user are you?" game, and etc... yes, I am already enjoying this event. Planning is so much fun.

月曜日 9 29, 2008

マニュアルページを翻訳しよう! (Let's translate manual pages!)

OpenSolaris マンページで書いたのですが、いよいよ OpenSolaris マニュアルページの翻訳プロジェクトを始めます !

色々検討した末、翻訳するフォーマットは .po ファイルでいくことにしました。.roff だとタグを壊してしまう可能性が高いことと、翻訳するときに改行がたくさん入ってわかりにくいこと、英語ファイルと日本語ファイルが別々になってしまうためです。.po ファイルのいいところは、日本語と英語が必ずペアになっているので、翻訳するときに見やすいし、あとで翻訳メモリーを作ることもできること。そして、.roff から変換した .po ファイルのいいところは、.roff のブロックタグ (段落を決定するためのタグ) が、ほとんど取り去られているので、タグを壊す可能性が低いという点です。字体を指定するタグは B<xxx> のような形式で残るのですが、区別しやすいし、万一タグを壊してしまっても修正しやすいのです。

たとえば...


# type: Plain text
#: man1/elfwrap.1.en.pid4000:24
msgid "elfwrap - wrap data in an B file"
msgstr "elfwrap - B ファイル内のデータをラップする"

# type: SH
#: man1/elfwrap.1.en.pid4000:24
#, no-wrap
msgid "SYNOPSIS"
msgstr "形式"

... のようになります。msgstr に日本語を入れるんです。

日本語にした .po ファイルは、Sun で .roff に戻して問題がないか検証し、査読用ファイルを作って wiki にアップします。catman というコマンドで作ったもので、見た目は man コマンドで表示されるものとほぼ同じです。査読も終わって完成したら、ダウンロードセンターに置きます。時期をみて OpenSolaris バイナリに入れるつもりですが、すぐに使いたい場合は、ファイルをダウンロードして自分のシステムの /usr/share/man/ja などの場所に入れれば man コマンドで表示できますよ。

みなさん、参加しませんかー? 興味のある方は g11n-ja-discuss メーリングリストまたは reiko-dot-saito-at-sun-dot-com までメールください。お待ちしています!

English:

As I wrote on the last column "OpenSolaris manual pages, we are now starting OpenSolaris Manual Page Translation project !

After the thorough research, we decided to go with ".po" file as a translation file format. Disadvantage of .roff file is... (1) complicated block tags are highly likely to confuse translators - tags may be broken or it takes time to understand where is the full sentence, (2) Translators have to view a source and a target file separately. While, .po file always includes a pair of source and target strings in a file, which will save translator/reviewer's time and make it easier to generate a translation memory.

Another advantage of .po file converted from .roff is the most of the .roff block tags will be removed. Only font tags, such as B<xxx>, will remain, but it is easy to tell how it works, and in case they are broken, easy to restore.

For example...


# type: Plain text
#: man1/elfwrap.1.en.pid4000:24
msgid "elfwrap - wrap data in an B file"
msgstr "elfwrap - B ファイル内のデータをラップする"

# type: SH
#: man1/elfwrap.1.en.pid4000:24
#, no-wrap
msgid "SYNOPSIS"
msgstr "形式"

Target strings will be placed on msgstr line within double quotes.

After .po file is translated, Sun will convert it back to .roff and generate catman file. Catman file includes the contents of manual pages as you view them by man command on a terminal window. This is for review. After the review is done, Sun will upload the translated roff file to Donwload Center. You can download it and place it on your system under your man path such as /usr/share/man... We plan to include them in OpenSoalris binary when the schedule matches.

Why don't you join this project ? If you are interested, please let me know by email to g11n-ja-discuss mailing list or reiko-dot-saito-at-sun-dot-com. Looking forward to working with you !

月曜日 9 08, 2008

OpenSolaris マンページ (OpenSolaris manual pages)

I am discussing how to run a translation project for OpenSolaris community. The target is manual pages. It may sound strange, but I like the manual pages very much. They serve as the quick reference as well as the most detailed dictionary of commands. As a technical translator, this is so challenging because it is a summary of that command's function and written with an assumption that the user already knows the related commands. When translating manual pages, I have to use all of my brains and imagine what they are all about. If I do not understand one sentence, usually, the next one will illustrate or expand it's meaning, but in a manual page, the next one almost always tells another story... That's why I like them! It's like an exam to check how much I know about the software and how it works; as if it challenges me "You may not know, but this command works this way...", then, I feel I have to answer "Oh, I know!!! "

I know OpenSolaris manual pages have lots to be translated. I looked for the possibilities to translate them internally at Sun, but it turned out not promising for resource limitations. Then I thought, how about translating them with community ? I want to translate and read them in my language!

Now I am working with Japanese OpenSolaris engineer, Takeshi Asano, who is in the same organization (Globalization) to determine the project's basics. What should be the source format ? How to translate them ? How can we share the accomplishment ? Can we include them in OpenSolaris build ?

The possible choice is to convert .roff format into .po format and translate .po. We confirmed it is possible but we have not reached how we can share the translation. .po can be converted back to .roff, and .roff can be viewed by catman. The concern is the way to view .roff in a printable format. Yes, we can convert them manually in "our" environment, but I want that be possible by "externally" by anyone of the community. I know I know, it is not so easy.

Another option is to convert .roff into the text (wiki) format. It is easy to translate and share/view the translation in a manual page format (catman).

Advantage of Option 1 is that the translated roff can be integrated into the build easily and that translated po can be converted into translation memory (TM). It would be great if a translator uses translation memory tool, such as OmegaT, but even if she/he does not use it, we can generate "alignment TM" from po files. Advantage of Option 2 is off course the ease of use (translation and view). Disadvantage of Option 2 is, if we try to integrate them in the build and create a memory, we have to do them all manually...

Well, I will wait for the reply from Takeshi, and decide which way to go this week or the next. If anybody comes up with another idea, please let me know !

日本語:


今、OpenSolaris の翻訳プロジェクトをどう進めるかを話し合っています。翻訳対象は、マンページ! (ドキュメントでは「マニュアルページ」と書いていますが、話すときは絶対! 「マンページ」ですよねぇ。) こう言うとちょっとヘンかもしれませんが、わたしはマンページ大好き! ユーザーとしては、困ったときにぱっと man コマンドで見ることのできる辞書といった頼れる存在で、翻訳する者としては、闘志をかき立てられる手強い存在です。だってマンページって、読む人は関連するコマンドは知っているものとしてどんどん話を進めていくんですもの。訳すときは、これまで学んだことを総動員して想像力を使いまくって挑みます。普通、ひとつの文がわからなかったら、その次の文で説明するなり関連のある内容を書くなりしているものですが、マンページは「ところで」っていうかんじで次の文章が始まるんですよね... だから好きなんだけど。そのクールさが。まるで「こんなこと知ってる?」と試されるようで、「ええ、知ってますとも!」と受けて立ちたくなってしまいます。

OpenSolaris のマンページはまだ訳されていないものがたくさんあります。最初、社内で訳す方法がないか調べてみましたが、リソースが足りなくて、難しそうです。ならば、コミュニティーで訳せないかな!? と思ったのでした。マンページ訳したいし、日本語で読みたいんだもの。

そこで、日本語 OpenSolaris のエンジニア、浅野剛さんと、どうやってプロジェクトを進めるかを話し合っています。どのフォーマットの英語ファイルを対象にするか ? 翻訳するのはどのフォーマットで ? どう翻訳するか ? 成果はどう共有するか? OpenSolaris のビルドには入れられないか ? などなど...

一つめの方法は、.roff フォーマットを .po に変えて、.po を翻訳するというもの。変換自体は成功することを確認済みなのですが、翻訳成果をどうやって共有 (参照可能に) するか、まだ道が見えていません。.po を .roff に戻して、catman で表示させたものをテキストにしてアップロードしたいんだけど... この作業は社内の環境で人が手でやるなら可能です。でも、それだとタイムリーにできないしねぇ。わたしは、翻訳したらすぐに catman でフォーマットしたものを見たいんですよ。。。そのための仕組みが必要になるんだけどね。

もう一つの方法は、.roff を wiki に変えて翻訳するというものです。翻訳も参照もしやすい (表示形式で訳すから) から、いいよね。でも、その後、どうやってビルドに入れるか、どうやって翻訳メモリーを作るか、が課題です。

一つめの方法のいいところは、翻訳した po を roff に戻せば、その roff はビルドに入れられること、翻訳した po からはメモリーが作りやすいことです。翻訳にメモリーツールを使ってもらえればいいけど、そうでなくても、翻訳結果から alignment TM というメモリーを作ることができます。

こんなことを浅野さんと話し合っているのです。今週か来週には、どうするか決めようと思っています。もしほかにアイデアがあったら、是非教えてください!

金曜日 8 22, 2008

入門の翻訳も完成! (Getting Started guide translated !)

Getting Started Guide translation has been finished and announced to i18n-discuss mailing list! This is a wonderful accomplishment as the first attempt working with community for "document" translation. By "document" I mean the structured format documents such as SGML or XML.

I've been thinking it takes a long time until Sun can work with communities to translate this "complicated" format. Yes, we've experienced translating message files in .po and help or Web documents in .html files, but I thought SGML/XML documents would be another long way to go. Now what !? They, JA OpenSolaris community, has just made it with great quality. I was amazed and deeply impressed.

Also, I have to mention the comments from reviewers are wonderful. They are straight to the point and they even corrected the mistakes in English description.

It was fun to communicate with them about how to translate/review, and exchange thoughts on the translation. After it is published, I look back what we've done and realized I was given more than I do. I was so happy to work with them, and want to continue this attempt. Ken Okubo, one of the skilled contributors, talked about translating manual pages which are new to OpenSolaris 2008.05. We're thinking about posting them on wiki so that any interested people can take a look to understand what those new commands perform. Anyone else interested ? Please let me know if like this idea as a comment here or mail to me (reiko dot saito at sun.com).

English:

ついに! OpenSolaris 入門の翻訳も完了しました! 翻訳プロジェクトマネージャーの加賀谷から、
i18n-discuss メーリングリストにアナウンスが出ていましたね。これは、個人的にとても感慨深いです。SGML/XML などの構造化されたフォーマットのドキュメントを、初めてコミュニティーと一緒に翻訳できました。。。ああ、うれしい。

これまでも、.po ファイル形式のメッセージや html でのドキュメントやヘルプ翻訳はありましたし、それもとても大きなステップでした。でもでも、章が複数あって目次があって、段落構成が複雑で、といった SGML/XML のドキュメントを一緒に翻訳するのは、まだまだ遠い道のりだろうなぁと、なかばあきらめていたのです。なのに、OpenSolaris コミュニティーのみなさんは、その壁をひらりと越えてしまったんですねぇ。しかも、中身もとてもわかりやすく日本語にしてくれており... わたしは感動しました。

翻訳だけでなく、査読をしてくださった方々も、すごいです。的を射たコメントが多数あり、中には英語の間違いを修正してくれているものさえありました。

翻訳・査読のやりとりがとても楽しく、また、一緒に作ったんだなぁと充実感もあって、自分も頑張ったけど、それ以上に嬉しいプレゼントをもらったなと感じています。みなさん、ありがとうございました。せっかくなので、これで終わりにしないで、このほかにも翻訳活動をしたいなと思っています。今、査読に大きな貢献をしてくださった、大久保賢さんという方と、OpenSolaris 2008.05 から増えたコマンドのマニュアルページを翻訳するのはどうだろうね、と話し合っています。まずは、wiki で共有できるようにして、コマンドの説明をパッと見たい人に役立ててもらえれば、なんて考えています。どなたか興味のある方、いらっしゃいませんか ? コメントでもメールでも (reiko ドット saito アット sun.com)、気軽にコンタクトしてください。

月曜日 8 11, 2008

海水浴と湖水浴 (What's difference between 海水浴 and 湖水浴)

先日のブログは英語だけ書いて力尽きてしまったので、今日は日本語から。。。お盆休みの前に夏休みをいただいて旅行してきました。実家の大阪と琵琶湖です。琵琶湖の湖畔の宿に泊まって、琵琶湖で泳いできました。湖で泳ぐことを「湖水浴」というそうですね。海で泳ぐことは海水浴だから、そうなんでしょうが... なんだか、湖の水を浴びて楽しむ... という印象が。森林浴という言葉からの連想かしら。海水浴なら迷わず「海で泳ぐことやんかー」と思えるのに。言葉の印象って不思議。

だから、新しく登場した英語の用語に、新しい日本語の呼び名 (用語) を決めるとき、これでいいのかと迷うのだろうな... すでに定着している用語の場合は、言葉自体とその意味に乖離があっても気にならないのに、新しく作るときは、できるだけその意味を反映した言葉にしたくなる。。。そして、長すぎて困る。。。というジレンマ。困った例が Solaris の preemptive self-healing でした。

自分で問題を予測して自分で修正するという機能なので、日本語で正確に訳せば「予測的自己修復機能」です。でも、「長い! 漢字多い! 言いにくい!」というのが正直な感想でした。セルフヒーリングとカタカナにした方が、イメージが伝わりやすいんじゃないかしら、と思ったのですが、当時はまだ「ヒーリング」という言葉が浸透しているかどうか確信が持てず、漢字案で行くことに... あぁ、しかし今となってはヒーリングにしたいです! 読んでわかりやすいかもしれないけど、言いにくいし、やっぱり漢字の連続は読みにくいです。「名が体を表す」のはいいことですが、「表す」のは、すべてを忠実に表現することではなく、その内容のエッセンスを短い言葉の中に埋め込んで、キーワードとして機能するようにすることじゃないかと思うのです。だから、全部言い尽くさなくても、言葉として定着すればいいのだと思います。

これまでは用語の変更は、リリースの忙しい時期に出現箇所を特定して影響を考えて... ということがあったので慎重にしていましたが、今後は翻訳メモリー (TM) をリリース間でも編集できるようになったので、より積極的に進めていこうと思っています。

... あ、夏休みの話を書く「つれづれ」ブログにしたかったのに、また仕事の話になってしまった。タイトルも「エネルギーは貯めるより作る」だったのに、もうスペースないので、この件は次回に。。。

English:
I gave up writing the last entry in Japanese - sorry for Japanese readers. So, this time, I started with Japanese. I have just been back from my summer vacation - my vacation was a little earlier than most of Japanese people who will have one in this week. I've been to Osaka, my home town, and Lake Biwa in Shiga prefecture. After staying my parents' house, we stayed at the lake-side hotel and enjoyed swimming in Lake Biwa. I did not know swimming in the lake is called 湖水浴 [ko-sui-yoku, meaning "Lake Water Bathing"] which means "enjoying the lake water" literally. It sounds odd to me... I don't know why. Maybe because the term "森林浴" [shin-rin-yoku, meaning Woods Bushes Bathing] is popular now in Japan which means "enjoy staying in the woods and bathing the fresh air generated by trees and leaves". Considering the same expression, 湖水浴 sounds like "enjoy staying in/by the lake and bathing the lake water". It is different from what 海水浴 implies to me. 海水浴 [kai-sui-yoku, meaning Sea Water Bathing] means "playing in and by the sea" to me. In a word, 海水浴 has been used for long time, and now I don't think what it means. It is more like a keyword, but 湖水浴 is new, and I have to assume it's meaning from the word itself.

This reminds me of the repeated struggle when we are determining the new translation for the new English term. Since the term itself is new, we want to explain as much and precise as possible in the translation of the term. Unfortunately, it often results in the long and complicated expression. I remember the term "preemptive self-healing" for Solaris.

It is the function that Solaris finds the possible problem by itself and fix automatically. The suggested and determined translation was 予測的自己修復機能 meaning 予測的 = preemptive, 自己 = self, 修復 = healing, and 機能 = function. Yes, it perfectly represents what it is. But, now I regret why I had approved this term. This is long, too many Kanji (high density), and hard to call it verbally. I should have chosen Katakana "セルフヒーリング" (reading is almost the same as self-healing). However, I was not sure the term ヒーリング (healing) was popular in Japan at that time. What I learned from this is "the term is not always the full explanation of the meaning, but should work as a keyword". The importance of keyword is, in addition to the preciseness, "easy to call and remember".

We used to be very careful and conservative to change the term which is once used in the products, but now our infrastructure is changing and uses Translation Memory more pro-actively. Now it is possible to change terms between releases without affecting the schedule. I will make full of this advantage, going forward.

Oops, I wanted to write a happy blog about my vacation but now here I am... talking about translation again. I have to change title from "Energy to be generated, not to be saved".
Let me talk about it the next time!

金曜日 8 01, 2008

2008.05 リリースノート完成! (2008.05 Release Note localization finished!)

Yea! We finished localizing OpenSolaris 2008.05 Release Notes into Japanese! This is really a great milestone. We have four contributors for this translation. Seiji Takegata, Natsumi Matsuzaki, and I translated, and Yuichi Suzuki and Ken Okubo reviewed the Release Notes. Thank you very much for your contribution, folks!

The localized file is available on OpenSolaris portal: Janapese Release Notes. You can select the languages where Release Notes is localized from the pull down menu on Release Notes page.

I am very proud Japanese is listed as one of the localized languages. I know this is not the first contribution from OpenSolaris JA community, but this is memorable for the following reasons:


  • Used translation tools - Internal TM server and OmegaT.
  • Worked in a team - Four of community members worked together.
  • Both translation and review was done by community.

It was my first time as well to use OmegaT to merge all the translations. TM worked well but I had to struggle with merging multiple TMs. I especially thank JC for supporting me all the way from Kagawa by emails or phone calls. I cannot go through this without you!

Next step is to publish translated and reviewed Getting Started Guide. Now it is in the editing process. As soon as it is ready, I will share the news on mailing list and on my blog.

金曜日 6 27, 2008

Firefox 3.0 Releaes Party

I've been to Firefox 3.0 release party yesterday. Jim forwarded me the invitation and I was so happy to accept that. It was in Takanawa Price Hotel from 6:30 - 8:30pm. There are more than 200 people, I guess, in a room and Ms. Satoko Takita was presenting Firefox 3.0.

I liked the catchphrase "This release of Firefox is Super Fast!". We would say Firefox is very fast and comfortable, but I was impressed and found fun to see Firefox staff in PV answering the question of "What do you like the best for Firefox 3.0 ?". He said "I like it because it runs with less memory". Very cool. I like the way he described it from engineering point of view. I felt he is proud of contributing its development. That's what I want to feel always with my products, too.

In addition to the interview with developers, they ran a series of PVs. The woman on the same table with me let me know they are the winners of the competition of PVs. Some of them are clay movies, like Wallace and Gromit, and very cute. The best part was, however, the visual program casted on the wall showing the real-time downloading over the country. Once Firefox 3.0 is downloaded in one prefecture in Japan, that prefecture in a map will be sparkled with stars with fantastic sound like a hand bell. Entire color is deep blue and reminds me of planetarium. It is exciting to see when and where Firefox 3.0 is being downloaded. I wondered what he or she is doing and thinking now while downloading... it's like a small movie with lot of imagination.

I met many people and enjoyed talking to them - Firefox, Mozilla, OpenOffice, OpenSolaris ... it was so nice to see and talk in person. Now I can see their faces when communicating with them by email.

The food and drink was so nice and it was a pity that I could not have them enough because I was too busy with walking and talking in the room. Let me thank you to Firefox project - Congratulation to 3.0 release, and thank you very much for such a wonderful opportunity to meet wonderful people!

日本語:
昨日は Firefox 3.0 リリースパーティーに行ってきました。Jim が紹介してくれて、招待状も転送してくれたので、喜んでご招待にあずかったのでした。場所は 6:30 - 8:30pm で高輪プリンスでした。大きな部屋に、たぶん 200 名以上の人たちが集まっていたと思う。Mozilla Japan の瀧田さんが Firefox 3.0 の紹介をしていらっしゃいました。

「今度の Firefox は爆速だぜ」っていうキャッチフレーズ、かっこいいですわー。でももうひとつ、かっこいいと思ったのは、若いエンジニアらしき人が「Firefox 3.0 のどこが好きですか?」というインタビューに答えて、「少ないメモリーで動くことかな」と言っていたこと! ユーザー側からすれば「はやっ!」ということだけど、作っている側からすると、そういうことだよね。その言葉に、エンジニアとして開発したんだぜっていう誇りを感じたんですよ。かっこいいです。わたしも、かくありたい。

開発者へのインタビューのほかにも、各種の PV が放映されていました。同じテーブルにいらした女性の方が、あれはみな、コンペを勝ち抜いた傑作なんですよ、と教えてくれました。彼女の会社がそのコンペを行なったそうです。いくつかは、クレイ映画風 (「ウォレスとグルミット」みたいな) でとても可愛かった。でも一番印象的だったのは、壁に大きく投影された、日本地図をモチーフにしたプログラム!日本全国の各県で、ダウンロードがあったらリアルタイムで表示するっていうものなんですが、そのマークが大きくスパークする星のイメージで、音もハンドベルみたいな澄んだ音で、幻想的なんですよね〜。プラネタリウムを彷彿とさせる夜のイメージで、ロマンティックでした... 今頃 Firefox 3.0 をダウンロードしている青森のこの人は、どんな人で、何を考えて、どう夜を過ごしているのかなぁ... なんて想像してしまいました。小さな映画を見ているみたい。

Firefix、Mozilla、OpenOffice、OpenSolaris... いろんなコミュニティーの方々に出会えておしゃべりできて、楽しかったです。これから、その方たちとメールするときはお顔が思い浮かぶので楽しさアップですわ。うふふ。

お食事も飲み物もとてもおいしくて素晴らしかった...(おしゃべりに忙しくてじっくり楽しむ時間はなかったけど... )。Firefox のみなさん、どうもありがとうございます。そして、Firefox 3.0 リリースおめでとうございます!

OpenSolaris 2008.05 をレビューしませんか ? (Why don't you review OpenSolaris 2008.05?)

This is the invitation to the review of OpenSolaris 2008.05 Release Notes and Getting Started Guide. Now Release Notes translated for the following 8 languages are available: Brazilian Portuguese, French, German, Italian, Korean, Simplified Chinese, Spanish, and Traditional Chinese. We usually review the documents translated our contracted translation vendors as QA, but this time, we need your help.

The files and instructions are available here:

Files for Review

I want to communicate with users, developers, and anybody who is interested in either translation itself or OpenSolaris. I want to listen to your voice, want to know what you care and want. This is a great chance to know each other and improve the quality.

What do you think is the good quality ? Quality does not stand itself but always is valued in balance of other factors, such as speed, cost, preference... I want to explore what is Quality after all for OpenSolaris documents. So, let's work together.

My peers, 8 Language Leads, will be your contact person for your language. I am working with them closely and know they are passionate and trusted partners. As in the instructions, they will send announcement to your g11n--discuss mailing list, so stay tuned. If you have not subscribed to your language's mailing list, it is the good opportunity to do so from OpenSolaris g11n mailing list.

Japanese is still waiting for translators. If you are interested, please let me know. I know the volume is too big for the pilot project... then, how about sharing the translation of Release Notes with several people ? I am happy to join the translation as a member. Let me wait for a few more days.

日本語:


今日は、OpenSolaris 2008.05 のレビュー (査読) へのお誘いです。現在、リリースノートと入門の二冊が、ポルトガル語 (ブラジル)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、簡体中国語、繁体中国語の 8 言語に翻訳されています。通常は翻訳会社による翻訳を社内のレビューでチェックするのですが、今回は、みなさんにサポートしてもらいたいのです。

ファイルと方法については、こちらをご覧ください:

Files for Review

ユーザー、開発者に限らず、OpenSolaris か翻訳について興味を持っている方とコミュニケーションできると嬉しいです。どんなことが知りたいですか、OpenSolaris/翻訳をどう思っていますか、どうしたら面白くなりそうですか ? 率直に意見を交換してお互いに知ることは、品質を向上させることにつながると思います。

ところで、「品質がいい」ってどういうことですか ? わたしは、品質は一つだけで語られるものではなく、その他の要素、たとえば、スピード、費用、個人の好みとのバランスで決まるものだと思っています。OpenSolaris のドキュメントの品質は、どのあたりを目指すべきでしょう ? そういったことを、一緒に探ってみませんか ?

わたしの同僚の 8 人のランゲージリード (言語リーダー) が、各言語についてコンタクト先をつとめます。彼/彼女らとは一緒に仕事して長いですが、みな仕事に情熱を持った頼れるパートナーです。手順を書いた wiki のドキュメントにあるように、彼/彼女らが各言語の g11n--discuss メーリングリストに「協力してください」というメールを出すので、それに答えてやってください。またメーリングリストに登録していない方、こちらからどうぞ! -- OpenSolaris グローバリゼーションメーリングリスト

日本語なんですが、まだ翻訳してくれる方を募集しています。人手が足りません〜。リリースノートは 10 ページぐらいなので、それを手分けするというのはどうですか ? お一人 3 ページぐらいで。わたしも翻訳者として参加します。ツールの使い方は、希望があれば電話ミーティングか用賀オフィスで勉強会を設定しようと思っています。来週前半ぐらいまで待ちたいと思いますので、メールください。お待ちしています。

金曜日 6 20, 2008

OpenSolaris 2008.05 を翻訳しませんか ? (Why don't you translate OpenSolaris 2008.05 in your language ?)

I've just posted the message to OpenSolaris i18n-discuss and g11n-ja-discuss mailing list to invite people for translation. This is the action item that I really wanted to kick to start sooner, but we could not find a good solution to leverage the existing translation. Now we decided to use OmegaT and xliff format for trial.

The translation project itself is owned by Project Manager, Ikuko Kagaya, and I am supporting her and OpenSolaris project as a linguistic and strategic partner (I hope I can support well enough as the title stands for :-). The documents which need translation are Release Notes and Getting Started Guide and will be translated into 10 languages - French, German, Italian, Spanish, Brazilian Portuguese, Korean, Simplified Chinese, Traditional Chinese, Russian, and Japanese. Both of the documents have translated once in the past, and this is the update translation. Leveraged translation is already inserted to the files for translation and you can use translation memory files and glossary files that I confirmed are compatible with OmegaT.

Original mail from Ikuko is posted here:

Trans/Review request for the OpenSolaris 2008.05 Docs

Translation process (how to) is documented on genunix:

Translation Project

For this time, only Japanese is looking for the translators, and other languages looking for reviewers - this is a pilot project that Sun is jointly working on the documents for translation. The coverage will surely increase to other languages after the process is confirmed. Any suggestion and comments are welcome. I really want to talk to you. Oh, I almost forget to ask you... "Please, please raise your hands for translation or review!!!" That's you to start the game.

日本語:


つい先ほど OpenSolaris の i18n-discuss と g11n-ja-discuss に、翻訳へのお誘いメールを出しました。やってみたかったのです、この試み。でも、どうやって進めるのか逡巡しており、踏み出せないでいました。過去の翻訳を活かしながら、どうやって社内で使っているツール以外で翻訳を進められるか検討してきましたが、今回、OmegaT と xliff フォーマットで進めてみることにしました。

このドキュメントプロジェクトの責任者は加賀谷郁子で、わたしはプロジェクトの言語品質および戦略パートナーといったところでしょうか。(おぉ、自分で言っておいて、ちょっとプレッシャーが... 名前に恥じないように頑張らなくては)。翻訳・査読を募集しているドキュメントは 2 つで、2008.05 リリースのリリースノート2008.05 入門 です。翻訳対象の言語は、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語 (ブラジル)、韓国語、簡体中国語、繁体中国語、日本語の 10 言語です。どちらのドキュメントも、過去に一度訳されているので、今回はその更新です。過去の翻訳は、翻訳用のファイルにすでに挿入されているので参考にできますし、OmegaT で使用できる翻訳メモリー、用語集も用意しました。

英語でのお誘いメールは以下です:

Trans/Review request for the OpenSolaris 2008.05 Docs

翻訳の進め方は以下です:

Translation Project

日本語ページも作りました:

日本語のページ

今回は、コミュニティーのみなさんと一緒に翻訳するための最初のステップということで、日本語だけ翻訳から募集することにして、ほかの言語は査読のみお願いすることにしました。方法が確認できたら、もっと範囲を拡大していきたいと思っています。方法についてのコメント・提案、大歓迎です。ご意見をお待ちしています。あ!それより何より、翻訳してくれる人、いませんか !? 私宛にメールください。reiko(dot)saito(at)sun(dot)com です。メーリングリストへの返信でもいいです。上記の方法でなくてもいいです。とりあえず興味があったら教えてください。一緒に考えましょ?

月曜日 4 21, 2008

.NEXT でした (.NEXT event)

(Japanese will follow) There was an event called "Sun Business .NEXT 2008" in Tokyo, and I talked about OpenSolaris community engagement and translation in Community Track. Our session was 45 minutes and four of us made a presentation in turn. First by Akir Ohsone about What's Indiana, secondly by me "Let's communicate across languages!", and finally by Kenji Funasaki and Hisayoshi Kato about "Night Seminar".

Here's pictures by Jim ... Thanks Jim!

a href="http://blogs.sun.com/jimgris/entry/opensolaris_photos_from_sun_business

I wanted to tell you all how dramatically things change once they are translated into the languages that we understand. Before the translation, they seem to be so distant and look like nothing to do with me, but once
they are translated, suddenly they will be "my" things. The picture of me using hands in front of me - I was trying to show how things can change quickly.

While I was talking, I came to convince myself "I will go and communicate myself, even if no one replies to me for a while". Yes, I was also talking to myself. Let's see what I can do, and if you feel like "working" with me, just let me know!

日本語:

今日は日英の順番を逆にしてみました。その方が気軽に書けそうな気がして...

さて、4/18 は Sun Business .NEXT 2008 というイベントがありました。そこで、わたしはコミュニティートラックで OpenSolaris でのコミュニティー活動、特に翻訳面についてお話させてもらいました。45 分のセッションを大曽根さん、舟崎さん、加藤さんとわたしの 4 人で交代に発表したのですが、最初に大曽根さんから Indiana について、わたしから「言葉の壁を越えて、見たい、聞きたい、話したい!」というテーマで、次に舟崎さん加藤さんから「OpenSolaris Night Seminar」について、それぞれ語って参りました.... 面白かったかな ?

Jim が撮ってくれた写真があります... Jim、いつもありがとう!

a href="http://blogs.sun.com/jimgris/entry/opensolaris_photos_from_sun_business

写真の中に、わたしがステージに立って、手を前に交差して「手話」のようにしているところがあります。これは、翻訳前と翻訳後で、どれだけ印象が変わるかを表現しているところです。英語のときは、遠いところで起こっていることのように感じるのですが、日本語になったとたんに、「自分に関係のあること」になり、ちょっと聞いてみようかな、ちょっと意見してみようかな、とチャレンジする気になるんですもの (わたしの場合)。

この日、話していて気づいたことなんですが、来てくれた方々に話しているようで、実はわたしは自分に話していたんだなって。言葉を越えて話したいのは自分なんじゃないかって、改めて思いました。だから、とりあえず、自分ひとりでも前を向いて声出していこーって思いました。もしどなたか、一緒にやってもいいよっていう方がいらしたら、声かけてください。OpenSolaris は、まずはポータルとメーリングリストから、がんばっていきたいと思います。

金曜日 2 15, 2008

デブサミ 2 日目 (Developer Summit 2nd day)

デブサミ 2 日目が終わりました。1 日目より少し少なめだったかな ? わたし、1 日目に張り切りすぎて、2 日目はまったく声が出なくなってしまいました。やっぱりしゃべりすぎなんだよねー... と反省して、ひたすら笑顔で応対 (のみ)。でも、翻訳ツールの話になるとつい出て行ってしまい... 「声が出ないので、すみませんが近くに来てください」などと身振りで頼み、ヒソヒソ話でデモ&説明。聞いてくださった方は、わたしのしゃがれ声に驚いていらっしゃいました。すみませんでした。

ブースに来てくださった方は、OpenSolaris はご存知でも、ほとんどの方はポータルを知らないということでした。もっと知ってもらって、おもしろいものにしなくては! と決意を新たにしました。

個人的にとても嬉しかったこと。わたしのことを、まっすぐ見て「ブログ読んでいます。楽しみにしています。」って言ってくださった方がいらしたのー!涙出そうに嬉しかった。ありがとうございます。もっと更新しますからね。

English:

Developer Summit 2nd day is over. The attendees are little less than the 1st day, I guess ? I must have talked too much and too loud on the 1st day, and my voice has gone on 2nd day. I know I know, I should shut my mouth and listen to them instead of talking. So, 2nd day, I was smiling, nodding, and bowing (only)... but when the topic is about Translation tools, like memory or glossary, I could not stop coming to the guests. I asked them to come closer to me by gesture, and whispered them how to use Translation Memory tools. I'm sorry they looked so surprised by my voice.

I realized most of them know OpenSolaris, but not OpenSolaris portal, and made up my mind to put more focus and energy to increase the visibility of JA portal.

Personally, I was delighted to meet the persons who looked me in the eyes and told me "I am enjoying your blog. Looking forward to the updates." What a encouragement! I promised in my mind to update more. Thank you very much.

水曜日 2 13, 2008

デブサミ 1 日目

Developer Summit 1 日目が終わりました。大盛況だった... ように思うけど、例年はどうなんだろう。立ち見の人もいたみたいだし、始まる前は「こちらが列の最後尾となっておりまーす!」って看板持ったお兄さんが入場整理してたしなぁ。

わたしたちのブースは D 会場の目の前で「いい場所だわー」と喜んでいたのですが、入退場時には人でいっぱいになって大変な騒ぎでした。だってみなさん、ずんずん進んでいってしまうから、なかなか声を掛けられず... それでも今日だけで 30 人ぐらいの方とお話できたかな。明日もよろしくお願いします。

English:

Developer Summit 1st day is over. There were a lot of people coming and going to the sessions and our booth. I know only this year, but most of the sessions were fully booked and I felt so much of liveliness. The staff held a sign board and spoke out loud to the attendees "Here is the end of the waiting line!", and they were very busy with controlling the traffic.

Our Community booth is right in front of the hall D and I had been so happy to have such a nice place... but I realized we had a limited space when the session is over. So many people coming in and out of the hall, and they are heading straight to where they want to go. I was intimidated to ask them questions... Still, I think we talked with about 30 people in a day. Looking forward to seeing you more tomorrow!

水曜日 2 06, 2008

Developer Summit 2008

Developer Summit って「デブサミ」って言うんですね。すごい略語ですね... 大阪弁でいうMacdonald =「マクド」って感じ (伝わらないだろうなぁ。。。) でもデジタルカメラを「デジカメ」とか木村拓哉を「キムタク」っていうから、慣れたら違和感ないんだろうな。。。

って、そういうことを言いたいんではなくて、それに参加することになったのでお知らせです。Sun TechDays と同様にコミュニティーブースを出すことになりました。前回と同様、翻訳テクノロジーの紹介・デモのほかに、実際に活動中の翻訳・エンジニアリングプロジェクトを紹介して、参加者を募るということもしたいと思っています。

今ちょうど、OpenOffice.org 3.0 の翻訳が始まったところです。jMusu の翻訳もスタートしたし、NetBeans も...。各プロジェクトには翻訳サポートとして参加していますので、翻訳方法とかツールの使い方など、お話したいと思います。

場所は目黒雅叙園なんですね... こういうイベントって不慣れなので不安だわ... 暇すぎたらどうしよう、とか、うまくしゃべれなかったらどうしよう、とか、いらんこと考えます。でもいろんな方にお会いできるのが楽しみです。二日とも朝から夕方までいますので、是非お越しくださいませー!

English


I have not known Developer Summit is called "Debu-sami" in short. It sounds new and .. to be honest... strange to me like when I heard "Makudo" as a short term for Macdonald in Osaka dialect (even though I was raised in Osaka). On the other hand, now it is familiar to me to call Digital Camera as "Deji-kame" and Kimura Takuya as "Kimu-taku", so "Debu-sami" should be fine...

... No! What I wanted to tell here is not such a stupid monologue, but the news that we will have Community Booth like we had in Tech Days. In addition to the translation technologies (introduction and demo), I would like to show how to join the on-going translation project for various communities.

Now, OpenOffice.org 3.0 has just started, and so has jMusu and NetBeans! I am working on most of them as a language support, and so happy to share how to use the tools and work on the project.

I have never been to Meguro Gajoen... to be honest, such an event is challenging for me. I tend to be nervous and think too much, such as what if no one comes to my booth and I have nothing to do... or wonder if I can talk OK. Off course, the biggest fun for me is to meet people. I find a lot of fun to work in a team. I will be by the Community Booth from morning to evening on both of days, and am looking forward seeing you there!

About

user13133135

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日
Bookmarks