金曜日 8 27, 2010

TC Simposium

TC シンポジウムのパネルディスカッション、無事に終わりました。来てくださったみなさん、ありがとうございました。たぶん会場に来てくださったみなさんには、「オープンソースソフトウェア (当日は Free/Libre Open Source Software, FLOSS と呼んでいました)」という概念は新しいのではないかな?と思って、「オープンってなに?」と「日本の FLOSS プロジェクトの実際」について話しました。河野さんとエラリーさんは、それぞれ「ベンダーロックインという懸念」「OmegaT プロジェクトとは?」といったトピックについて話してくれました。ストーリーとしては、「ベンダーロックインでいいんですか?」→「オープンという選択肢もあるよ」→「例として OmegaT ってね...」→「企業発の FLOSS プロジェクトの例と、参加方法」→「TAUS で言語資源を共有しようという動きも...」→「もっと FLOSS に関わろう」という感じ。


最後に少しだけ、ディスカッションコーナーがあって、どうやって関わっていくのがいいのか?ということを話し合いました。パネルディスカッションって、初めての経験でドキドキした~。打ち合わせもいっぱいして、どういうメッセージを会場に来てくれた方に送りたいか、それぞれのトピックの関連性をどうやって深めていくか、「激論」しましたよ~。準備をがんばった分、当日はとても楽しかった。Open Source Conference (OSC) では、ひとりで準備してひとりでプレゼンして... だったので、チームでプレゼンするのは新鮮でワクワクしました。チームプレーってやっぱり好きだわ。


進行は山形インテックの中村さん。中村さんってユニークな方ですよね。ふだんはユーモアいっぱいでおっとりした雰囲気なんですが、プレゼンになると、強い熱意がビシビシと伝わってくる熱いトークを展開されます。横で聞いていて、熱かったです。


企画してくださったのは、中村さんとアヴァシスのみなさん。誘ってくださってありがとうございました。欲張って言えば、FLOSS とプロ翻訳者との関係や機械翻訳との連携などについても話したかったのですが、それは次の機会に。









Answer Questions


1-on-1

水曜日 8 04, 2010

Talking about "Open" at TC Simposium (JTCA)

こんにちは!しばらく更新していませんでしたが、近況報告します。

オフィスがオラクル青山センターに移りました。新しい場所、新しいマシン、新しいネットワーク... 新しいことづくめで頭がクラクラしていますが、引越しして約 1 ヶ月半で、なんとか落ち着いてきました。何より戸惑ったのは、ウィンドウシステムです。コマンドライン使いたいっ!!!とあせる気持ちをなだめつつ、同じことをするにはどうすればいいのか、と試行錯誤を繰り返してきました。vi が使いたい、grep したい、スクリプトでバッチ処理したい、... プラットフォームが変わっても、探してみると便利なツールがあって、やろうと思えばできるものです。何より、「これ、どうすればいいの?」と悩んだときに、ネットで探すとどこかに回答があるのが嬉しい。まだまだ修行中ですが、以前のスピードを取り戻し、追い越すぞと頑張っています。新しい同僚のみなさんが優しく忍耐強く教えてくれるので、本当に心強いです。

さて、最近やっていることを一部紹介すると... OpenOffice.org 3.3 の翻訳 (わたしは査読担当)、TC シンポジウム 2010 のパネルディスカッションの準備などです。


  1. OpenOffice.org 3.3 翻訳プロジェクト

  2. TC シンポジウム 2010 (私のパネルは 8 月 24 日、2 時より新宿にて)

OpenOffice.org 3.3 は、UI が終わってヘルプの翻訳中。今回のリリースから、翻訳プロジェクトのコーディネーターが大槻さんに変わり、さらにパワーアップしているなと感じます。メーリングリスト で査読コメントや質問への回答を募集しています。ヘルプ締め切りまであと 1 週間強。頑張っていきましょう。

TC シンポジウムでは、「オープンの概念が翻訳を進化させる。~翻訳の仕方はひとつじゃない。翻訳の新たな選択肢」というタイトルで、パネルディスカッションをします: http://www.jtca.org/symposium/2010/panel_tokyo.html#02

オープンソースって何?翻訳する人にとって、どういう関係があるの?何のメリットがあるの?... という質問に答えます。「オープンソースで翻訳する人が増えている」「翻訳支援、機械翻訳などの技術が進歩している」という中で、プロの翻訳者には何が求められているのか?それを会得するには、どうすればいいのか?... そんなこともディスカッションの中で考えていきたいと思っています。みなさん、見に来てくださいね!

English:

Hi!! Long time no update. Now, let me share how I have been doing lately.

I moved to a new office (for me), Oracle Aoyama Center (aka. OAC). New place, new office layout, new machines, new network... everything is new and I has been overwhelmed for a month and a half. The most surprising is office cube. The cube is not actually a cube. It's a combination of small desks and no partition. I can talk to anyone without standing up! I can see who is sitting and who is out. It's a cultural shock ;-) ... but I am sure I will enjoy it.

Well, that is not "most" surprising. It is a window system. I have been working on UNIX for years, and I admit I am an application user, rather than command line developer, but ... still I was shocked to realize I have to do everything by mouse ! I have to fight against my desire "I want to type on command line!", and have been trying to find out how to do the same thing in the current environment. I want to use vi, run grep, write shell scripts... after many try & errors (many many errors), I came to know ... there is a way! Actually, there are many many convenient and useful ways! It is also great I can search on the internet to find many others comments and hints. Still I am struggling but I am sure there are hundreds of ways to do the same or even better things in a different environment. It's always me and how I think that determines what I can do. My new colleagues are all very supportive, patient with my stupid questions, and friendly. I really thank them.

Now, let me introduce some of what I have been working on lately: OpenOffice.org 3.3 translation/review, and TC Symposium 2010 (Panel Discussion about Open Source and Translators).


  1. OpenOffice.org 3.3 Translation Project

  2. TC Symposium 2010 (My panel discussion is on August 24th, 2pm at Shinjuku)

OpenOffice.org 3.3 finished UI translation and now is translating Help. We have a new translation project coordinator, Takeshi Otsuki, and the project is more and more powerful and energetic. We are discussing issues and questions by Translation mailing list. We have 1 week+ until Translation freeze date, and your feedback/comments are always welcome.

In the TC symposium, I will join the panel discussion titled "Openness makes Translation evolving! - Do you have alternative way to do your translation job ? Suggestion for another and free choice.": http://www.jtca.org/symposium/2010/panel_tokyo.html#02

We will answer the questions such as "what is Open and Open Source?", "What matters to translators ?", "What is the advantage for me?"... We also discuss what is the "core competency" for translators and what to do to acquire that skill it in the current changing situation - more and more people translate in Open Source projects, and more and more technologies are introduced such as Machine Translation. Please come and see us on August 24th from 2pm at Shinjuku!

水曜日 4 07, 2010

OSC 振り返りなど (Looking back OSC and others)

遅くなってしまいましたが、OSC の振り返りです。今回は金曜日しか出られなくて残念でした。当日は曇り〜雨で肌寒い日でした。自宅から会場までは、乗り換えいっぱいだけど静かな道中。田舎から田舎へ行くのって、遠いなぁ。駅に降りたら広大で綺麗な駅舎が... でも降りる人はまばら... 大学構内に入っても、人いないよ?... 会場どこ!? と不安はピークに。やっと見つけたホールの手前の階段のところに「オープンソースカンファレンス」と書いた黄色い旗が! 会場に入ると、そこはいつもより少しだけ静かな OSC でした。

会場の外側はさておき、中側は熱気でいっぱいの、いつもの OSC でした :-) !
いつものように展示を設置して、「一緒に翻訳しませんかー?」とお誘いしました。


フルサイズ

3 時からのセッションでは、「ありがとうから始めよう」のテーマで、初心者の方にもメッセージを伝えたいなぁ... と思っていましたが、最後に聞いてみたら、来て下さった方の 80% ほどは「翻訳しています」という方だったので、マーケティング失敗していましたね。。。すみません。最後の 20 分ほどは Q&A で「困っていること」について話し合いました。

フルサイズ

問題点は「用語や翻訳メモリーの共有が難しい」「英語と日本語を、常に一対一対応にして欲しいというクライアントからのリクエストに応えるのが難しい」「オープンソース製品を翻訳してもリアクションが少ない。モチベーションが保てない」などなど、色々ありました。とっても参考になりました。参加してくれたみなさん、ありがとうございました。

Q&A で話した内容や、それについて考えてみたことなど、また後日書いてみますね。

English:

With such a long blank, but let me write about Open Source Conference 2010 Spring in Tokyo. I joined only the first day, which was the shame, but had a wonderful time as always. The day started with a little rain and dark sky. I realized how long it will take to travel from country side to country side, instead of from country side to city area. Train rails are running like "hub and spoke", and when trying to reach the end of the spoke from another end of the spoke takes long long time. Well, I enjoyed changing trains and reading books or practicing my speech on the train, so it was good after all.

To be honest, after 1 hour and a half, I came to a little worry about my sense of direction... "is it right direction ? did I miss the station !?" Lucky enough, I arrived
at the station in time, but saw only a few people walking out from the train. Again, I came to worry "is there anyone coming to the event ? what should I do I have only 1 or 2 people coming to my booth or session..." So, I was so happy to find there were more people inside the building and though it is a little quieter than usual, there were a bunch of cool folks showing and talking over their favorite software actively.

I organized the desk and started to talk to them as usual "Why don't you join our translation activity ?" :-)

フルサイズ

From 3:15, I talked about "You can contribute to Open Source Software easily!". This time, I chose the main message as "If you do not have time or energy to contribute by transaltion or coding, let's say Thank You! to active contributors. That's one of the most effective ways to motivate them."

フルサイズ

I talked about my contribution to my local community - it's not Open Source Community but it is my "geographical" neighborhood. I started to clean up the garbage site which our neighbors use in common. I was so happy to see the site is cleaner than before and also happy to imagine the neighbors should be happy to. But after months, I came to a little tired. Maybe I was doing too much and exhausted. Then, one of the people who always passed by the site talked to me "Thank you very much for your work. I see you are working almost every day, and thanks to you, it is very clean and everybody is happy. Thank you so much. " Can you imagine how delighted I was !? Finally I realized it's not only me but many people enjoy the cleaner site and there are people who appreciate my work.

This can be said also to the OSS work. It is true people with high motivation work for themselves, but it is also true the appreciation from users who benefit from their work makes the energy to double or almost 10 times. It's easy - just say "Thank you" anywhere by emails, blogs, twitters... that's can be the source of energy.

Oh, I realized I wrote too much in English section - a few paragraphs were not written in Japanese section. Sorry.

In the talk session, there were many wonderful discussion. I will write them later in this blog. Cheers!

木曜日 2 25, 2010

OSC での発表資料 (SC presentation slides )

12 月に書いたブログを読み直したんですが、「すぐそこだけど、とっても遠い」と言っていましたね。もう明日になっちゃいましたよ。

12 月のわたしからの手紙を読むような気持ちです。あのころは不安でいっぱいでした。いや、今も不安はあるけれど、だいぶ開き直ってきた感じ。わからないことは勇気を出して聞く、回答が得られなかったらもう一度自分で考えてみる、それでも結論が出ないときは、自分なりの目標を決めて、そこに向かって突っ走る、これでがんばっています。今は「そこに向かって突っ走る」ステップかな。。。

明日のセミナーで使うスライドがやっとできたので、アップします。

今回は原点に戻って、翻訳による OSS (Open Source Software) への貢献の大切さを話したいと思っています。スライド枚数多くなっちゃったんですが、早口にならないように気をつけますわー。場所が大学キャンパスなので、学生さんが多いのかしら。。。雨が降りませんように。。。

English:


I was reading my blog in December. I said "February is soon, but very far."... now it's tomorrow! I will talk at Open Source Conference 2010 Tokyo/Spring tomorrow.

It's like I am reading a letter from myself in the past. I was uncertain for many things and worrying too much. Now 2 months later, still uncertainty is there, but I feel more comfortable and confident with my goals. I have been trying to run the following steps: 1. Think positive and creative, 2. Take courage to ask anythingI do not understand, 3. If no answer is provided, think again in my own way, 4. If I cannot reach the conclusion, create my own goals, and 5. Run for it. I am now on Step 5.

Finally, I finished my slides for tomorrow's talk. Here you go!

This time, I come back to the origin of my activity, and talk about how important the translation is, and how valuable it is as a contribution to Open Source Software (OSS). I want to say so much, and the slides are 46 pages... hummm, I will try not to speak too fast. It's college campus where OSC is hosted this time - I may be able to see more students than usual. Hope it is not raining tomorrow ;-)

水曜日 2 24, 2010

Open Source Conference 2010 Tokyo/Spring is coming!

こんにちは!1 月からずっと落ち着かない日々でしたが、その間も仕事がんばっていました。SunGloss が Read Only モードになって、Terminology Database というシステムに移行しました。そのための枠組みや仕組みを作っていたのです。

SunGloss の欠点は、翻訳中に「これ訳すの?」と思ったら、手で用語を入力して検索しないといけないことでした。「もう知ってるからいいわ」とか、そもそも用語登録されていることに気づかないで、違う訳を付けてしまうという問題がよくありました。

そこで、社内でも使っている Terminology Database という仕組みをオープンにできないかと考えていたのです。プラハのエンジニア、サンのランゲージリード (x 9 言語)、プログラムマネージャーと相談しながら進めていたプロジェクトが、やっと完成しました〜!

OpenCTI インタフェースの Terminology タブからアクセスできます。このタブの使い方も含め、OpenCTI の機能を Open Source Conference 2010 Tokyo/Spring で紹介します。

セミナーは 2/26 金曜日の 15:15 からです。今回は、シンプルに「一緒に翻訳しませんか?」というメッセージでお話させていただきます。「自分には大したことはできないから...」「時間ないし...」と思っている方、いえいえ、あります!すぐに貢献できる方法が。詳しくはセミナーで!

English:
Hello! Long time no see :-) There have been so many things to work on since the beginning of this year, so I have been working on many different tasks. One example is OpenSolaris 2010.03 message translation, and another is SunGloss migration to Terminology Database. Now SunGloss is read-only mode and any new update will be made to Terminology Database. I have been building the framework and designing the interface with my trusted peer, Lukas, in Prague.

One of the major disadvantage SunGloss has is the lack of integration with translation tools. If a translator has to search SunGloss manually to find a term. It takes time to visit SunGloss, search for a term, and use that term in the translation. So, it often happens translators avoid using SunGloss sometimes because they thought they already knew the term, or sometimes because they do not know the term is registered. It often resulted in a wrong translation.

That's why we thought we may be able to open the terminology database system that we use internally to the translation community. I have been working with engineers in Prague, Sun's Language Leads (x 9 languages), and Program Managers... now it's done (or almost done)!

You can take a look of TD interface at Terminology tab on OpenCTI interface. I will talk about how to use this tab and other topics related to translation project at Open Source Conference 2010 Tokyo/Spring on Feb 26 Friday.

My seminar starts at 15:15 on Feb 26th Friday. This time, I will focus the simple message "Let's translate OSS. Yes, You can!". If you think "I cannot contribute anything..." or "I do not have time...", it's not true ;-) There are hundreds of ways to contribute to OSS. I can show you the easiest and simplest way, in addition to the translation. Looking forward to meeting you there!

木曜日 12 24, 2009

クリスマスイブだー (It's a Christmas Eve!)

今日は久しぶりに、なんでもない話をします。クリスマスイブですね。

わたしは、一年の中でこの季節が一番好きです。空気がつーんと冷たくてクリアで、すべてがよく見えて、そしてすべて新しくスタートできそうな気がして。

そこでちょっと哲学的な話を。

どんなことにも理由はあると思う。今住んでいる国、場所、家、仕事している環境、家族... 偶然だとか成り行きだとか、だから仕方ない、自分では変えられないって思っていることがいっぱいあるよね。でも、本当に変えられないのか?と、自分に聞いてみる。何度も何度も聞いてみる。すぐに答えが出ないときは、その問いを胸にとどめておいて、何か刺激があるたびに、問い直してみる。そして、変えられるものは変えていき、変えられないものは自分の中で整理して納得して前に進む。。。。今年は、そんな一年でした。

変えられるものを変える勇気、変えられないものを受け入れる力、そしてそれらを見分ける知恵 ... これは、わたしにとって永遠のテーマだと感じています。

たくさんの変化の中で、それらを追いかけているだけでは、いつも被害者になってしまうよね。でも、こんな場合はこうしようって作戦をたてて、自分が先頭にたっていけば、主導権を持つことができる。そう思って、いろんなことにチャレンジしてきました。でも、今年は自分の力では変えられないことが多かったーーー。。。(と思いませんか?)

とはいえ、その中でも、たくさんの作戦をたて、選択をしてきているのです。知らないうちに。今、ここにいてこのブログを書いていることも、わたしの選択。だから自信を持って進んでいこうと思います。来年も、がんばるぞー! Open Source Conference 2009 Tokyo/Spring にも、出るぞー! そのころの私は、どんなふうになっているでしょう。2 月末です。すぐそこだけど、とっても遠い。

ではみなさん、メリークリスマス!そしてよいお年を。来年もよろしくお願いします。

English:

I will not talk about Translation today, and talk about "nothing" but personal. It's a Christmas Eve today!

I like this season the best in a year. Very cold, clear air, and everybody looks happy. It makes me feel I can see everything clearly and I can start everything from a scratch in a new year.

I'll talk something spiritual today.

I believe everything has a reason to be there. Where we live, what we do for living, family, friends... everything seems to happen by coincidence or seems to be unavoidable. But I know there's a reason why we chose it. Yes, we chose it before or after we were born. We are making decisions while we are not aware.

I often ask myself "Is that what you want? If not, can you change it ?" I cannot answer sometime, then, keep that question in my mind and take any chance and ask again. If the answer is yes, I change it. If not, I manage myself to accept it. Never avoid looking at the fact, and try my best to deal with it. That's the way I lived this year.

Grace to accept with serenity the things that cannot be changed, courage to change the things that should be changed, and the wisdom to distinguish the one from the other - this is my life-time goal.

I want to find myself in the driving seat of my life. I may not be able to stop the big wave is coming, but I can prepare myself to live over the wave. I do not want to be a victim of the fate. ... but, this year, there has been too many changes and uncertainty that we cannot control... Don't you think !?

It's true we did not have much that we could change. But, we are making decisions in every minute, and we can change our decisions at any time. Like now, I am writing this blog here in my home office. This is the result of what I have been choosing this year. It's my work and life, and I am proud of it!

Now, let's keep going in the next year too. I do not know what happens to us, but I will join Open Source Conference Tokyo / Spring in February! ... February... only 2 months away, but sounds so distant! I want to write a letter to me in February. I want to ask a lot of questions, like what are you doing ? where are you located ? ... but in the end I will ask instead, "Is it what you want ? If not, can you change it ?"

I wish you all a happy holiday season! See you next year! ;-)

木曜日 12 03, 2009

JTF 翻訳祭で思ったこと (Thought after JTF Translation Festival)

I joined the conference hosted by Japan Translation Federation on November 20th at Hacchobori in Tokyo. The event is called JTF Translation Festival, and the details were as follows: 19th JTF Translation Festival.

It's a shame they did not provide English translation for this event :-( Here is the outline by me:


  • Presentation 1: "What We Value Most for Translator and Translation company" by Kazuyuki Nakamura, WPTG-Japan Senior Language Specialist at Oracle

  • Presentation 2: "Issues We Face in Drastically Changing Industry" by Koji Inoguchi, Technical Writer/Translator, Executive Director at JTF

  • Panel Discussion on "Countermeasure to Recession in Translation Industry"

"We" in the Presentation 1 is Product Supplier, such as Oracle or Sun, while "We" in the Presentation 2 is Translation Company and Translator. As far as I understand, it is more like "Translator". Mr. Nakamura illustrated the gap in QCD (Quality, Cost, and Delivery) expectation among three parties, Product Supplier, Translation Company, and Translator. Oh, I am very familiar with this gap ... I understand the needs of each party. But sometimes I have to say "Please do anything you can to meet our schedule" or "Please keep the cost under control by all means". Thinking in Translator's shoes, I would feel so frustrated like "what is she thinking !? Does she really expect such a volume can be completed within such a limited time frame !?"... Now, let me discuss more about the gap in QCD in the next blog entry.

Mr. Inoguchi walked us through what Translators can do to settle the gap. As I wrote "settle", not "fill in", he suggested Translators to find the best partner for themselves, instead of doing everything they can do to meet the unreasonable customer requests. Junior translators should not focus on the speed. The speed should be improved only after they spent enough time to keep the good quality.

I cannot agree with Inoguchi-san more than that. It is totally different 1) an experienced translator puts higher priority to the speed while keeping the quality under control, and 2) a junior translator does anything possible to meet the schedule. The difference is whether or not the one knows what he/she did and did not. You finish your work, and feel you did everything you could do in this limited time. Now, can you summarize what to do to improve the quality if you have more time ? If you answer Yes, you are in 1) case. If not, 2) case. "Taking more time" cannot be an answer.

The summary list should not be the "disclaimer" telling what you cannot do because of the restriction. The list should be "RFE" (Request For Enhancement). You could suggest the customer "If you have more time or cost, it is highly recommended to shoot these problems. Here is how-to, and the expected time and cost." Then, you will have higher possibility to get another job :-)

Well, the entry is longer now, so let me write about how we can fill in the gap in QCD in the next entry.

月曜日 11 09, 2009

Open Source Conference 2009 Tokyo Fall Report レポート (Reporting on my OSC 2009 Tokyo Fall)

こんなに遅くなってしまって、恥ずかしいけど、OSC 2009 Tokyo Fall のことを書きます。(いや、色々あって... そのことは後で書きます)

蒲田の会場は、新しくて綺麗で清潔でした。スタッフのみなさんも優しくて感謝。

1 日目はセミナーはしなくて、一日、「l10n よろず相談」のコーナーにいました。椅子が二つにテーブル一つ、看板たててパネルをたてて、、、PC では OpenCTI/CTI や OmegaT、Pootle のデモをしました。「翻訳一緒にしませんか?」と笑顔で勧誘します。。。気のせいか前回より怪訝な顔をされる機会が減った感じが。よかった!みんなで翻訳って、以前より受け入れられつつあるかしら? 

二日目はセミナーがあったので、ちょっと緊張していました。自分の考えを自分の言葉で表現して、かつ、来てくれる方のニーズにも応えるようなものにしたいって思うと「大丈夫かなぁ」と不安がよぎります。昼休みに、ひとりでセットアップと練習してたら、LINBIT の Partner Relationship Manager で、一日目のオープニングトークをした Florian が「ハロー」と入ってきました。「いやー、緊張するわー」と話すと、「じゃあ、うまく話すコツを教えてあげよう」と、いくつかヒントを教えてくれました。しっかり立って声を前に響かせること、スライドより参加者の目を見ること、質問があったら繰り返して意味を確認すること、などなど。ふむふむ、どれも納得するわ。その通りできるかどうかは別として、、、でも頑張る!と気合いを入れました。

さて、いよいよセミナー。部屋はいっぱいになったので、たぶん 40 - 50 人ぐらい来てくれたのかな。ありがとうございました! Florian に教えてもらったとおりに、いっぱい息を吸い込んで大きな声で話しました。早口にならないように、一方通行にならないように、、、30 分ほどでスライド発表は終わり、残り 15 分ぐらいで質問を受けました。やったー、うまくいったー!!と終わり近くなって、マイクをしていなかったことに気づいてしまった! Florian には「マイクを有効に使うこと」って言われたのに。あかんやん、私。


プレゼン資料をアップしますね。英語と日本語、どちらも作りました。

セッションの合間に自分もあちこち回ってみました。やっぱり興味があるのは、翻訳関係です。Eclipse 翻訳で使い始めたという翻訳ツールが見たい!と思ってセッションにも出てみました。xliff ベースで翻訳して、翻訳メモリーを共有しつつ、用語も共有して、というシステム。OpenCTI と同じ発想ですね。やっぱり興味アルー。使ってみたいー。翻訳者募集の際には是非声をかけてくださいとお願いしておきました。

Ubuntu などの翻訳プロジェクトでは、何を使っているんだろう、と興味あります。今度機会があったらお話聞きたいなぁ。

English:

I feel so ashamed to post my report about OSC 2009 Tokyo Fall now, but let me try... (oh, many things have been happening... let me write about it later ...)

Event space in Kamata was brand new, clean, and beautiful! All of the staff members were so nice and kind - thank you so much!

1st day - no seminar for me. I sit all day in our corner "All Sorts of Consultation about Localization/Translation - Sun-related OSS / OmegaT project". 2 chairs, 1 table, 2 PCs (one for me, and one for JC), with panels. I ran a demo of Pootle and OpenCTI on my PC, and JC did OmegaT on his Mac. If someone is passing by, I take full of my courage, and ask "why don't you join our translation project ?" with a big smile :-) and give out a booklet "Sun Community Guidebook". As far as I remember, the number of people who looks surprised and annoyed, like "what is translation for OSS!?", becomes less and more people are interested in my talk. That's a great sign! I really hope "contribution by translation" is more popular in Japan.

2nd day - Seminar day for me. I has been nervous from the beginning. I like to talk and make a presentation, but sometimes feel so nervous that I have to express my thoughts clearly in my words, and have to meet the needs of the audience... I was setting up and doing a dryrun all alone in the seminar room, then, Mr. Florian Haas, Partner Relationship Manager from LINBIT, who made a wonderful opening speech on the 1st day came in to day Hi! I said "Oh, I am very nervous... Do you have any tips to share ?", then, he showed me some. Having a good posture, Taking a deep breath to keep a fresh air in your lungs, looking in the eyes of a few people, instead of reading the slides, and repeat the questions to share with other audience... Hummm what a great words of wisdom. Thank you Florian. I do not know if I can remember all, but I will try ...

Now, it's my seminar time. The room was full, so I guess 40 - 50 people came in.. Thank you!!! I did my best to talk clearly and slowly enough. I took 30 minutes for presentation and 15 minutes for Q&A. Closer to the end, I realized I forgot to use a microphone ... I might have been shouting... sorry Florian, you said "use your microphone effectively", but I failed to even use it...;-(


Here is my presentation slides in English and Japanese.

I have been around the corners in different rooms to see translation related projects. I wanted to see the translation systems for Eclipse, and attended that session. The translation editor will be available as open source and the system uses xliff format, leveraging translation memory and terminology database ... like OpenCTI. Wow, exciting, I want to try it ! So, asked them to let me know when the translation project is ready to go.

I wonder which editor, translation system, or project management method is used for other projects, such as Ubuntu ... I really want to discuss with them.

木曜日 10 29, 2009

Open Source Conference 2009 Tokyo Fall

いよいよ明日からです、Open Source Conference Tokyo 2009 Fall。明日は展示コーナーに一日います。明後日の土曜日 (1 時から) はセミナーをします。内容は、春にやったものの続き... といいながら、春の内容をここにアップしていないことに今更気づきました。遅い。すいません。

春のスライドを、今更ですがアップロードします。「一緒に翻訳しようよ」というお誘いです。

今回は、「一緒に翻訳しようよ、こんなに便利なものもあるよ。」です。そう、キーワードは「役に立つ」です。すぐに使えそうな、翻訳のコツやツールの紹介をします。

では、会場でお会いしましょう!

English:

Open Source Conference Tokyo 2009 Fall is coming... it's tomorrow! I will be hanging around there all day on Friday and Saturday. I will make a presentation on Saturday from 1pm. I will talk the extended version of what I talked in spring... and now I realized I have not uploaded my slides to this blog yet. Time flies... sorry.

Here are my presentation slides. The message was "Let's translate our software in a team!".

The message this time is "Let's translate together, you can use various resources at your hand!". So, the keyword is "Get Leverage". I will share the translation techniques and tools that you can use from tomorrow.

See you there!

月曜日 9 14, 2009

CTI について (Introducing CTI)

こんにちは!久しぶりの更新です。いろんなことがありましたが、自分の志すところに変わりはないと再確認できましたので、また色々ここで情報発信していくことにしました。よろしくお願いします。

さて、今日は コミュニティー翻訳エディタ で簡単に紹介した Community Translation Editor (CTI) についてお話したいと思います。

CTI とは、一言でいえば、「Sun が使用している翻訳システムへのインタフェースとなる、ブラウザベースのエディタ」です。そこで何ができるかと言えば、「Sun の翻訳メモリーおよびシステムを活用した、コミュニティーによる翻訳」です。翻訳の流れには、おおまかに以下のステップがあります。

1) ファイルの準備

2) 過去の翻訳からの流用

3) 新規部分の翻訳

4) フォーマット (レイアウト確認)

5) 翻訳メモリーの作成と管理

これらのうち、3) の部分を行うのが CTI です。そして、残りのステップは Sun が担当します。作成された翻訳メモリーはエクスポートしてコミュニティーで保管する場合もあります。

CTI エディタでは、翻訳のセグメント (一区切り、ほとんどの場合は文章やタイトル、表内の一項目) ごとに日本語と英語が横にならんでいます。日本語の欄に翻訳を入れていけば翻訳は完成します。内部タグ (フォントやリンク) 以外は表示されないため、フォーマットを壊してしまう心配がありません。

これまで、わたしが関わっている翻訳プロジェクトでは、OpenSolaris.org の登録ページ翻訳で使いました。わたしが「必須」だと思っていた各種機能が入ったので、これからもっと使っていきたいなと思っています。

まだ開発途中のものなので、いっぱい希望はありますが、そられもかなりの数にのぼったため「どの機能が欲しいですか?」というアンケートを実施しています。
以下に CTI ブログ の記事を翻訳したものを記載しますので、よろしければご意見をお願いします!↓


CTI ブログ記事より (翻訳):

数ヶ月前、CTI チームからユーザーのみなさんに CTI ツール への要望 (Request for Enhancement、RFE) を募集しました。過去 6 ヶ月間に集まったご要望およびバグレポートは 50 件以上にのぼります。ありがとうございました。いただいたご要望は、 http://wikis.sun.com/display/g11n/CTI+RFEs.
にリストしています

今後、各案件に優先順位をつけて着手していきたいと考えていますが、その順位を特定するために、みなさんのご意見を聞かせてください。その手段として、CTI ツールに関する簡単なアンケートを用意しました。

情報を整理しやすくするため、類似性のある要望を 1 つのグループにまとめました。グループ分けは、http://wikis.sun.com/display/g11n/RFEs+Summary にリストしています。

アンケートの目的:


  1. CTI ツールのユーザー満足度を調査

  2. 投稿された要望の優先順位を特定

  3. CTI 開発作業への参加意志を確認 (バグ修正、機能改善など...)

アンケートには CTI ツールのメインページから、または a  アンケート から直接参加していただけます。アンケート期間は 9 月 4 日から 9 月 16 日までです。アンケートの結果は、後日 CTI Sun Wiki ページ で公開する予定です。

アンケートは 10 分以内で終わる簡単なもの です。アンケートに参加していただいた方の中から、抽選で 20 名 の方に、Sun オリジナル T シャツをプレゼントいたします

一人でも多くの方のご参加をお待ちしています!


English:


Hello! Long time no see! As you may know, there have been a lot of changes... but I re-confirmed my goal and dream has not changed at all, so let me restart my blog now. :-)

Today, I want to introduce one of the tools I wrote in Community Translation Editors, Community Translation Editor (CTI).

My definition of CTI in one word is... "Browser-based editor which interfaces between community users and Sun translation infrastructure", and what CIT can do is ... "Translation by community using Sun's translation memory and translation system." I would define the steps for translation using translation memory as follows:

1) Prepare files

2) Get leverage from the existing translation

3) Translate "new" (no leverage and fuzzy) part

4) Format (Confirm layout)

5) Create and maintain translation memory

Out of 5 steps, CTI supports Step 3), and the rest of 4 steps are done by Sun. Generated TM will be shared with community, and it can be maintained by community outside of Sun's system.

On CTI editor, the source and target segments are laid out side by side. Segments means a minimum translation unit, which is usually a sentence or words of title or table entity. Block tags which define the layout of the segments will not appear in the segment field, you do not have to worry about the risk of collapsing the layout.

I have used CTI for OpenSolaris.org registration page translation project, and it worked well. Also, the features I submitted as "mandatory" have now been implemented, so I am going to use CTI more actively for my projects.

CTI is still under the development, and I have many requests... but I know the resource is limited. Now I see the CTI team is running a survey to ask which feature you want the most. So, let's participate this survey and tell them what we want !! Here is the link to the survey and CTI blog entry↓


Blog Entry: http://blogs.sun.com/cti/entry/cti_tool_survey

The survey is accessible from the main page of the CTI tool or directly at a  Survey Tool.

月曜日 2 23, 2009

楽しかった OSC (I enjoyed OSC!)

わーい! 楽しくて苦しい 3 日間がおわりました。一日目は中国から日本に出張にきてくれたボスとのミーティングとチームでディナー (苦しいのはこっちではなくて通勤です!往復 4 時間!)、二日目は OSC 1 日目、そして二日目はいよいよ本番 OSC 2 日目でコミュニティーデー + スピーチする日... ああ、これが緊張するのよ!

OSC 1 日目は静かなスタートでした。でも自分にとっては出展を最初から最後までホストするのは初めてのことだったので緊張しました。これまでは、ほかの人が設定した枠の中でちょこっとスピーチするだけだったので、あらためて、チームメンバーがこれまでしてくれていたことに感謝しました。。。PC をネットに接続したり、デモに使うツールやリンクを設定してくれたり、荷物の配送をしてくれたり、片貝さんには本当にお世話になりました。ありがとうございます!

展示コーナーでは OmegaT プロジェクトの Jean Christophe Helary (JC) さんと一緒に「翻訳・L10n よろず相談」をしました。JC が、キュートな看板を作ってくれたんですよ。写真ができたらアップしますね。

OmegaT に関する質問は JC が、Sun の関わっているオープンソースプロジェクトについてはわたしが答えました。そして、全般に関わること、たとえば「品質を維持しながら、翻訳してくれる貢献者を増やすにはどうすればいいか」といった「普遍的な」問題については、みんなで話し合いました。

1 日目にあった OmegaT セッションでは、JC が 2.0 の機能について話してくれました。わたしがもっとも注目したのは、メモリーと用語集を読み込む早さが超スピードアップしていたこと。これがわたしの悩みの種だったんですよ。解決されたのは、うれしいなあ。

2 日目はコミュニティーデーで、朝からたくさんの方がわたしたちの展示室に来てくれました。OpenOffice.org のメンバーに会えたのも、嬉しかったです。これまでメールでしかやりとりしていなかった人に会えるのは、本当に嬉しい。

さて、(自分にとっては) メインイベントの翻訳セッションが 1 時から始まります。始める前に、PC からプロジェクターにスライドを映してっっと... と片貝さんが設定してくれているのですが、なかなか映りません。10 分前... まだ映りません。6 分前... なんでー? これでいけるはずなのに... 3 分前... 「ホワイトボードに書いて頑張るか」と決意を固めました。

結局、PC (Vista!) はあきらめて、OpenSolaris 経由で (USB で運んで) 映すことに成功しました!よかったーーー。詳しいことはわからないけど、恐るべし Vista。アイラブ OpenSolaris。

あんまり緊張感高まったので、「ネイティブランゲージで話してもいいですか?」と、来てくれた方々にお願いして「大阪弁」でしゃべらせてもらいました。いやー、初めてだったけど、いいね!大阪弁スピーチ。なんにも考えないでも言葉が出てくるって素晴らしい。

OpenOffice.org メンバーの久保田貴也さんが送ってださった写真を、英語のあとにアップしていますので、ご覧になってくださいね。久保田さん、ありがとー。プレゼンの内容については、また後日詳しく書きますね。

English:

Yea-! I've survived my happy&hard three days! Day 1 - Meeting my boss visiting Japan from China and fun dinner with our team (this is not hard, but commute to the office was! -- 4 hours for round trip), Day 2 - OSC 1st day, Day 3 - OSC Community day and ran a talk session.

OSC 1st day was a little quiet, which was good for me to start. This is the first time I experienced whole process of hosting a corner and making a talk session. I used to join just a part of it as a guest speaker, but this time, I was the owner (I realized how many tasks that my colleagues had done for me). I am sure I could not start a day without Masaki's help to make a internet connection, setup all the links and tools on PC, and manage the baggage delivery.

We hosted a joint corner with OmegaT project core contributor, Jean Christophe Helary (JC), with the name "All Sorts of Consultation for Translation/Localization". He created a wonderful sign board for us. (I will show you later when I gets the photo).

He answered questions about OmegaT, and I did about Sun-associated open source projects, and we all discussed together how to lead the translation project - what is the best process to keep quality while increasing the contributors. I know it is a common and good issue to work on for all the projects.

I enjoyed OmegaT talk session by JC. He talked about the new features on 2.0 release. It was great the load time of glossary and memory is improved dramatically! To be honest, that was the major problem for me that loading large reference TM takes so long time.

OSC 2nd day was Community day. It was a big change from yesterday. From the beginning, there were lots of visitors coming to our room. I met two of OpenOffice.org contributors, for the first time, to whom I have been communicating only by email. It was great to see them in person.

My talk session was from 1pm. There was a happening before my talk. My slide could not be projected on the screen with all the connections set up! Masaki and my colleagues worked very hard on the setting, but screen was black... now, it's 10 minutes before the start... still blank screen... 6 minutes, nothing changed... I kept praying... 3 minutes... almost giving up and started to think how I write my thoughts on the white board.

Then, finally, we gave up Windows (Vista!) and transfered my PDF (by USB) to OpenSolaris. Then it worked!
I love OpenSolaris !

I was so nervous and tensed by this happening, so I asked for permission to my audience "May I speak in my native language ?" It is Osaka dialect (Oosaka-ben). They smiled and nodded - thank you!.

Here's some photos an OpenOffice.org contributor, Takaya Kubota, sent me (thanks!).
I will write more about the contents of my preso later this week :-)

月曜日 2 16, 2009

OSC Tokyo/Spring に出展します (Talk&Exibit corner on OSC Tokyo/Spring)

Open Source Conference 2009 Tokyo/Spring というイベントに、「各種翻訳プロジェクト」というアバウトな名前で参加します。(代表名として OpenSolaris 翻訳プロジェクトにしています)

お近くの方は、是非お越しくださいませ。セッションのほかに、展示コーナーも設けています。Mozilla, OpenOffice.org などの近くにいると思いますので、見かけたら声をかけてくださいね。

セッションでは、OpenSolaris、OpenOffice.org、GlassFish、NetBeans での翻訳プロジェクトの活動内容を紹介して、翻訳の面白さ、翻訳という貢献がいかに求められているか、といったことを話したいと思っています。展示コーナーでは、OmegaT プロジェクトと合同で、「翻訳・l10n よろず相談」を行います。翻訳でこんなことで困っているんだけど、、、といったことについて情報交換できるといいなと思います。相談じゃなくても、オープンでフリーで使える翻訳サポートソフトウェアを (知っている範囲で) 紹介したいと思います。今考えているのは、OmegaT、CTI、SunGloss、日本語スタイルガイドです。

http://www.ospn.jp/osc2009-spring/

2009年2月20日(金)・21(土) 10:00-17:30(最終日は16:30まで)

日本電子専門学校 7号館(東京都新宿区・JR大久保駅 南口 徒歩2分

http://www.ospn.jp/osc2009-spring/modules/eventrsv/index.php?id=2&noform=1

13:00-13:45

オープンソースソフトウェアを日本語で使おう !

サンの参加するコミュニティーから翻訳・ローカライズの具体例を紹介

担当:OpenSolaris、OpenOffice.org、GlassFish、NetBeans翻訳プロジェクト

講師:斎藤玲子、片貝正紀(サン・マイクロシステムズ株式会社)

今回は、サンの会社枠ではなく、コミュニティーの一員として出展するのです。片貝さんが一緒に出てくれるんですが、ドキドキします。。。当然だけど、全部自分で準備しないといけないし。。。がんばりまーす。

English:
I am going to make a presentation and host a exhibition corner at
Open Source Conference 2009 Tokyo/Spring, with the very "flexible" name "Various Translation Projects" :-) (though, use the representative name as "OpenSolaris translation project).

Please visit our session and corner if you can! I will be located in the same room as OpenOffice.org or other desktop projects.

In my talk session, I plan to introduce what we are doing with OpenSolaris, OpenOffice.org, GlassFis, NetBeans translation projects, and share how you can enjoy translation and contribution in those projects. Also, I would like to insist how important and welcomed your translation contribution will be. In the exhibition corner, I will offer "Consultation about Translation and Localization" jointly with OmegaT project. What I can do may be limited to what I know, but want to talk to those who are interested in translation/localization. What I and JC (Jean-Christophe Helary) are going to show is OmegaT, CTI, SunGloss, and Japanese styleguide (Open Translation site).

Here is the detail:

http://www.ospn.jp/osc2009-spring/

http://www.ospn.jp/osc2009-spring/modules/eventrsv/index.php?id=2&noform=1

13:00-13:45

Let's use Opensource Software in your language!

We will show examples of Sun-related translation projects.

Project Name:OpenSolaris、OpenOffice.org、GlassFish、NetBeans Translation project

Speaker:Reiko Saito, Masaki Katakai

This time, I will join this event as one of community members, not as Sun. Masaki supports me, but I am very nervous since this is the first time to manage everything myself. But I will pull myself together and do my best!

水曜日 1 07, 2009

コミュニティー翻訳エディタ (CTI, Community Translation Editor)

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

さて、いきなりですが、Sun Tech Days の Globalization ブースでも紹介していた CTI (Community Translation Editor) を紹介します。

これは、まだ開発段階のものですが、完成した暁には、サンで持っている翻訳データベースからマッチするものを最大限に利用して、タグや更新部分がどこかということをまったく気にすることなく、翻訳作業に集中できるというものです。これまでオープンソースではなかなか対応できなかった SGML も、これなら大丈夫!.... のはず !!

社内にプロジェクトチームがあって、日本語とチェコで開発しているのですが、そのチームがフィードバックを欲しがっています。ブログは、こちらです。わたしも興味があるので、コメントいっぱい出しています。ブログの日本語化もしてみました。ベータ版がありますので、みなさんも是非触ってみてください。そして、こんな機能が欲しい、ってコメントしてくださいね。わたしのブログでも、CTI のブログでも。

English:

It's a little late, but let me send you the new year greeting! How have you been in the winter break ? I have been with my parents and brother/sisters and talked a lot over wonderful sake and wine...:-).

Today, let me introduce CTI, Community Translation Interface (CTI). This is still under the development, but once it completes, we do not have to worry about the complexity of SGML structure/tags nor the difference from the past release, and leverage the max of the existing Sun translation database. Isn't it fascinating ?

We have a project team in Prague and they want to get more feedback. I am communicating with them and sent lots of requests already, but not enough ;-) I also joined a authoring member of their blog, and added Japanese translation. Please take a look of this blog, try CTI, and send your comments to us!

水曜日 12 10, 2008

Sun Tech Days の思い出 (Memories of Sun Tech Days 2008)

すでにタイトルは「思い出」となっていて、まるで去年のことのようですが。。。今日は Sun Tech Days 2008 の感想を書いてみようと思います。

昨年は「オープンソースソフトウェアを日本語で使ってみませんか?」というメッセージでした。一歩進んで今年は「日本語コミュニティーに入ろう」という部活の勧誘の装い。各コミュニティーで何をやっているか、どうやったら入れるか、どんなことができるのか、わかるのか... などをまとめた冊子を配り、各種プロジェクトの担当者がブースに立って説明・お話して、率直な感想やご意見を伺う... ということをやりました。

わたしの感想は... 日本語コミュニティーのことを知っている人が増えて嬉しい! というのが一番。二番目は、メールでしか話したことのない方々と直接会えて話すことができて楽しかった! です。一日目のレセプションでは飲んだり食べたり、ちょっとしたパーティー気分でリラックスしてお話できたし。

記念すべき、わたしの「初めて」は、Lightening Talk に参加したことでした。ほかの人みたいに上手に面白くはできなかったけど、でも頑張ったからいいもん! と自分を励ます私。話した内容は OpenSolaris 日本語プロジェクトでした。ここにアップロードしておきますので、よろしかったらご覧になってください。

そして、記念撮影をぱちり。
同僚の俣野宏子さんと

English:


The title is like a memory of long time ago... but it's just a week! I am going to write about what I felt at Sun Tech Days 2008.

Last year, our message was "Why don't you use Open Source Software in your language ?". This year, "Let's join Japanese community of your favorite OSS software" - a big step forward. I realized more and more people recognize what's community and are interested how to join. This year's Pod activity is like a college festival - inviting new graduates to our "club" activities. We handed out Sun Community Guide Book, introduced the projects by responsible engineers, talk and exchange thoughts with users...

My overall comments are ... No.1: I was very happy to see more people are aware of or interested in OSS and it's Japanese community. No.2: I was excited to meet people in person, especially those who I talked with only by emails. We enjoyed drinking and eating at the reception on the first day evening together.

My momentum is the first experience of making Lightening Talk. I wished I could have made a enjoyable presentation with lots of humor like others, but I did my best... (so, it's OK OK, Reiko! -- I am talking to myself ;-) ). What I talked about is OpenSolaris translation project. Here's the slide that I translated for this blog :-)

Here's a snap from our Pod...With my fried and colleague, Hiroko

月曜日 12 08, 2008

誰か 2008.11 Release Notes 翻訳してください (Anybody translate 2008.11 Release Notes ?)

まだ manpage プロジェクト進行中ですが、ここで緊急のお願いが! どなたか、2008.11 Release Notes を翻訳してくれる方、いらっしゃいませんかーーー? 諸事情により、リリースノートについては社内で日本語版を翻訳できるかどうか微妙なところなのです。内容はバグのリストで、分量は 6000 words (A4 x 25 pages ぐらい)、フォーマットは HTML です。日程は...

- 12/8-9: 募集期間 (この間に、どなたか「やってみようか」と声を掛けてください)

- 12/8-15: 翻訳期間 (12/15 中にファイルを reiko-dot-saito-at-sun-dot-com 宛てに送ってください)

- 12/16: わたし (斎藤 玲子) が査読させていただきます。必ずフィードバック差し上げます。

- 12/17: 仕上げ・Web に載せる

... と、鬼のようなハードスケジュール。。。「なんじゃそりゃー!」という声が、ちゃぶ台と一緒に飛んできそうで怖いです。... しかしそこを何とか... どなたか協力していただけませんか ? :-)

詳細は、wiki ページにあります: http://wikis.sun.com/display/g11n/Japanese

OmegaT などの翻訳メモリーは使っても使わなくても、どちらでもいいです。とにかく、日本語にするのに協力してください。よろしくお願いします!


English:

Though the manpage translation project is still on its way, now I have an urgent request for all who is interested in OpenSolaris and/or translation. We need help for 2008.11 Release Notes translation for Japanese ! For some reasons, Sun may not be able to translate 2008.11 Release Notes on time. It would be great if somebody helps us to translate this document. Release Notes is like a list of bugs and their workarounds. Format is HTML, and volume is approximately 6000 words (can be converted into 25 sheets of Letter-size paper). The schedule is ...

- 12/8-9: Waiting for contributors (If interested, please let me know)

- 12/8-15: Translation (Please send me translated file by 12/15 at reiko-dot-saito-at-sun-dot-com)

- 12/16: I will review your translation and send you feedback.

- 12/17: Finalize and publish to Web.

... I know it is extremely tight schedule. (I see you are about to throw the things to me...) but, don't be mad and help us please? :-)

Details are up on the wiki page: http://wikis.sun.com/display/g11n/Japanese

This time, using Translation Memory Editor like OmegaT is not mandatory. Just help us to translate 2008.11 Release Notes into Japanese. Looking forward to hearing from you!

About

user13133135

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日
Bookmarks