月曜日 2 23, 2009

楽しかった OSC (I enjoyed OSC!)

わーい! 楽しくて苦しい 3 日間がおわりました。一日目は中国から日本に出張にきてくれたボスとのミーティングとチームでディナー (苦しいのはこっちではなくて通勤です!往復 4 時間!)、二日目は OSC 1 日目、そして二日目はいよいよ本番 OSC 2 日目でコミュニティーデー + スピーチする日... ああ、これが緊張するのよ!

OSC 1 日目は静かなスタートでした。でも自分にとっては出展を最初から最後までホストするのは初めてのことだったので緊張しました。これまでは、ほかの人が設定した枠の中でちょこっとスピーチするだけだったので、あらためて、チームメンバーがこれまでしてくれていたことに感謝しました。。。PC をネットに接続したり、デモに使うツールやリンクを設定してくれたり、荷物の配送をしてくれたり、片貝さんには本当にお世話になりました。ありがとうございます!

展示コーナーでは OmegaT プロジェクトの Jean Christophe Helary (JC) さんと一緒に「翻訳・L10n よろず相談」をしました。JC が、キュートな看板を作ってくれたんですよ。写真ができたらアップしますね。

OmegaT に関する質問は JC が、Sun の関わっているオープンソースプロジェクトについてはわたしが答えました。そして、全般に関わること、たとえば「品質を維持しながら、翻訳してくれる貢献者を増やすにはどうすればいいか」といった「普遍的な」問題については、みんなで話し合いました。

1 日目にあった OmegaT セッションでは、JC が 2.0 の機能について話してくれました。わたしがもっとも注目したのは、メモリーと用語集を読み込む早さが超スピードアップしていたこと。これがわたしの悩みの種だったんですよ。解決されたのは、うれしいなあ。

2 日目はコミュニティーデーで、朝からたくさんの方がわたしたちの展示室に来てくれました。OpenOffice.org のメンバーに会えたのも、嬉しかったです。これまでメールでしかやりとりしていなかった人に会えるのは、本当に嬉しい。

さて、(自分にとっては) メインイベントの翻訳セッションが 1 時から始まります。始める前に、PC からプロジェクターにスライドを映してっっと... と片貝さんが設定してくれているのですが、なかなか映りません。10 分前... まだ映りません。6 分前... なんでー? これでいけるはずなのに... 3 分前... 「ホワイトボードに書いて頑張るか」と決意を固めました。

結局、PC (Vista!) はあきらめて、OpenSolaris 経由で (USB で運んで) 映すことに成功しました!よかったーーー。詳しいことはわからないけど、恐るべし Vista。アイラブ OpenSolaris。

あんまり緊張感高まったので、「ネイティブランゲージで話してもいいですか?」と、来てくれた方々にお願いして「大阪弁」でしゃべらせてもらいました。いやー、初めてだったけど、いいね!大阪弁スピーチ。なんにも考えないでも言葉が出てくるって素晴らしい。

OpenOffice.org メンバーの久保田貴也さんが送ってださった写真を、英語のあとにアップしていますので、ご覧になってくださいね。久保田さん、ありがとー。プレゼンの内容については、また後日詳しく書きますね。

English:

Yea-! I've survived my happy&hard three days! Day 1 - Meeting my boss visiting Japan from China and fun dinner with our team (this is not hard, but commute to the office was! -- 4 hours for round trip), Day 2 - OSC 1st day, Day 3 - OSC Community day and ran a talk session.

OSC 1st day was a little quiet, which was good for me to start. This is the first time I experienced whole process of hosting a corner and making a talk session. I used to join just a part of it as a guest speaker, but this time, I was the owner (I realized how many tasks that my colleagues had done for me). I am sure I could not start a day without Masaki's help to make a internet connection, setup all the links and tools on PC, and manage the baggage delivery.

We hosted a joint corner with OmegaT project core contributor, Jean Christophe Helary (JC), with the name "All Sorts of Consultation for Translation/Localization". He created a wonderful sign board for us. (I will show you later when I gets the photo).

He answered questions about OmegaT, and I did about Sun-associated open source projects, and we all discussed together how to lead the translation project - what is the best process to keep quality while increasing the contributors. I know it is a common and good issue to work on for all the projects.

I enjoyed OmegaT talk session by JC. He talked about the new features on 2.0 release. It was great the load time of glossary and memory is improved dramatically! To be honest, that was the major problem for me that loading large reference TM takes so long time.

OSC 2nd day was Community day. It was a big change from yesterday. From the beginning, there were lots of visitors coming to our room. I met two of OpenOffice.org contributors, for the first time, to whom I have been communicating only by email. It was great to see them in person.

My talk session was from 1pm. There was a happening before my talk. My slide could not be projected on the screen with all the connections set up! Masaki and my colleagues worked very hard on the setting, but screen was black... now, it's 10 minutes before the start... still blank screen... 6 minutes, nothing changed... I kept praying... 3 minutes... almost giving up and started to think how I write my thoughts on the white board.

Then, finally, we gave up Windows (Vista!) and transfered my PDF (by USB) to OpenSolaris. Then it worked!
I love OpenSolaris !

I was so nervous and tensed by this happening, so I asked for permission to my audience "May I speak in my native language ?" It is Osaka dialect (Oosaka-ben). They smiled and nodded - thank you!.

Here's some photos an OpenOffice.org contributor, Takaya Kubota, sent me (thanks!).
I will write more about the contents of my preso later this week :-)

月曜日 11 10, 2008

もうすぐ Sun Tech Days! (Sun Tech Days coming soon!)

気が付けば、前のブログから 1 ヶ月もたってしまっているではないですか ! いけないわ〜。思っているだけじゃなくて、言葉にしていかないと。

このごろ寒い日が続きますね。鼻がツンとして、ほっぺたが冷たくて、「えっ、12 月だっけ !?」と気持ちがあせってしまいます。12 月には Sun Tech Days があるんですよ〜。

今年も出します、コミュニティーの展示コーナー。去年の展示では「オープンソースソフトウェアを翻訳しよう」というメッセージを出して、翻訳に関するツールの紹介をしました。あれから 1 年、より多くの OSS で日本語コミュニティーが生まれ、育ってきています。今回は、それらの日本語コミュニティーを紹介して、一緒に何かしようよ、というお誘いの場にしたいと思っています。

今、ちょうどパネルを作成中... このほかに、各コミュニティーを紹介する小冊子、あなたはどんな OSS ユーザー? という診断をするゲームなど、企画中です。うふふ、自分が一番楽しみだったりして。

English:

Wow! It's been a month since I wrote my last entry. How bad girl I am. I know I have to express what I am thinking more often. I've been thinking only in my head and did not express enough to all.

It's been cold these days. Chilly wind clears my sinus and freezes my cheek... it is an exceptional weather at this time of the year, and I feel as if it is already happy Christmas season. Talking about Christmas, we will have another happy festival in December: Sun Tech Days 2008!

We're going to host Community Pod again. Last year, our message was "Let's translate Open Source Software in your language", and we introduced various translation support tools. It's been a year and more and more Japanese communities were born and raised for various OSS. This year, we will introduce them one by one and invite you to join us.

Now, I am making the panel to tell our message - Join Japanese community. In addition to that, we are planning to present a booklet carrying JA community information, "What type of OSS user are you?" game, and etc... yes, I am already enjoying this event. Planning is so much fun.

火曜日 9 09, 2008

shaped window はどう訳す ? (How would you translate "shaped window"?)

Bug description is a tough one to translate. Release Notes includes many of the bug information which is described in only one sentence. Most of them are reused from "synopsis" of bug report or issue in Bug/Issue tracker. To translate them correctly, I always look into the bug description body. Sometimes it takes 10 - 20 minutes to translate just one line !

Yesterday, I reviewed and corrected the translation of "shaped/translucent window" in the acceptance check. The original translation of "shaped" was "with shadow". I assumed a translator took it as "shaded". The reviewer corrected it to "formed" or "molded". It is correct literally since "to shape" is to make a form. But, it sounds strange and does not make sense to me - "Need support for shaped/translucent window". What is formed window ?

I searched on the web and assumed it is a Java implementation of the window to add pop-up window to the static display, and "shaped" may mean the window whose shape is defined somewhere by such as draw(Shape, s)... I know this is not the perfectly correct answer, but assumed (hoped) not far from it. So, changed the translation into "Need support for the translucent window whose shape is defined." Also, I added (shaped) to the end so that it rings a bell of the users who knows how to program it.

This is my typical way to determine the translation of unknown term in time. I used to spend more time - it was too scary to select uncertain translation with less information. I wanted to be perfect... that approach worked well when I was junior. I had more time that I can use for myself. Now the time goes by and I would be a bottleneck if I keep the same style. I do enjoy the management job, but sometimes miss the dedicated time for translation. That's why I like to be a member of open source software community!

日本語:

バグ情報の翻訳は、やっかいです。リリースノートには、大抵、バグ情報がたくさん載っていますが、そのほとんどは、バグ ID と説明がちょろっとあるだけ。バグレポートの synopsis (要約) からの引用なので、ほんとにそっけなーい文章です。意味がわかるように翻訳するには、バグレポートの中身を読むことが多いので、一つの文章を訳すのに 10 分も 20 分もかかることがあります。

昨日、そのような翻訳で「shaped/translucent window」という表現の翻訳・査読結果を修正しました。翻訳会社さんに訳してもらった結果を、わたしのチームのレビューアが査読するのですが、その結果の受け入れ検査です。元の翻訳は「陰付き/半透明ウィンドウ」でした。これは「shaped」を「shaded」と間違っているものと思われます。レビューアは、これを「成形/半透明ウィンドウ」と修正していました。うーん、確かに shaped は形を作るという意味なので、あっているんですが、「成形ウィンドウ」ってなんですか !? と思って、調べてみることに。。。

Web で検索してみると、どうも Java の実装で、ポップアップウィンドウの一種のようでした。そして (勇敢にも) 形を指定する際に shape というキーワードを使うのではないか... と予想しました e.g. draw(Shape, s)。ここで暴露するのは恥ずかしいのですが、たぶんこれは大間違いではないけど、大正解でもないでしょう。役に立つ度合いを上げるために、(ユーザーが、あ、これね、とわかってくれることを祈って)、(shaped) と補足で説明を入れました。結果、「形状指定 (shaped)/半透明ウィンドウ」としたのでした。

これは、意味のよくわからない単語の訳を「時間内に」決めるときの典型的な流れです。昔は、もっともっと時間を使ってたなぁ。。。だって、よくわからないのに訳を決めるなんて、怖すぎる。失敗して恥かきたくないし! というのが本音でした。そういう気持ちは、まだ経験の浅いときには、とても役に立ちました。勉強するぞ、という原動力になったし、そのための時間も持てたからね。。。でも今は、それをやっていると「ボトルネック」になってしまうのよ〜。。。(あ、ボトルネックってわかりますか ? 瓶の入り口が狭まっているところのことを指していて、流れがきゅーっと止まってしまうことを例えて言うんですが。日本語では何ていうのかな、あぁ、思いつかない。)

管理の仕事は、大きな流れを生み出すという点で面白いんだけど、ときどき、翻訳に没頭していた頃を懐かしく思い出します。だから、オープンソースソフトウェアに関わる仕事は、とても好きなんです。だって、ひとりの翻訳者・査読者として貢献できるもの!

About

user13133135

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日
Bookmarks