金曜日 6 08, 2007

趣味は読書

っていうと、「ふーん...」と思ってしまうのは私だけ? 自分でも読書大好きなのに、趣味の欄に「読書」ってあるのを見ると、どうも退屈な感じがしてしまう。とっかかりにくいっていうか。どうしてだろう、、、と考えていたんですが、たぶんテーマが広すぎるんですよね。

ひとくちに読書っていっても、いろんなジャンルがあるし、どのぐらいの頻度で読むのか、いつ読むのか、どんな気分で読むのか、どのぐらいの分量を読むのか、千差万別なので、なかなか「そうなんだ!」とリアクションできないのではないか。

たとえば、わたしは、ミステリー、推理小説、江戸時代の捕物帖、スピリチュアル系、ドキュメンタリーなどが好きで、必ず鞄に一冊は文庫が入っており、あいた時間があると読まずにはいられません。ほとんど活字中毒。

一方、友人は歴史小説が好きで、彼女の本棚には、三国志とか徳川家康とか、同じ名前で巻数を示す番号が違うっていう本がずらーーーっと並んでいます。読むときは集中して読むけど、普段はあまり読まない。

こういう違いがあると、趣味が同じ「読書」でも、「そうそう!それでねー!」と盛り上がるわけにはいかないよね。。。であるので、「読書」とひとくくりにしてしまうのは、あまりに乱暴ではありませんか。

よし、わたしはこれから、趣味は何ですかって聞かれたら、「何かを読むことで、それは新聞でも
小説でも雑誌でもいいです。でも本屋さんでいつも探すのは、ミステリー、推理小説、スピリチュアル系、ドキュメンタリーなんかです。」って言おう!。。。って、長いわ〜。だからやっぱり「読書」ってなっちゃうのよね。何かいい方法ないですか、楽しそうに聞こえる趣味の紹介方法。

About

user13133135

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日
Bookmarks