TC Simposium

TC シンポジウムのパネルディスカッション、無事に終わりました。来てくださったみなさん、ありがとうございました。たぶん会場に来てくださったみなさんには、「オープンソースソフトウェア (当日は Free/Libre Open Source Software, FLOSS と呼んでいました)」という概念は新しいのではないかな?と思って、「オープンってなに?」と「日本の FLOSS プロジェクトの実際」について話しました。河野さんとエラリーさんは、それぞれ「ベンダーロックインという懸念」「OmegaT プロジェクトとは?」といったトピックについて話してくれました。ストーリーとしては、「ベンダーロックインでいいんですか?」→「オープンという選択肢もあるよ」→「例として OmegaT ってね...」→「企業発の FLOSS プロジェクトの例と、参加方法」→「TAUS で言語資源を共有しようという動きも...」→「もっと FLOSS に関わろう」という感じ。


最後に少しだけ、ディスカッションコーナーがあって、どうやって関わっていくのがいいのか?ということを話し合いました。パネルディスカッションって、初めての経験でドキドキした~。打ち合わせもいっぱいして、どういうメッセージを会場に来てくれた方に送りたいか、それぞれのトピックの関連性をどうやって深めていくか、「激論」しましたよ~。準備をがんばった分、当日はとても楽しかった。Open Source Conference (OSC) では、ひとりで準備してひとりでプレゼンして... だったので、チームでプレゼンするのは新鮮でワクワクしました。チームプレーってやっぱり好きだわ。


進行は山形インテックの中村さん。中村さんってユニークな方ですよね。ふだんはユーモアいっぱいでおっとりした雰囲気なんですが、プレゼンになると、強い熱意がビシビシと伝わってくる熱いトークを展開されます。横で聞いていて、熱かったです。


企画してくださったのは、中村さんとアヴァシスのみなさん。誘ってくださってありがとうございました。欲張って言えば、FLOSS とプロ翻訳者との関係や機械翻訳との連携などについても話したかったのですが、それは次の機会に。









Answer Questions


1-on-1

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。
About

user13133135

Search

Archives
« 7月 2015
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
       
今日
Bookmarks