shaped window はどう訳す ? (How would you translate "shaped window"?)

Bug description is a tough one to translate. Release Notes includes many of the bug information which is described in only one sentence. Most of them are reused from "synopsis" of bug report or issue in Bug/Issue tracker. To translate them correctly, I always look into the bug description body. Sometimes it takes 10 - 20 minutes to translate just one line !

Yesterday, I reviewed and corrected the translation of "shaped/translucent window" in the acceptance check. The original translation of "shaped" was "with shadow". I assumed a translator took it as "shaded". The reviewer corrected it to "formed" or "molded". It is correct literally since "to shape" is to make a form. But, it sounds strange and does not make sense to me - "Need support for shaped/translucent window". What is formed window ?

I searched on the web and assumed it is a Java implementation of the window to add pop-up window to the static display, and "shaped" may mean the window whose shape is defined somewhere by such as draw(Shape, s)... I know this is not the perfectly correct answer, but assumed (hoped) not far from it. So, changed the translation into "Need support for the translucent window whose shape is defined." Also, I added (shaped) to the end so that it rings a bell of the users who knows how to program it.

This is my typical way to determine the translation of unknown term in time. I used to spend more time - it was too scary to select uncertain translation with less information. I wanted to be perfect... that approach worked well when I was junior. I had more time that I can use for myself. Now the time goes by and I would be a bottleneck if I keep the same style. I do enjoy the management job, but sometimes miss the dedicated time for translation. That's why I like to be a member of open source software community!

日本語:

バグ情報の翻訳は、やっかいです。リリースノートには、大抵、バグ情報がたくさん載っていますが、そのほとんどは、バグ ID と説明がちょろっとあるだけ。バグレポートの synopsis (要約) からの引用なので、ほんとにそっけなーい文章です。意味がわかるように翻訳するには、バグレポートの中身を読むことが多いので、一つの文章を訳すのに 10 分も 20 分もかかることがあります。

昨日、そのような翻訳で「shaped/translucent window」という表現の翻訳・査読結果を修正しました。翻訳会社さんに訳してもらった結果を、わたしのチームのレビューアが査読するのですが、その結果の受け入れ検査です。元の翻訳は「陰付き/半透明ウィンドウ」でした。これは「shaped」を「shaded」と間違っているものと思われます。レビューアは、これを「成形/半透明ウィンドウ」と修正していました。うーん、確かに shaped は形を作るという意味なので、あっているんですが、「成形ウィンドウ」ってなんですか !? と思って、調べてみることに。。。

Web で検索してみると、どうも Java の実装で、ポップアップウィンドウの一種のようでした。そして (勇敢にも) 形を指定する際に shape というキーワードを使うのではないか... と予想しました e.g. draw(Shape, s)。ここで暴露するのは恥ずかしいのですが、たぶんこれは大間違いではないけど、大正解でもないでしょう。役に立つ度合いを上げるために、(ユーザーが、あ、これね、とわかってくれることを祈って)、(shaped) と補足で説明を入れました。結果、「形状指定 (shaped)/半透明ウィンドウ」としたのでした。

これは、意味のよくわからない単語の訳を「時間内に」決めるときの典型的な流れです。昔は、もっともっと時間を使ってたなぁ。。。だって、よくわからないのに訳を決めるなんて、怖すぎる。失敗して恥かきたくないし! というのが本音でした。そういう気持ちは、まだ経験の浅いときには、とても役に立ちました。勉強するぞ、という原動力になったし、そのための時間も持てたからね。。。でも今は、それをやっていると「ボトルネック」になってしまうのよ〜。。。(あ、ボトルネックってわかりますか ? 瓶の入り口が狭まっているところのことを指していて、流れがきゅーっと止まってしまうことを例えて言うんですが。日本語では何ていうのかな、あぁ、思いつかない。)

管理の仕事は、大きな流れを生み出すという点で面白いんだけど、ときどき、翻訳に没頭していた頃を懐かしく思い出します。だから、オープンソースソフトウェアに関わる仕事は、とても好きなんです。だって、ひとりの翻訳者・査読者として貢献できるもの!

投稿されたコメント:

Yes, this takes me back to my days as a translator too! I can remember translating 95% of a document in just a few minutes and then spending hours researching that last 5%. Like you, I wanted everything to be perfect. FWIW I have no idea what a shaped window is and English is my native language. I think Technical English should be considered its own dialect. :)

Posted by melanie gao on 9月月 09日, 2008年 at 04:47 午前 JST #

Hi Melanie,

It's great we share the same experiences. I know
I have to be free from the obsession to be perfect,
which is impossible for most of the time, But....

It's also great that you let me know even you
do not understand what "shaped window" is !

I want to learn more about software, and
the translation is the good starting point.

-Reiko

Posted by Reiko Saito on 9月月 09日, 2008年 at 08:31 午前 JST #

>reiko さん

「着手してからリリースまでの時間内に、翻訳の品質を保つこと」と文章にはできますが。。。

"Release Notes"の翻訳の舞台裏を垣間見た気がします。
(「OpenSolaris 2008.05 入門」の日本語に優しさを覚えた理由も・・・)

>How would you translate "shaped window"?
実際にリリースされた製品を使えば、「これを言っているのか!!」とか「このことか!!」とか。。。
ダメでしょうか?

製品のリリース時期と翻訳のリリース時期が重なるから多分無理でしょうね。

>「ボトルネック」
私の周りでは、市民権を得ています。
機械系なので、はやとちりをして「ボルトネック」と読んでしまった人がいたような。。。

どちらにしても「ネック」は大切です。「問題点」とすることもあります。

「それが "ボトルネック" となっています。」 → 「それが "ネック" です。」 → 「それが "問題点" です。」

ちなみに、「首が回らない」は、どのような表現になるのでしょうか?

Posted by susumu honda on 9月月 09日, 2008年 at 02:18 午後 JST #

honda さん、こんにちは。
ボトルネック、市民権あるんですね。ありがとうございます。

首が回らないって、「借金で首が回らない」っていうやつですか ? それ以外の用途を思いつかないんですけど...
I am deep in dept かな。借金で苦しい様子を首で表現するのは日本語の慣用表現だけど、英語ではどうなんでしょう。

Posted by Reiko Saito on 9月月 10日, 2008年 at 04:32 午前 JST #

reiko さん
ありがとうございます。

>I am deep in dept かな。
I am deep in debt ?。

"dept" を辞書で覧たところ、んっ! "dept." → "department"。。。

改めて、"deep" を覧ると、"be deep in debt" → 多額の借金を背負っている。(そのまんま。。。かい?)

ちなみに、"in deep water(s) → water." とあったので、"water" の項目を調べました。

"in deep water(or waters)" → "ひどく困って、苦境に立って、"とありました。

他にも、above water (水上に浮かんで;(経済的に)困らないで、)とか、"hold water"、"throw cold water on ~ " とありました。

"首" の慣用表現(日本語)から浮かぶイメージの一部は、"water" のイメージで表現するのかな。。。
でも、日常会話で使用していないとムリのような気がします。

Reiko さんに、"be deep in debt" とリードされたので調べることができました。ありがとうございます。

高校生時代に使用していた SANSEIDO 出版の THE NEW CROWN ENGLISH-JAPANESE DICTIONARY が、未だ手元にあるということは、"何をか言わんや" です。

Posted by susumu honda on 9月月 10日, 2008年 at 02:38 午後 JST #

祈ってください

Posted by 祈ってください on 2月月 08日, 2009年 at 03:25 午前 JST #

コメント
コメントは無効になっています。
About

user13133135

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日
Bookmarks