Open Source Conference 2009 Tokyo Fall Report レポート (Reporting on my OSC 2009 Tokyo Fall)

こんなに遅くなってしまって、恥ずかしいけど、OSC 2009 Tokyo Fall のことを書きます。(いや、色々あって... そのことは後で書きます)

蒲田の会場は、新しくて綺麗で清潔でした。スタッフのみなさんも優しくて感謝。

1 日目はセミナーはしなくて、一日、「l10n よろず相談」のコーナーにいました。椅子が二つにテーブル一つ、看板たててパネルをたてて、、、PC では OpenCTI/CTI や OmegaT、Pootle のデモをしました。「翻訳一緒にしませんか?」と笑顔で勧誘します。。。気のせいか前回より怪訝な顔をされる機会が減った感じが。よかった!みんなで翻訳って、以前より受け入れられつつあるかしら? 

二日目はセミナーがあったので、ちょっと緊張していました。自分の考えを自分の言葉で表現して、かつ、来てくれる方のニーズにも応えるようなものにしたいって思うと「大丈夫かなぁ」と不安がよぎります。昼休みに、ひとりでセットアップと練習してたら、LINBIT の Partner Relationship Manager で、一日目のオープニングトークをした Florian が「ハロー」と入ってきました。「いやー、緊張するわー」と話すと、「じゃあ、うまく話すコツを教えてあげよう」と、いくつかヒントを教えてくれました。しっかり立って声を前に響かせること、スライドより参加者の目を見ること、質問があったら繰り返して意味を確認すること、などなど。ふむふむ、どれも納得するわ。その通りできるかどうかは別として、、、でも頑張る!と気合いを入れました。

さて、いよいよセミナー。部屋はいっぱいになったので、たぶん 40 - 50 人ぐらい来てくれたのかな。ありがとうございました! Florian に教えてもらったとおりに、いっぱい息を吸い込んで大きな声で話しました。早口にならないように、一方通行にならないように、、、30 分ほどでスライド発表は終わり、残り 15 分ぐらいで質問を受けました。やったー、うまくいったー!!と終わり近くなって、マイクをしていなかったことに気づいてしまった! Florian には「マイクを有効に使うこと」って言われたのに。あかんやん、私。


プレゼン資料をアップしますね。英語と日本語、どちらも作りました。

セッションの合間に自分もあちこち回ってみました。やっぱり興味があるのは、翻訳関係です。Eclipse 翻訳で使い始めたという翻訳ツールが見たい!と思ってセッションにも出てみました。xliff ベースで翻訳して、翻訳メモリーを共有しつつ、用語も共有して、というシステム。OpenCTI と同じ発想ですね。やっぱり興味アルー。使ってみたいー。翻訳者募集の際には是非声をかけてくださいとお願いしておきました。

Ubuntu などの翻訳プロジェクトでは、何を使っているんだろう、と興味あります。今度機会があったらお話聞きたいなぁ。

English:

I feel so ashamed to post my report about OSC 2009 Tokyo Fall now, but let me try... (oh, many things have been happening... let me write about it later ...)

Event space in Kamata was brand new, clean, and beautiful! All of the staff members were so nice and kind - thank you so much!

1st day - no seminar for me. I sit all day in our corner "All Sorts of Consultation about Localization/Translation - Sun-related OSS / OmegaT project". 2 chairs, 1 table, 2 PCs (one for me, and one for JC), with panels. I ran a demo of Pootle and OpenCTI on my PC, and JC did OmegaT on his Mac. If someone is passing by, I take full of my courage, and ask "why don't you join our translation project ?" with a big smile :-) and give out a booklet "Sun Community Guidebook". As far as I remember, the number of people who looks surprised and annoyed, like "what is translation for OSS!?", becomes less and more people are interested in my talk. That's a great sign! I really hope "contribution by translation" is more popular in Japan.

2nd day - Seminar day for me. I has been nervous from the beginning. I like to talk and make a presentation, but sometimes feel so nervous that I have to express my thoughts clearly in my words, and have to meet the needs of the audience... I was setting up and doing a dryrun all alone in the seminar room, then, Mr. Florian Haas, Partner Relationship Manager from LINBIT, who made a wonderful opening speech on the 1st day came in to day Hi! I said "Oh, I am very nervous... Do you have any tips to share ?", then, he showed me some. Having a good posture, Taking a deep breath to keep a fresh air in your lungs, looking in the eyes of a few people, instead of reading the slides, and repeat the questions to share with other audience... Hummm what a great words of wisdom. Thank you Florian. I do not know if I can remember all, but I will try ...

Now, it's my seminar time. The room was full, so I guess 40 - 50 people came in.. Thank you!!! I did my best to talk clearly and slowly enough. I took 30 minutes for presentation and 15 minutes for Q&A. Closer to the end, I realized I forgot to use a microphone ... I might have been shouting... sorry Florian, you said "use your microphone effectively", but I failed to even use it...;-(


Here is my presentation slides in English and Japanese.

I have been around the corners in different rooms to see translation related projects. I wanted to see the translation systems for Eclipse, and attended that session. The translation editor will be available as open source and the system uses xliff format, leveraging translation memory and terminology database ... like OpenCTI. Wow, exciting, I want to try it ! So, asked them to let me know when the translation project is ready to go.

I wonder which editor, translation system, or project management method is used for other projects, such as Ubuntu ... I really want to discuss with them.

投稿されたコメント:

昨日は、京都で行われた関西在住の同窓会に出席しました。京阪三条駅近くの"有喜屋先斗町本店"です。
京都は、いつも素通りでした。風情が残る町並みでした。20:00 から名古屋は、金山。

ちょっと、強行軍をおこなって見ました。

さて、資料をダウンロードしようとしたところ、まだアップ出来ていないよう 404 のコードが帰ってきました。

寝る前にでも、もう一度トライです。

セミナーお疲れ様でした。
横縞が太めに。。。 (\^_\^); (\^_\^);

Pos.
少しづつですが、翻訳始めました。

Posted by 進む HONDA! on 11月月 09日, 2009年 at 09:06 午前 JST #

こんにちは。
先日の講演、勉強になりました。マイクなしでも充分聴きやすかったですよ。OmegaTでOmegaTのマニュアル翻訳を行ってます。スタイルガイド、参考にさせてもらってます。また何かあれば相談させてください。

Ubuntu翻訳に直接はかかわっていませんが、コミュニティ内で LaunchPad というWebアプリケーションで行われているようですね。pootle?に若干近いのでしょうか。
https://wiki.ubuntulinux.jp/Contribution/Translation
http://ja.wikipedia.org/wiki/Launchpad

Posted by masataka on 11月月 09日, 2009年 at 04:18 午後 JST #

<p>Last yeard, My sister in-law gave my teenagers these <a href="http://www.buddyugg.com/"><strong>cheap Ugg boots</strong></a> for the holidays and they swear by their warmth. They wear well in the snow and are great for feeling warm during long, cold days at school.<a href="http://www.buddyugg.com/"><strong>Ugg boots on sale</strong></a>.</p>
Share more uggs boots on sale on http://www.buddyugg.com

Posted by tiffnay on 11月月 10日, 2009年 at 05:13 午後 JST #

日本語の発表資料 の 翻訳 FAQ で、
The number of characters has to be more than 10.
文字数は 10 以上でなければなりません。
となっていますが、御社では more than を何時も
この様に訳しているのですか?

Posted by zipzap on 11月月 16日, 2009年 at 06:40 午前 JST #

HONDA さん、コメントありがとうございます。URL 間違ってました。修正しました。。。

masataka さん、LaunchPad なんですね。調べてみます。ありがとうございます!

tiffnay さん、すみません、説明不足で。これはプレゼン資料だったので、このようにしか書いていませんが、プレゼンのときに「。。。というのは間違いです」と話したのです。でも、この資料だけ見る人には誤解を招きますよね。これらの項目については、別エントリで書きます。ありがとうございます。教えてもらわないと、気づかないところでした。助かりました。

Posted by Reiko on 11月月 16日, 2009年 at 06:59 午前 JST #

コメント
コメントは無効になっています。
About

user13133135

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日
Bookmarks