JTF Translation Festival 2010 - MT&Post Editing

さきほどのエントリに続き、次は MT とポストエディットについて。今回は日本語で話します。(I will write in English after the Japanese section).


機械翻訳 (Machine Translation, MT) が導入されて、ずいぶん改良が進んできました。一般的な表現なら、無料翻訳エンジンを使えば、だいたいの内容が正しく出力されます。では、翻訳業界ではどうでしょうか。翻訳会社で MT を導入してソリューションを提供する場合と、発注する会社が MT を導入してコスト削減・ボリューム増量を図る場合が考えられます。


しかし、いずれの場合も、MT の結果をそのまま使用するのはごく一部です。まだ、事後処理、つまりポストエディットが必要です。このポストエディットが翻訳者を悩ませます。どこまで直せばいいのか?こんなことなら自分で翻訳した方が早い... おしまいには、何のためにポストエディットしているのかわからなくなります。ポストエディットの効率を計測するテストでは、不満を持ちながらポストエディットした人の方が、そうでない人より効率が下がることがわかっています。


どうして不満を持ってしまうのか?それは、「こうであるべき」という目標設定を達成できないからです。もっといい方法 (支援ツールを使いながら自分で訳す) がわかっているのに、違う方法 (MT のポストエディット) をしないといけないからです。でも、その「こうあるべき」は、正しい前提でしょうか?


MT は、これまでの翻訳市場に割り込むものではなく、市場を広げるものだと考えてたらどうでしょう。今までは翻訳されていなかったものを、翻訳するためのツールであると。そうすると、MT のポストエディットは、これまでとは違う目標設定とマインドセットで行う必要があります。それは、何か?


上記のようなテーマで、お話した内容がこちらのスライドです。Q&A では、たくさんの質問をいただいて、楽しかったです。また機会があれば、みなさんともっとお話したいと思っています。


English:


It has been a while since Machine Translation (MT) appeared in the world, and it's been improved in the quality quite a lot.  We can see the common expression is translated correctly with most of the free translation engines.  Now, how about in the translation industry ?  More and more companies started to consider MT as a realistic solution to provide information more quickly and more reasonably to the customers, and some translation companies started to use MT as one of the solutions to those companies.


However, still it is only a part of the translation to use MT output without editing.  MT needs Post Editing.  This is a head ache of translators.  How far should I correct MT output ?  I could have translated more correctly.  Why should I edit this !?  In the end, I do not understand why I should edit MT output.  I cannot find a reason.  ... that's was my case at the beginning.  It is true unhappy translators are less productive in post editing, which was confirmed in one of the post editing productivity test. 


Why are they unhappy ?  It is because they cannot meet the goal that they have in their mind.  They know the better way, but they have to stick to the MT+Post Editing.  Now, let's think about the goal.  Is it appropriate to this case ?


How about thinking this way - MT is not the invader or intruder to the existing translation market, but it is the one to create a new market ?  How about taking MT as a tool to translate the new contents which we cannot translate because of the volume and cost restriction ?  Then, we should create a new goal and mindset to work with MT.  What are they ?


I talked about such kind of details in my session, and here is the slide.  I wanted to make it interactive session with many Q&As, and I am happy about the results.  But I wanted to have more time... maybe next time.  Talk to you all again :-)







投稿されたコメント:

斎藤さん、お世話になります。
深沢@ライオンブリッジです。
先日は本トラックを聴講させていただき、大変参考になりました。
特に「今はSMTが勢いがある」「戦略的にライトエディット(英語はrapid edittingでしたね?:-))を目指す」「ポストエディターにはマインドセット(心の準備、心のケア)が必要である」という点が興味深く思いました。
今後も弊社でもMTの導入を積極的に進めてまいりますので、何かありましたらご教示願います。

スライドをブログに載せていただき大変助かります。
先日はメールで催促してしまいまして申し訳ありません(\^\^;
ではでは。

Posted by Chihiro Fukazawa on 1月月 13日, 2011年 at 07:27 午前 JST #

コメント
コメントは無効になっています。
About

user13133135

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日
Bookmarks