紙一重 (thin line)

仕事をする上で、また、日々の生活の中でよく考えることのひとつに「自分の意見を貫いた方がいいのか、他の意見に聞く耳を持った方がいいのか」という逡巡があります。ほとんどのことは、これまでの経験から得ているので、新しいことにチャレンジするときにも「前はこうだった。だから、今度もこれでいってみよう」とか、「前、これで苦労した。だから、今度はやめておこう。」とか、過去の経験を軸にして舵を切っています。

でも、ときどきふと思う。「昔のことはスパッと忘れて、新しい方法にチャレンジしてみたらどうだろう」と。そのときに葛藤する相手は「不安」です。知らないことが多いと怖くなります。そんなときは、新しいことの中にも、自分に理解できて自信を持てる領域をひとつ確保するようにしています。そして、そこを拠点にがんばる、と。

なんだか抽象的な話でわからなくなりそうなので、具体的に。新しいプロジェクトが始まりました。そこでは Pootle という使ったことのないソフトウェアを使うそうです。なんだそれは !? 翻訳のソースは、全部そこで管理するという。心の声「えー、いやだよ〜。なんで変えるの〜? 今までどおりテキストファイルでやりとりすればいいのに...」。でも今更変えられそうにないので、使ってみる... ダウンロードすれば PO ファイルなんだね。オフラインで作業できるのか。PO ファイルならなんとかなりそう。。。と、ここまで理解できれば、あとはどこまで Pootle を活用できるのか実験してみようという勇気が出てきます。

ちなみに、これは OpenOffice.org 3.0 に向けての翻訳のお話です。今、翻訳者募集しています。

さて、ここで今日のタイトルに戻りますが、「信念を持つこと」と「頑固であること」は紙一重だなぁと思うのです。翻訳や翻訳プロジェクトはこう進めた方がいい、という信念を持っています。でも、それに固執していると、「頑固な人」になってしまうのよね。気をつけよう。

で、これを英語でいうと何なんだろうなぁと思っていたら、ドラマの中で出てきました。「There is a thin line between conviction and stubbornness.」これは、ドラマ 24 で大統領を諫める大統領補佐官が言っていた言葉。以前、どこかエントリに書いたんですが (探したけどわからなかった... 自分のブログなのに恥ずかしい)、「勇敢であることと馬鹿げていることは紙一重だ」という表現がありまして、それは「Braveness and stupidity are close friends」だったと思います。同じことを言うのでも、友人同士の会話とホワイトハウスでの会話では違うものですねぇ。

English:


One of the things I often think about is the question to myself "Should I stick to my thought or should I listen more to other ideas ?"

I could say, most of the decisions are made based on my experiences. For example, "It went well last time, so let's try the same thing in this release." or "I had a very bad experience with it, so I don't repeat the same this time."

At the same time, however, I wonder I may have to forget the past and try the new things by pulling together all of my courage. The one I have to fight against in that case is "fear". I often feel fear and anxiety when trying to do something new for the bigger project. To overcome the fear, I always try to find a space where I can be comfortable and reserve it as my "home" which protects me.

Let me be more specific. The new translation project starts. Project manager says "We will use Pootle for this release." Pootle is new to me. I know Pootle, but have never worked on it and never used in the real project. I was panic at the beginning "How can I use Pootle ? Should I use it for such a big project without training ? Why ? I have been comfortable with the existing method using text files." Those were in mind out of the fear. Then, I tried using Pootle and understand I can work on PO file once I download the file from Pootle. Now I find it my safe house, and can be more brave to evangelize the best usage of Pootle.

BTW, this is the real story about OpenOffice.org 3.0 translation project for Japanese. We are open to translation contributors for Online Help and Message updates!

Now, it's time to go back to the title today - thin line. Having strong will sometimes lead to be stubborn. I have a strong will and policy about how to translate or how to manage translation project, but if I stick to my thought too much, I will be just a stubborn person. I should remember this time to time...

I have been thinking what is English expression of Japanese phrase "紙一重" [kamihitoe]. It literally means "Conviction and stubbornness is opposite side of piece of paper".
A week ago, I found an answer when watching DVD of US drama "24" in conversation between President and National Security Adviser: "There is a thin line between conviction and stubbornness.".

I cannot find my previous entry but I know I blogged about another example of this: "Braveness and stupidity are close friends". I realize how it can be said differently depending on the persons and occasion. One in White House and another in conversation between friends on the deck of the space ship leaving for an adventure.

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。
About

user13133135

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日
Bookmarks