金曜日 8 01, 2008

2008.05 リリースノート完成! (2008.05 Release Note localization finished!)

Yea! We finished localizing OpenSolaris 2008.05 Release Notes into Japanese! This is really a great milestone. We have four contributors for this translation. Seiji Takegata, Natsumi Matsuzaki, and I translated, and Yuichi Suzuki and Ken Okubo reviewed the Release Notes. Thank you very much for your contribution, folks!

The localized file is available on OpenSolaris portal: Janapese Release Notes. You can select the languages where Release Notes is localized from the pull down menu on Release Notes page.

I am very proud Japanese is listed as one of the localized languages. I know this is not the first contribution from OpenSolaris JA community, but this is memorable for the following reasons:


  • Used translation tools - Internal TM server and OmegaT.
  • Worked in a team - Four of community members worked together.
  • Both translation and review was done by community.

It was my first time as well to use OmegaT to merge all the translations. TM worked well but I had to struggle with merging multiple TMs. I especially thank JC for supporting me all the way from Kagawa by emails or phone calls. I cannot go through this without you!

Next step is to publish translated and reviewed Getting Started Guide. Now it is in the editing process. As soon as it is ready, I will share the news on mailing list and on my blog.

月曜日 7 07, 2008

前から訳そう (Translate from top to the end)

Japanese and English is called "mirror language" in the linguistics. The syntax is completely opposite from each other. That is one of the reasons, I believe, Japanese translators find difficulties in translating the English sentence including many phrases and clauses of modification relations. Japanese puts the modifiers before the subject or object, and put the verb to the end. This makes the sentence confusing if the modifiers are so many in the English sentence. Let me show you how it goes:


The instance will be selected from the resource pool which you set up on Resource Pool
panel in the time of installation.

The word order will be as follows in Japanese translation:


"The instance will be", "in the time of installation", "you set up on Resource Pool panel"
"from the resource pool" "selected".

Hummm... I realized how hard it is to show the word order is different. I want to show here even if in Japanese, still it is confusing if the subject and the verb is so far away each other and many modifiers are placed in between. In that case, I split the sentence like this:


#1: "The instance will be" "from the resource pool" "selected".
#2: "The resource pool is" "in the time of installation" "you set up on Resource Pool panel".

Since Japanese translators have to convert the structure in this way, once they have to understand the meaning first, then, reconstruct the sentence structure in Japanese. This is time-consuming and confusing sometimes. Following the modification relations put them into a maze.

So, here is my suggestion:

If you find it confusing to follow all the modification relations in a long sentence, you can translate from the top to the end once in your head and reconstruct the translation freely using your imagination. You see my thoughts while reading the sentence in brackets ( ) below:


The instance will be selected (OK, selected, from where?) from the resource pool
(what kind of resource pool?) which you set up on Resource Pool panel (OK, when?)
in the time of installation. (Now I got a whole idea!)

Instead of translate directly from the sentence, you can digest it in your brain so that you have a picture. If you have a picture, all you have to do is to describe it in your words. This makes translation more fun and easier. I often feel I am so creative! If you feel at a loss in front of a long sentence full of nested modification relations, why don't you try this ?

日本語:


日本語と英語は、言語学では「鏡の言語」と呼ばれています。これは、言語構造がまったく逆であるためです。これは、日本語翻訳者を悩ませる一因で、修飾関係を多数含む長い英文を日本語にするときには、本当に苦労します。日本語では修飾する言葉を主語や目的語といった名詞の前に持ってくるし、動詞はほとんど文章の終わりに来ます。一方、英語は主語は最初で、動詞はその後に続き、修飾語は名詞の後に来ますよね。だから、この組み替えは大変なんです... たとえば...


The instance will be selected from the resource pool which you set up on Resource Pool
panel in the time of installation.

この文章を日本語の語順に置き換えてみると、こうなります:


インスタンスは、インストール時に「リソースプール」パネルで設定した
リソースプールから選択されます。

"The instance will be", "in the time of installation", "you set up on Resource Pool panel"
"from the resource pool" "selected".

うーん、英語で語順の違いを説明しようとしていますが、難しいですわ〜。また、日本語でも主語と述語があまりに離れてしまうと意味を理解しにくいです。そんなときは、文章を二つに分けます。:


#1: "The instance will be" "from the resource pool" "selected".
インスタンスはリソースプールから選択されます。

#2: "The resource pool is" "in the time of installation" "you set up on Resource Pool panel".
このリソースプールは、インストール時に「リソースプール」パネルで設定したものです。

翻訳者は文章の構造を変えて日本語にしないといけないので、いったん内容を理解してから、日本語で構文を組み立て直します。文章が長いと、それだけ時間がかかり、工夫も必要とされます。修飾関係を追っていくと、いつのまにか迷路に迷い込んだようになって、自分がどこにいるのかわからなくなる... ということもあります。

そこで、わたしの提案:

長くて修飾関係の多い文を訳すときは、まず先頭から順を追って翻訳していき、最後まで理解した時点で、そのイメージを日本語にするのです。たとえば、以下のように読んでいきます。( ) の中に頭の中で考えたことを書いています:


インスタンスは選択されます (ふーん、どこで ?) リソースプールから
(どんなリソースプール?) 「リソースプール」パネルで設定したやつ (そっか... いつ ?)
インストールの時に (なるほど、わかったわ!)

... という感じで。英語の文章を直接日本語にしていくのではなく、いったん頭の中でかみ砕いて「どういうことを言っているのか」というイメージをつかみます。イメージができたら、あとはそれを自分の言葉にしていけばいいだけです。こんなふうにしていくと、翻訳が作業ではなく想像・創造を伴う楽しみになるのでは? と思うのですが、どうかしら。こんがらがったときには先頭から訳す、という手法をお試しあれ。

金曜日 6 27, 2008

Firefox 3.0 Releaes Party

I've been to Firefox 3.0 release party yesterday. Jim forwarded me the invitation and I was so happy to accept that. It was in Takanawa Price Hotel from 6:30 - 8:30pm. There are more than 200 people, I guess, in a room and Ms. Satoko Takita was presenting Firefox 3.0.

I liked the catchphrase "This release of Firefox is Super Fast!". We would say Firefox is very fast and comfortable, but I was impressed and found fun to see Firefox staff in PV answering the question of "What do you like the best for Firefox 3.0 ?". He said "I like it because it runs with less memory". Very cool. I like the way he described it from engineering point of view. I felt he is proud of contributing its development. That's what I want to feel always with my products, too.

In addition to the interview with developers, they ran a series of PVs. The woman on the same table with me let me know they are the winners of the competition of PVs. Some of them are clay movies, like Wallace and Gromit, and very cute. The best part was, however, the visual program casted on the wall showing the real-time downloading over the country. Once Firefox 3.0 is downloaded in one prefecture in Japan, that prefecture in a map will be sparkled with stars with fantastic sound like a hand bell. Entire color is deep blue and reminds me of planetarium. It is exciting to see when and where Firefox 3.0 is being downloaded. I wondered what he or she is doing and thinking now while downloading... it's like a small movie with lot of imagination.

I met many people and enjoyed talking to them - Firefox, Mozilla, OpenOffice, OpenSolaris ... it was so nice to see and talk in person. Now I can see their faces when communicating with them by email.

The food and drink was so nice and it was a pity that I could not have them enough because I was too busy with walking and talking in the room. Let me thank you to Firefox project - Congratulation to 3.0 release, and thank you very much for such a wonderful opportunity to meet wonderful people!

日本語:
昨日は Firefox 3.0 リリースパーティーに行ってきました。Jim が紹介してくれて、招待状も転送してくれたので、喜んでご招待にあずかったのでした。場所は 6:30 - 8:30pm で高輪プリンスでした。大きな部屋に、たぶん 200 名以上の人たちが集まっていたと思う。Mozilla Japan の瀧田さんが Firefox 3.0 の紹介をしていらっしゃいました。

「今度の Firefox は爆速だぜ」っていうキャッチフレーズ、かっこいいですわー。でももうひとつ、かっこいいと思ったのは、若いエンジニアらしき人が「Firefox 3.0 のどこが好きですか?」というインタビューに答えて、「少ないメモリーで動くことかな」と言っていたこと! ユーザー側からすれば「はやっ!」ということだけど、作っている側からすると、そういうことだよね。その言葉に、エンジニアとして開発したんだぜっていう誇りを感じたんですよ。かっこいいです。わたしも、かくありたい。

開発者へのインタビューのほかにも、各種の PV が放映されていました。同じテーブルにいらした女性の方が、あれはみな、コンペを勝ち抜いた傑作なんですよ、と教えてくれました。彼女の会社がそのコンペを行なったそうです。いくつかは、クレイ映画風 (「ウォレスとグルミット」みたいな) でとても可愛かった。でも一番印象的だったのは、壁に大きく投影された、日本地図をモチーフにしたプログラム!日本全国の各県で、ダウンロードがあったらリアルタイムで表示するっていうものなんですが、そのマークが大きくスパークする星のイメージで、音もハンドベルみたいな澄んだ音で、幻想的なんですよね〜。プラネタリウムを彷彿とさせる夜のイメージで、ロマンティックでした... 今頃 Firefox 3.0 をダウンロードしている青森のこの人は、どんな人で、何を考えて、どう夜を過ごしているのかなぁ... なんて想像してしまいました。小さな映画を見ているみたい。

Firefix、Mozilla、OpenOffice、OpenSolaris... いろんなコミュニティーの方々に出会えておしゃべりできて、楽しかったです。これから、その方たちとメールするときはお顔が思い浮かぶので楽しさアップですわ。うふふ。

お食事も飲み物もとてもおいしくて素晴らしかった...(おしゃべりに忙しくてじっくり楽しむ時間はなかったけど... )。Firefox のみなさん、どうもありがとうございます。そして、Firefox 3.0 リリースおめでとうございます!

OpenSolaris 2008.05 をレビューしませんか ? (Why don't you review OpenSolaris 2008.05?)

This is the invitation to the review of OpenSolaris 2008.05 Release Notes and Getting Started Guide. Now Release Notes translated for the following 8 languages are available: Brazilian Portuguese, French, German, Italian, Korean, Simplified Chinese, Spanish, and Traditional Chinese. We usually review the documents translated our contracted translation vendors as QA, but this time, we need your help.

The files and instructions are available here:

Files for Review

I want to communicate with users, developers, and anybody who is interested in either translation itself or OpenSolaris. I want to listen to your voice, want to know what you care and want. This is a great chance to know each other and improve the quality.

What do you think is the good quality ? Quality does not stand itself but always is valued in balance of other factors, such as speed, cost, preference... I want to explore what is Quality after all for OpenSolaris documents. So, let's work together.

My peers, 8 Language Leads, will be your contact person for your language. I am working with them closely and know they are passionate and trusted partners. As in the instructions, they will send announcement to your g11n--discuss mailing list, so stay tuned. If you have not subscribed to your language's mailing list, it is the good opportunity to do so from OpenSolaris g11n mailing list.

Japanese is still waiting for translators. If you are interested, please let me know. I know the volume is too big for the pilot project... then, how about sharing the translation of Release Notes with several people ? I am happy to join the translation as a member. Let me wait for a few more days.

日本語:


今日は、OpenSolaris 2008.05 のレビュー (査読) へのお誘いです。現在、リリースノートと入門の二冊が、ポルトガル語 (ブラジル)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、簡体中国語、繁体中国語の 8 言語に翻訳されています。通常は翻訳会社による翻訳を社内のレビューでチェックするのですが、今回は、みなさんにサポートしてもらいたいのです。

ファイルと方法については、こちらをご覧ください:

Files for Review

ユーザー、開発者に限らず、OpenSolaris か翻訳について興味を持っている方とコミュニケーションできると嬉しいです。どんなことが知りたいですか、OpenSolaris/翻訳をどう思っていますか、どうしたら面白くなりそうですか ? 率直に意見を交換してお互いに知ることは、品質を向上させることにつながると思います。

ところで、「品質がいい」ってどういうことですか ? わたしは、品質は一つだけで語られるものではなく、その他の要素、たとえば、スピード、費用、個人の好みとのバランスで決まるものだと思っています。OpenSolaris のドキュメントの品質は、どのあたりを目指すべきでしょう ? そういったことを、一緒に探ってみませんか ?

わたしの同僚の 8 人のランゲージリード (言語リーダー) が、各言語についてコンタクト先をつとめます。彼/彼女らとは一緒に仕事して長いですが、みな仕事に情熱を持った頼れるパートナーです。手順を書いた wiki のドキュメントにあるように、彼/彼女らが各言語の g11n--discuss メーリングリストに「協力してください」というメールを出すので、それに答えてやってください。またメーリングリストに登録していない方、こちらからどうぞ! -- OpenSolaris グローバリゼーションメーリングリスト

日本語なんですが、まだ翻訳してくれる方を募集しています。人手が足りません〜。リリースノートは 10 ページぐらいなので、それを手分けするというのはどうですか ? お一人 3 ページぐらいで。わたしも翻訳者として参加します。ツールの使い方は、希望があれば電話ミーティングか用賀オフィスで勉強会を設定しようと思っています。来週前半ぐらいまで待ちたいと思いますので、メールください。お待ちしています。

金曜日 6 20, 2008

OpenSolaris 2008.05 を翻訳しませんか ? (Why don't you translate OpenSolaris 2008.05 in your language ?)

I've just posted the message to OpenSolaris i18n-discuss and g11n-ja-discuss mailing list to invite people for translation. This is the action item that I really wanted to kick to start sooner, but we could not find a good solution to leverage the existing translation. Now we decided to use OmegaT and xliff format for trial.

The translation project itself is owned by Project Manager, Ikuko Kagaya, and I am supporting her and OpenSolaris project as a linguistic and strategic partner (I hope I can support well enough as the title stands for :-). The documents which need translation are Release Notes and Getting Started Guide and will be translated into 10 languages - French, German, Italian, Spanish, Brazilian Portuguese, Korean, Simplified Chinese, Traditional Chinese, Russian, and Japanese. Both of the documents have translated once in the past, and this is the update translation. Leveraged translation is already inserted to the files for translation and you can use translation memory files and glossary files that I confirmed are compatible with OmegaT.

Original mail from Ikuko is posted here:

Trans/Review request for the OpenSolaris 2008.05 Docs

Translation process (how to) is documented on genunix:

Translation Project

For this time, only Japanese is looking for the translators, and other languages looking for reviewers - this is a pilot project that Sun is jointly working on the documents for translation. The coverage will surely increase to other languages after the process is confirmed. Any suggestion and comments are welcome. I really want to talk to you. Oh, I almost forget to ask you... "Please, please raise your hands for translation or review!!!" That's you to start the game.

日本語:


つい先ほど OpenSolaris の i18n-discuss と g11n-ja-discuss に、翻訳へのお誘いメールを出しました。やってみたかったのです、この試み。でも、どうやって進めるのか逡巡しており、踏み出せないでいました。過去の翻訳を活かしながら、どうやって社内で使っているツール以外で翻訳を進められるか検討してきましたが、今回、OmegaT と xliff フォーマットで進めてみることにしました。

このドキュメントプロジェクトの責任者は加賀谷郁子で、わたしはプロジェクトの言語品質および戦略パートナーといったところでしょうか。(おぉ、自分で言っておいて、ちょっとプレッシャーが... 名前に恥じないように頑張らなくては)。翻訳・査読を募集しているドキュメントは 2 つで、2008.05 リリースのリリースノート2008.05 入門 です。翻訳対象の言語は、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語 (ブラジル)、韓国語、簡体中国語、繁体中国語、日本語の 10 言語です。どちらのドキュメントも、過去に一度訳されているので、今回はその更新です。過去の翻訳は、翻訳用のファイルにすでに挿入されているので参考にできますし、OmegaT で使用できる翻訳メモリー、用語集も用意しました。

英語でのお誘いメールは以下です:

Trans/Review request for the OpenSolaris 2008.05 Docs

翻訳の進め方は以下です:

Translation Project

日本語ページも作りました:

日本語のページ

今回は、コミュニティーのみなさんと一緒に翻訳するための最初のステップということで、日本語だけ翻訳から募集することにして、ほかの言語は査読のみお願いすることにしました。方法が確認できたら、もっと範囲を拡大していきたいと思っています。方法についてのコメント・提案、大歓迎です。ご意見をお待ちしています。あ!それより何より、翻訳してくれる人、いませんか !? 私宛にメールください。reiko(dot)saito(at)sun(dot)com です。メーリングリストへの返信でもいいです。上記の方法でなくてもいいです。とりあえず興味があったら教えてください。一緒に考えましょ?

木曜日 6 05, 2008

OmegaT 使ってみました (Using OmegaT)

I have just translated the plain text using OmegaT. To be honest, this is the first time I used OmegaT for my work. I have used it for testing, it was to confirm the usage. This time, I have to translate a sort of "important notice" for openoffice.org users which is in plain text.

I am familiar with Open Language Tools Editor (OLT Editor) which was opensourced by Sun. It has been used daily for our translation either internally or externally by our contracted translation vendors. The biggest difference is the file format I am working on. On OLT Editor, I need a xliff. That is, I have to use a filter to convert the original format to xliff file. xliff is a short name for XML Localization Interchange File Format, and the spec is available here. Since it is based on the standard, it can be shared across the projects complying to the standard. In fact, most of the Sun documents translated by our organization are translated on OLT Editor, and a translation memory called TMX (Translation Memory eXchange) is generated and shared across the projects and releases. In other words, once we translate, review, correct, that translated contents will be our assets, and we do not want to waste them. We can leverage that effort to any other project or release. Actually, 50 - 60% of the translation has been leveraged in our organization. The process is automated from leveraging the past translation, translating the new contents, and uploading TMX to the main server.

On the other hand, sometimes I feel it is too time-consuming to translate just one page. In that case, I realized OmegaT is so handy. I do not have to create another format from the source file. If the source is html, I can work on it directly. I do not have to look into the glossary file separately. If I put the glossary file in the glossary folder in my project, and there is a match in the segment, the glossary entry appears to glossary window. TMX is generated and I can reuse it for the updates. Hummm, looks like
everything is going well, and I feel like living all with OmegaT!

The concerns are how I can manage TMX ? How can I merge multiple TMX files into one, sorting out the terms, keeping the consistency ? It is true we can put as many TMX files as we like into tmx folder so that they can be leveraged in the translation. But, if we work in a team, we needed to integrate multiple TMX files by individuals into one master TMX. When I asked this question to other teams in my organization, actually, it is NetBeans team, they pointed me the TMX merge tool. It looks nice, but should I download NetBeans and plugin ? ... it makes me intimidated.

Also, I wanted more keyboard short cut on the interface. Yes, I am a keyboard person ! I love vi! I love command line ! I like to move cursors up and down without any meaning while thinking what to write ... it's just like the way I play with mah-jong pieces while I am waiting for my turn in a game. Oh, I know I stepped out of the topic. Let me play with OmetaT for a while. I want to encourage the community members to use opensourced translation tools, and I'm sure OmegaT will be the 1st candidate.

日本語:


OmegaT を使って翻訳してみました。実は、仕事で OmegaT を本格的に使うのは初めてです。これまでは、テストのためや使用方法を知るために試してみたことはありました。今回、OpenOffice.org 3.0 の重要なお知らせ (ODF の互換性に関するもの) を翻訳したのですが、それがプレインテキストだったので、試してみたのでした。

今までは Sun がオープンソースした Open Language Tools Editor (OLT Editor) を使ってきました。このツールは、Sun 社内でも契約している翻訳会社さんでも、ほぼ毎日、ほとんどのドキュメントの翻訳で使っています。一番大きな違いは、OLT では xliff という書式のファイルを使うことです。すべてのファイルは、フィルタを使って、この形式にしてから翻訳します。xliff とは「XML Localization Interchange File Format」の頭文字語で、ここにある標準に従ったものです。標準に沿ったものであれば、プロジェクトやリリースをまたいで使い回すことができます。実際、xliff を翻訳した結果として生成される TMX (Translation Memory eXchange) ファイルは、ほぼすべてのプロジェクトで共有されています。いったん翻訳し、品質を評価・保証したものは「財産」です。せっかく翻訳したのだから、残しておきたい。Sun 社内ではどうかというと、平均して 50 - 60% の翻訳結果は再利用しています。英語ファイルが準備されると、過去の翻訳から再利用できる部分を日本語に置き換え、残りを翻訳し、メモリーを作成してデータベースにアップロードする、という一連の処理は自動化されています。

うーん、便利そ〜、と思いますよね。でもその一方、1 ページだけプレーンテキストで訳したいんですよ、という場合には、こんな大きなシステムを使うのは面倒臭いわ! というのが本音。これまでは自分で訳す場合はメモリーは作らないでいたのですが、今回、OmegaT を使ってみて考え方を変えました。直後に更新があって助かったというのもありますが、何より、フォーマットを気にしないで翻訳できたのが嬉しかった。HTML ファイルを翻訳するのだったら中間ファイルを作らなくても、直接そのファイルを読み込んで訳文ファイルを作れます。また、用語集を読み込んでおけば、該当する用語があった場合、用語ウィンドウに対訳候補が出てくるので便利。TMX ファイルも生成されるので、アップデートにも使えたし。おぉ、いいことずくめじゃないですか、OmegaT !

でもね、心配もあるんです。TMX が複数あったら、それをどうやって 1 つのファイルにマージするの ? たとえば複数の人で作業した場合、用語や表現の統一をしたいですよね。それはどうやって? というのが疑問。社内の人に聞いてみたところ、NetBeans チームの人が TMX マージツールを教えてくれました。お、よさそうだけど... NetBeans にプラグイン !? それはちょっとびびってしまうなぁ (すみません)。何かいい方法ないですかねぇ。

あと、キーボードショートカットがもっと欲しいなぁ。そう、わたし、キー入力大好きなんです! vi 大好き! コマンドラインさいこー ! vi の編集モードで、キーを上下左右に動かしながら、ぼーっと考え事するの好きで���。これって、麻雀で自分の番を待ってるときに牌をシャカシャカいじる感じに似てるかも。... おっと話がそれてしまいました。もう少し OmegaT をさわってみようと思います。これから、もっとコミュニティーのみなさんにもオープンソースの翻訳ツールを紹介したいと思っているんですよね。OmegaT は有力候補です。

火曜日 5 20, 2008

違った視点で見ると... (Another point of view)

今日は英語から書いてみます。日本語は、後半で。

During these two months, I have been working as Project Manager of Sun Java(TM) System for CCK languages. CCK stands for Simplified Chinese, Traditional Chinese, and Korean. This is a temporary role to backup my colleague on leave. I was intimidated first time I was asked by my manger to assume this role since I don't understand any of those three languages at all... It was almost a fear. I have experiences as a project manager in the past but it was all for Japanese language. I remember how hard it was to struggle with the schedule, cost, and quality, and became nervous about this new role...

However, surprisingly, I really enjoyed this work! What's the difference between my past experience and current role ? What made it easier and more comfortable ? ... Ironically, I have to admit, that's the limitation of my capability. First of all, I cannot tell the quality is OK or not. That's why I asked my peers, CCK Language Leads, for quality assurance. Secondly, I am not sure what the best practice to carry out the project since I am new to this project. That's why I communicated closely with the translation vendors who are working on these projects for years, and asked many questions to the team including the technical writers of the documents.

They supported and even encouraged me so that I can convince myself I am on the right track even if I don't understand what the translation tells. I simply focused on the schedule and risk management. It also worked well that I knew what I can't and started to ask for support. When working for Japanese project as a project manager, I could not stop looking into the quality of Japanese translation because I am also Japanese Language Lead. I could not separate those two roles in my Japanese project - that's the big stress and conflict in myself. "I have to finish this project as soon as possible (as a project manager), but I cannot let it go with this quality (as Japanese Language Lead)..." Maybe I should have asked for comments from another point of view...

Looking back the way I communicate with project managers as Japanese Language Lead, I have to say, I might have been delegating more responsibilities to them than I should. Most of the Japanese projects used to be handled by Japanese project managers, so I sometimes asked to determine the quality strategy by themselves. I provided the quality guideline, but it was their choice how it is implemented. But now, we face the dynamic change in the process and it will be common that a project manager handles more and more languages' translation.

I determined myself I will work more actively as a reliable quality manager than just a quality inspector. Communicate more with the translation vendors (I want to call them parters, rather than service providers), be creative and flexible to improve the process.

I have been tied up with the deliveries and deliveries lately, but I really enjoy this tough work. Changing the point of view, in the forced way :-), helped me to find another value. Also, I was comfortable finding me in a team - helping each other. I leveraged the passion of my team members. That was the wonderful experience. I will go back to my original role soon, but will keep what I've got in mind as a good memory.

日本語:

この 2 ヶ月間、Sun Java(TM) System プロジェクトの CCK 言語のプロジェクトマネージャーをしています。CCK というのは、簡体中国語 (Simplified Chinese)、繁体中国語 (Traditional Chinese)、韓国語 (Korean) のことです。人員配置の調整のため、一時的にこの業務を担当することになったのでした。最初はびっくりして、「え〜... どうしよう...」というのが実感でした。だって、中国語も韓国語も全然わからないんだもん! それに以前、日本翻訳のプロジェクトマネージャーをしていましたが、そのときの苦しかった記憶が「ありありと」思い出されて、あれより大変なのかしら... と、びくびくしていました。

でもね、これがすっごく楽しかったのです! 以前と何が違ったんだろう、どうして今回は楽しくできたんだろう... と考えてみました。一言でいうと「自分にはできないことを、素直に認めることができた」です。第一に、「翻訳された内容がわからない」... これは大きいです。読んでみてもさっぱりわからないので、同僚である各言語の Language Lead (品質保証担当) に「見てください」とお願いします。第二に、「プロジェクトの進め方がわからない」です。途中から入ったこともあり、各種ツールの使い方、ファイルの加工方法、納品の仕方など、わからないことだらけ... でも、知ったかぶりしないで「教えてください!」とチームメンバーに聞くことができました。不思議に思うことを質問してみると、チームの中でもわからないことだったので、調べてみると案外みんなの役に立ったり。

プロジェクトチームや各業務担当の同僚は、本当に一生懸命サポートしてくれて心強かったです。お陰で、スケジュールやリスク管理に専念できました。「無知の知」ってやつでしょうか ? 日本語プロジェクトのときは、こうはいかなかった... 日本語の Language Lead でもあったので、どうしても内容に目がいってしまって、自分の中で葛藤していました。「あー、時間がない。早く終わらせないと (プロジェクトマネージャーの目)、でも、こんな内容ではとても Go を出せないわ! (Language Lead の目)」と、ひとりで悶々としていました。別の人の意見を聞いてみればよかったのかもね。。。

振り返ってみると、Language Lead としても反省が多いです。日本語翻訳は、言語のわかる日本人が管理していたということもありますが、これまでは、翻訳ガイドラインは掲げるしアドバイスするけど、実際の進め方はプロジェクトマネージャーに任せていた部分が多くありました。でも、これからはプロセスの変更で、一人のプロジェクトマネージャーが多数の言語を扱うことになるので、品質についてはもっと自分が責任を持たないとなぁと思います。

よし!これからは、品質評価だけじゃなくて、もっと頼れる品質管理マネージャーになるぞ! と決意を新たにしている私。もっと翻訳会社さん (サービス提供者ではなくて、パートナーだと思っています) と話して作戦たてて、クリエイティブにフレキシブルに頑張るぞ。

この忙しさはまだ続きますが、苦しいながらも楽しい日々です。最初は「無理矢理に」だったけど、こうして視点を変えてみると、発見がたくさんあって本当に良かったです。助け合ってチームで仕事してるなぁっていう実感も良かったし。チームメンバーの「やる気」にいい影響をたくさん受けました。もう少ししたら、もとの職務に戻るけど、この経験を忘れないように頑張ります。

月曜日 4 21, 2008

.NEXT でした (.NEXT event)

(Japanese will follow) There was an event called "Sun Business .NEXT 2008" in Tokyo, and I talked about OpenSolaris community engagement and translation in Community Track. Our session was 45 minutes and four of us made a presentation in turn. First by Akir Ohsone about What's Indiana, secondly by me "Let's communicate across languages!", and finally by Kenji Funasaki and Hisayoshi Kato about "Night Seminar".

Here's pictures by Jim ... Thanks Jim!

a href="http://blogs.sun.com/jimgris/entry/opensolaris_photos_from_sun_business

I wanted to tell you all how dramatically things change once they are translated into the languages that we understand. Before the translation, they seem to be so distant and look like nothing to do with me, but once
they are translated, suddenly they will be "my" things. The picture of me using hands in front of me - I was trying to show how things can change quickly.

While I was talking, I came to convince myself "I will go and communicate myself, even if no one replies to me for a while". Yes, I was also talking to myself. Let's see what I can do, and if you feel like "working" with me, just let me know!

日本語:

今日は日英の順番を逆にしてみました。その方が気軽に書けそうな気がして...

さて、4/18 は Sun Business .NEXT 2008 というイベントがありました。そこで、わたしはコミュニティートラックで OpenSolaris でのコミュニティー活動、特に翻訳面についてお話させてもらいました。45 分のセッションを大曽根さん、舟崎さん、加藤さんとわたしの 4 人で交代に発表したのですが、最初に大曽根さんから Indiana について、わたしから「言葉の壁を越えて、見たい、聞きたい、話したい!」というテーマで、次に舟崎さん加藤さんから「OpenSolaris Night Seminar」について、それぞれ語って参りました.... 面白かったかな ?

Jim が撮ってくれた写真があります... Jim、いつもありがとう!

a href="http://blogs.sun.com/jimgris/entry/opensolaris_photos_from_sun_business

写真の中に、わたしがステージに立って、手を前に交差して「手話」のようにしているところがあります。これは、翻訳前と翻訳後で、どれだけ印象が変わるかを表現しているところです。英語のときは、遠いところで起こっていることのように感じるのですが、日本語になったとたんに、「自分に関係のあること」になり、ちょっと聞いてみようかな、ちょっと意見してみようかな、とチャレンジする気になるんですもの (わたしの場合)。

この日、話していて気づいたことなんですが、来てくれた方々に話しているようで、実はわたしは自分に話していたんだなって。言葉を越えて話したいのは自分なんじゃないかって、改めて思いました。だから、とりあえず、自分ひとりでも前を向いて声出していこーって思いました。もしどなたか、一緒にやってもいいよっていう方がいらしたら、声かけてください。OpenSolaris は、まずはポータルとメーリングリストから、がんばっていきたいと思います。

金曜日 4 04, 2008

未来は変えられる (Not written in the stone)

「ヒーローズ」というドラマを見終わりました。いやー、面白かった。普通の人たちがある日突然、超能力を持ち始めて、戸惑いながらも平和を守るために立ち上がる... というストーリーなんですが、その中の「ヒロ・ナカムラ」がいい味出してるんですよ。

コマーシャルでは、彼のセリフで「やったー!」というのが流れていますよね。ドラマの中では、すべて英語ですが、彼と彼の同僚、家族は日本語で話します。ヒロはすごい早口で小さな声ですが、日本語はちゃんとしています。が、同僚のアンドウくんの日本語にはビックリ... でももっとビックリするのは、日本の設定です。ビルの屋上で社員が整然と並び、無表情に「いち、にい、さん、しい」ってラジオ体操しているんですよ... 仕事のあと飲みに行く「新宿」には、「餃子」「シュウマイ」とデカデカと書いてあるのぼりが道の両脇に並んでいるし...

それはともかく、普通の人たちなので会話も普通で勉強になります。ヒロの「やったー」は「I did it!」と訳されていました。心に残ったフレーズをひとつ紹介しますね。未来が見える画家がニューヨークで大爆発が起こることを予知します。でも、それを変えるためにがんばる少女が言ったこと。

The future is not written in the stone!

かっこいー。石に刻まれているわけではないっていう感じかな。その子の名前はクレアです。お父さんが、その子のことを本当にかわいがっていて、あだ名で呼ぶの、「I love you, Clare Bear」って。可愛いって思うとあだ名で呼びたくなるのは、アメリカでも同じなんですね。

English:


I've just finished watching the series of American TV drama "Heroes". It was a big fun. It's a story that ordinary people suddenly realized they have super-power. They are surprised, annoyed, but start to fight against the evil using that power. I liked Hiro Nakamura, Japanese business man who has a power of teleportation.

You can hear his voice in CM, that famous phrase "Yattaaaaaa!". That is translated in English as "I did it!". All of the conversation is in English except for Hiro, Hiro's colleagues, and family. Hiro talks very fast and quietly, but his Japanese is perfect. His friend, Ando kun, ... I was surprised to hear his Japanese. He should be born in English speaking country. But the most impressive one is the scene that all of the employees are standing on the roof of the company in line, and quietly exercise "radio gymnastics" saying "one, two, three, four..." together. Do they really think we'll do that or are they just joking ? I enjoyed it anyway. It is also surprise to see Shinjuku in the drama. Hiro and Ando kun go to Shinjuku for dinner. On the street, there are lots of flags on which I read 餃子 or 焼売 (dumplings). I am sure they are joking.

Anyway, this is a great movie to learn spoken English since they are ordinary people. One of my favorite phrases is from a girl, who pulled herself together to fight against the evil and stop the explosion in New York (this was precog'ed by another one, painter).

The future is not written in the stone!

So cool! I will keep this in mind. Her name is Clare, and her father loves her so much. He calls her "Clare Bear". It is true she is cute and a little like a teddy bear. It makes me realize it is universal to call someone by a nick name if we love him/her so much.

火曜日 3 25, 2008

すごいね ! (Kudos to you ! )

昨日の日記に「Praise と Kudos はどう違うの?」と書きました。Kudos って [k(y)u:dos](クゥドース)と発音するらしいのですが、実際には聞いたことがないので、どういうときに使うのだろうと思ったのです。

そしたらなんと... 昨夜、見たドラマ「ミディアム」で出てきたんです!主人公 (女性) が夫と友人夫妻とレストランで食事しているときに、夫が主人公のことを「彼女はこないだの (有名な) 裁判に関わったんだよ」と言ったところ、「えっ、あの裁判に ?」「すごいわ!」「ほんと、すごいわね!」と友人が口々に言っていました。その言葉が「Kudos to you!」「Yes, kudos to you!」だったのです。

びっくりして巻き戻して英語字幕にして、何度も何度も見ました。そうかー、こう使うのかー。私だったら「That's great!」しか言えないなぁ... でもいつかトライしてみよう。

しかし、昨日ブログで「Kudos ってどう使うのかな」と思わなければ、聞き流していた台詞です。すごい偶然。きっと何故って思ったから、私のアンテナがキャッチできたのね。これからも、いろんなことに興味持っておもしろがっていこうと思います。

ところで、昨日から見始めた「ミディアム」は、わりと面白いです。サイキックなんだけど、普通の女性でもあり、二人の子供を持つ主婦でもあるの。もちろんフィクションなんだけど、その役柄が人間らしくていい感じでした。主人公のアリソンはパトリシアアークエットが演じているのです。彼女のことは「トゥルーロマンス」で知って、「ニキータ」のアンヌ・パリローみたいでかっこいいなと思ったのを覚えています。その後、ぱっとしなかったのですが、このドラマで復活したそうです。「ミディアム」は、まだまだ続くので、これからが楽しみです〜。うふふ。

English:

I asked in my blog yesterday "What is the difference between Praise and Kudos ?" "How do you use "Kudos""? I know Kudos is pronounced [k(y)u:dos] but have not heard it is said in the conversation, and wondered in which occasion and in which way it is used.

Then, surprisingly, I heard it was said on American TV drama "Medium" in the same day. Last night, I watched "Medium" Episode 2. The main character Alison was having dinner with her husband and friends at the restaurant. Her husband introduced her job and said "she is involved in that (famous) trial." Then, the friends surprised and praised her by saying "Really? That's trial ?" "Kudos to you!" "Yes, kudos to you!".

What a happy surprise for me! I have never expected to learn how to use it on DVD in the same day I wondered... I think I could catch this conversation because I had that question in mind. It's so happy and enjoyable to keep such curiosity. I will be more curious to get more answers ...

By the way, I found American TV drama "Medium" great. I enjoy her life, Alison, as a woman, a wife, a mother, and a psychic. I know it is just a n imaginary story, but I like such a story that I feel more humanity. Alison is acted by Patricia Arquette. I knew her by the movie "True Romance" with Christian Slater, and liked her a lot feeling some resemblance with Anne Parillaud in Nikita. Patricia has not been in the scene after that for a while, but now is back with Medium to TV world. I'm so happy now because more stories of Medium are waiting for me!

月曜日 3 24, 2008

フィードバック機能 (Feedback feature on docs.sun.com)

docs.sun.com にフィードバック機能が付いたそうです。

Need Your Feedback

ほんと!? それは、嬉しい。前から欲しかったのです、フィードバック機能。使う人の感想も知りたかったし、ユーザーとして自分の意見も書きたかったし... ふむふむ、プラスマークがあるのね? それがフィードバック機能なのね? ... と、探してみました。

... ありました。docs.sun.com の画面 (どの画面にもあります) の一番上と一番下の右端に [+] と [-] が、くりくり回っています。その横には Feedback の文字が。(んー、ちょっと地味かもねぇ) と思いつつ、クリックしてみます。

ばーん、と英語の画面が...。


(う、英語か...) ここでも言語を選べるといいですよねぇ。あ、そのことを早速書き込みしてみよう。えー、まず Choose a topic for your comment... ということで、コメントを書くなら何に当てはまるか選ぶらしいです。以下のような選択肢があります。( ) で訳を付けてみます。


  • Praise/Kudos (プラス評価)

  • Incorrect Information (内容の間違い)

  • Missing Information (情報の不足)

  • Typo or grammatical issue (誤植または文法ミス)

  • Finding Information (情報の検索)

  • Website design (Web サイトのデザイン)

  • Broken link (リンク切れ)

  • Other (その他)

わたしのコメントはー.... その他かな。

「Feedback のユーザーインタフェースもローカライズしてください。日本語を選ぶと日本語で表示されて、コメントも日本語で書きたいです。」と入れてみます。

その下には、「If you are reporting a technical issue (other than a broken link), please email dsc-customer-feedback@sun.com.」と書いてある... リンク切れ以外の技術的な問題は、こちらまでメールしてください、ですって。うーん、少し迷いますが、とりあえず Feedback 画面で報告しておきます。

What is the name of the document you were viewing or were looking for ? ということで、捜し物は何ですか? と聞いています。ドキュメントはないので、ここはブランクで。というか、コメント欄以外、全部ブランクになってしまいますね。

最後に「Submit」ボタンをクリックします... あ! だめでした。メッセージがポップアップして「Please choose an overall rating before submitting.」と言われました。右側にある Overall の評価をしないとだめなんですね。わかりました、記入します。

さて、これでコメントは送信されました。今回は英語で入れたんですが、内容についてコメントする場合は、やっぱり日本語でないと説明できないですよね。だから、日本語で記入してもいいのだと思います。でもこの後、確認しておきます。

リンク切れの問題や表示がおかしいなど、この機能を使って教えてもらえると嬉しいです。もちろん、誤訳も! ... ないことを祈りますが...

ところで、Praise と Kudos って、どう違うのでしょう。Kudos を英英辞書でひくと「praise for an accomplished work」と出ます。Praise が称賛で Kudos は謝辞なのでしょうか。研究社の英和/和英大辞典、広辞苑、ロングマン英英辞典など、調べてみましたが、はっきりとはわかりませんでした。英語を母国語にする方、Kudos ってどういうときに使うのですか ?

English:

The Docs.sun.com blog says now they have a feedback feature:

Need Your Feedback

Wow, It is great! I have been longing for this feature to get feedback from users as well as to send my feedback as a user! The blog says every page of docs.sun.com now has a plus mark, and it is Feedback feature ... OK, I will try this now...

... Oh, I found it. On the top/bottom right of each docs.sun.com page, [+] and [-] marks are switching, and the letter "Feedback" is there. (it may be melting in the scene, rather than standing out) I will click this ...

English dialog comes up!


(English...) I wish I could choose my language and read/write in Japanese as we can on docs.sun.com. Let me take this opportunity to enter this comment in the Feedback dialog.
Now I choose a topic for my comment ... There's following options:


  • Praise/Kudos

  • Incorrect Information

  • Missing Information

  • Typo or grammatical issue

  • Finding Information

  • Website design

  • Broken link

  • Other

My comment will be ... Others, I guess.

I will write "I wish I could read/write in my language. Hope this feature has language button as we have on docs.sun.com main page."

Under the comment area, it says "If you are reporting a technical issue (other than a broken link), please email dsc-customer-feedback@sun.com." Should I write email, instead ? I don't know. Anyway, let me report by this Feedback dialog this time.

I will leave the column of "What is the name of the document you were viewing or were looking for ?" blank since this is not about the document. This time, only the comment area I can enter, I think.

Finally, click "Submit" button... No! I can't. The message pops up and tells me "Please choose an overall rating before submitting." I understand Overall rating is MUST. OK, I will.

Now, the comment has been sent. I wrote my comments in English, but if they are about the errors in the localized documents, it is not easy to write everything in English since the contents I want to share is in Japanese. I believe it is OK to send Japanese comments, but I will double check and let you know later.

It would be greatly appreciated if you let us know when you find broken links, editing/layout issues, or wrong translation, though I hope there's no wrong translation ...

By the way, what is the difference between "Praise" and "Kudos" ? I looked in English-English dictionary and it says "praise for an accomplished work" for Kudos. Praise may be more general term and Kudos will be admiration for specific task accomplished ? I read English-Japanese/Japanese-English Dictionary of Kenkyusha, English-English of Longman, Japanese dictionary of Kojien, but I could not find an answer. Anybody knows when native English speakers will use Kudos ?

水曜日 3 12, 2008

紙一重 (thin line)

仕事をする上で、また、日々の生活の中でよく考えることのひとつに「自分の意見を貫いた方がいいのか、他の意見に聞く耳を持った方がいいのか」という逡巡があります。ほとんどのことは、これまでの経験から得ているので、新しいことにチャレンジするときにも「前はこうだった。だから、今度もこれでいってみよう」とか、「前、これで苦労した。だから、今度はやめておこう。」とか、過去の経験を軸にして舵を切っています。

でも、ときどきふと思う。「昔のことはスパッと忘れて、新しい方法にチャレンジしてみたらどうだろう」と。そのときに葛藤する相手は「不安」です。知らないことが多いと怖くなります。そんなときは、新しいことの中にも、自分に理解できて自信を持てる領域をひとつ確保するようにしています。そして、そこを拠点にがんばる、と。

なんだか抽象的な話でわからなくなりそうなので、具体的に。新しいプロジェクトが始まりました。そこでは Pootle という使ったことのないソフトウェアを使うそうです。なんだそれは !? 翻訳のソースは、全部そこで管理するという。心の声「えー、いやだよ〜。なんで変えるの〜? 今までどおりテキストファイルでやりとりすればいいのに...」。でも今更変えられそうにないので、使ってみる... ダウンロードすれば PO ファイルなんだね。オフラインで作業できるのか。PO ファイルならなんとかなりそう。。。と、ここまで理解できれば、あとはどこまで Pootle を活用できるのか実験してみようという勇気が出てきます。

ちなみに、これは OpenOffice.org 3.0 に向けての翻訳のお話です。今、翻訳者募集しています。

さて、ここで今日のタイトルに戻りますが、「信念を持つこと」と「頑固であること」は紙一重だなぁと思うのです。翻訳や翻訳プロジェクトはこう進めた方がいい、という信念を持っています。でも、それに固執していると、「頑固な人」になってしまうのよね。気をつけよう。

で、これを英語でいうと何なんだろうなぁと思っていたら、ドラマの中で出てきました。「There is a thin line between conviction and stubbornness.」これは、ドラマ 24 で大統領を諫める大統領補佐官が言っていた言葉。以前、どこかエントリに書いたんですが (探したけどわからなかった... 自分のブログなのに恥ずかしい)、「勇敢であることと馬鹿げていることは紙一重だ」という表現がありまして、それは「Braveness and stupidity are close friends」だったと思います。同じことを言うのでも、友人同士の会話とホワイトハウスでの会話では違うものですねぇ。

English:


One of the things I often think about is the question to myself "Should I stick to my thought or should I listen more to other ideas ?"

I could say, most of the decisions are made based on my experiences. For example, "It went well last time, so let's try the same thing in this release." or "I had a very bad experience with it, so I don't repeat the same this time."

At the same time, however, I wonder I may have to forget the past and try the new things by pulling together all of my courage. The one I have to fight against in that case is "fear". I often feel fear and anxiety when trying to do something new for the bigger project. To overcome the fear, I always try to find a space where I can be comfortable and reserve it as my "home" which protects me.

Let me be more specific. The new translation project starts. Project manager says "We will use Pootle for this release." Pootle is new to me. I know Pootle, but have never worked on it and never used in the real project. I was panic at the beginning "How can I use Pootle ? Should I use it for such a big project without training ? Why ? I have been comfortable with the existing method using text files." Those were in mind out of the fear. Then, I tried using Pootle and understand I can work on PO file once I download the file from Pootle. Now I find it my safe house, and can be more brave to evangelize the best usage of Pootle.

BTW, this is the real story about OpenOffice.org 3.0 translation project for Japanese. We are open to translation contributors for Online Help and Message updates!

Now, it's time to go back to the title today - thin line. Having strong will sometimes lead to be stubborn. I have a strong will and policy about how to translate or how to manage translation project, but if I stick to my thought too much, I will be just a stubborn person. I should remember this time to time...

I have been thinking what is English expression of Japanese phrase "紙一重" [kamihitoe]. It literally means "Conviction and stubbornness is opposite side of piece of paper".
A week ago, I found an answer when watching DVD of US drama "24" in conversation between President and National Security Adviser: "There is a thin line between conviction and stubbornness.".

I cannot find my previous entry but I know I blogged about another example of this: "Braveness and stupidity are close friends". I realize how it can be said differently depending on the persons and occasion. One in White House and another in conversation between friends on the deck of the space ship leaving for an adventure.

火曜日 2 26, 2008

while の訳し方 (How to translate "while")

久しぶりに翻訳方法について書いてみます。ユーザーグループのみなさんと翻訳のことについて話すのは、本当に楽しいです。今日はその中から間違いやすい while について。


While the application development by this tool is pretty straight forward,
the add-on will dramatically improve the efficiency.

while の訳は「〜している間」というのがよく知られています。でもこれは、ちょっと違うみたいじゃないですか ?


このツールでのアプリケーション開発が非常に簡単である間は、アドオンが素晴らしく効率を改善します。

いまひとつ意味がわかりませんよね。while には、「〜ではあるが」という意味もあるのです。くだけた言い方をすれば「ま、確かに〜なんだけどね、」という感じ。だから、この訳は次のようなのがぴったりです。


このツールでのアプリケーション開発は非常に簡単ですが、アドオンを使用することでさらに効率が
アップします。

「〜のあいだ」という意味の英語には during もあります。意味はほぼ同じですが、その後にくる英語の構文が違います。during の後ろは必ず名詞です。一方、while の後ろには主語+述語の文がきます。


During your vacation, who can I ask about this issue ?
(あなたが) お休みの間、この件について誰と話せばいいですか ?
while を使うと...
While you are on vacation, who can I ask about this issue ?

書くときじゃなくて話すときは、わたしは while の方をよく使うんですが、みなさんはどうですか ? during はその後が短くないと自分でも構文を作りにくいし、聞く方もわかりにくいから、while が多くなるのかもね。

English:


It's been a while since I wrote about how to translate last time. I really enjoy discussing the tips of translation with user group members. Today, let me share one example - how to translate "while".


While the application development by this tool is pretty straight forward, the add-on will
dramatically improve the efficiency.

In Japan, I believe "while" is translated usually as "for a certain period of time in which something is going on", but it seems to be not appropriate in this case, doesn't it ?


During the time where the application development by this tool is pretty straight forward,
the add-on will dramatically improve the efficiency.

Hummm... it does not make sense. This is because the translation should be "it is true, but ...". It is not strict "however" or "but", and just slightly add the implication of opposite or different idea.


It is true the application development by this tool is pretty straight forward,
but the add-on will dramatically improve the efficiency.

You can use "during" to represent the former one (for a certain period of time...). The difference is what it follows; "while" will be followed by Subject + Verb, and "during" by Noun.


During your vacation, who can I ask about this issue ?
If I use "while"...
While you are on vacation, who can I ask about this issue ?

Most of the cases, I use "while" in speaking. Maybe because it is more convenient... I can start with "I" or "you" or something as a subject. This will not break my stream of thoughts. How about you, English speakers ?

金曜日 2 15, 2008

デブサミ 2 日目 (Developer Summit 2nd day)

デブサミ 2 日目が終わりました。1 日目より少し少なめだったかな ? わたし、1 日目に張り切りすぎて、2 日目はまったく声が出なくなってしまいました。やっぱりしゃべりすぎなんだよねー... と反省して、ひたすら笑顔で応対 (のみ)。でも、翻訳ツールの話になるとつい出て行ってしまい... 「声が出ないので、すみませんが近くに来てください」などと身振りで頼み、ヒソヒソ話でデモ&説明。聞いてくださった方は、わたしのしゃがれ声に驚いていらっしゃいました。すみませんでした。

ブースに来てくださった方は、OpenSolaris はご存知でも、ほとんどの方はポータルを知らないということでした。もっと知ってもらって、おもしろいものにしなくては! と決意を新たにしました。

個人的にとても嬉しかったこと。わたしのことを、まっすぐ見て「ブログ読んでいます。楽しみにしています。」って言ってくださった方がいらしたのー!涙出そうに嬉しかった。ありがとうございます。もっと更新しますからね。

English:

Developer Summit 2nd day is over. The attendees are little less than the 1st day, I guess ? I must have talked too much and too loud on the 1st day, and my voice has gone on 2nd day. I know I know, I should shut my mouth and listen to them instead of talking. So, 2nd day, I was smiling, nodding, and bowing (only)... but when the topic is about Translation tools, like memory or glossary, I could not stop coming to the guests. I asked them to come closer to me by gesture, and whispered them how to use Translation Memory tools. I'm sorry they looked so surprised by my voice.

I realized most of them know OpenSolaris, but not OpenSolaris portal, and made up my mind to put more focus and energy to increase the visibility of JA portal.

Personally, I was delighted to meet the persons who looked me in the eyes and told me "I am enjoying your blog. Looking forward to the updates." What a encouragement! I promised in my mind to update more. Thank you very much.

水曜日 2 13, 2008

デブサミ 1 日目

Developer Summit 1 日目が終わりました。大盛況だった... ように思うけど、例年はどうなんだろう。立ち見の人もいたみたいだし、始まる前は「こちらが列の最後尾となっておりまーす!」って看板持ったお兄さんが入場整理してたしなぁ。

わたしたちのブースは D 会場の目の前で「いい場所だわー」と喜んでいたのですが、入退場時には人でいっぱいになって大変な騒ぎでした。だってみなさん、ずんずん進んでいってしまうから、なかなか声を掛けられず... それでも今日だけで 30 人ぐらいの方とお話できたかな。明日もよろしくお願いします。

English:

Developer Summit 1st day is over. There were a lot of people coming and going to the sessions and our booth. I know only this year, but most of the sessions were fully booked and I felt so much of liveliness. The staff held a sign board and spoke out loud to the attendees "Here is the end of the waiting line!", and they were very busy with controlling the traffic.

Our Community booth is right in front of the hall D and I had been so happy to have such a nice place... but I realized we had a limited space when the session is over. So many people coming in and out of the hall, and they are heading straight to where they want to go. I was intimidated to ask them questions... Still, I think we talked with about 30 people in a day. Looking forward to seeing you more tomorrow!

About

user13133135

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日
Bookmarks