木曜日 12 24, 2009

クリスマスイブだー (It's a Christmas Eve!)

今日は久しぶりに、なんでもない話をします。クリスマスイブですね。

わたしは、一年の中でこの季節が一番好きです。空気がつーんと冷たくてクリアで、すべてがよく見えて、そしてすべて新しくスタートできそうな気がして。

そこでちょっと哲学的な話を。

どんなことにも理由はあると思う。今住んでいる国、場所、家、仕事している環境、家族... 偶然だとか成り行きだとか、だから仕方ない、自分では変えられないって思っていることがいっぱいあるよね。でも、本当に変えられないのか?と、自分に聞いてみる。何度も何度も聞いてみる。すぐに答えが出ないときは、その問いを胸にとどめておいて、何か刺激があるたびに、問い直してみる。そして、変えられるものは変えていき、変えられないものは自分の中で整理して納得して前に進む。。。。今年は、そんな一年でした。

変えられるものを変える勇気、変えられないものを受け入れる力、そしてそれらを見分ける知恵 ... これは、わたしにとって永遠のテーマだと感じています。

たくさんの変化の中で、それらを追いかけているだけでは、いつも被害者になってしまうよね。でも、こんな場合はこうしようって作戦をたてて、自分が先頭にたっていけば、主導権を持つことができる。そう思って、いろんなことにチャレンジしてきました。でも、今年は自分の力では変えられないことが多かったーーー。。。(と思いませんか?)

とはいえ、その中でも、たくさんの作戦をたて、選択をしてきているのです。知らないうちに。今、ここにいてこのブログを書いていることも、わたしの選択。だから自信を持って進んでいこうと思います。来年も、がんばるぞー! Open Source Conference 2009 Tokyo/Spring にも、出るぞー! そのころの私は、どんなふうになっているでしょう。2 月末です。すぐそこだけど、とっても遠い。

ではみなさん、メリークリスマス!そしてよいお年を。来年もよろしくお願いします。

English:

I will not talk about Translation today, and talk about "nothing" but personal. It's a Christmas Eve today!

I like this season the best in a year. Very cold, clear air, and everybody looks happy. It makes me feel I can see everything clearly and I can start everything from a scratch in a new year.

I'll talk something spiritual today.

I believe everything has a reason to be there. Where we live, what we do for living, family, friends... everything seems to happen by coincidence or seems to be unavoidable. But I know there's a reason why we chose it. Yes, we chose it before or after we were born. We are making decisions while we are not aware.

I often ask myself "Is that what you want? If not, can you change it ?" I cannot answer sometime, then, keep that question in my mind and take any chance and ask again. If the answer is yes, I change it. If not, I manage myself to accept it. Never avoid looking at the fact, and try my best to deal with it. That's the way I lived this year.

Grace to accept with serenity the things that cannot be changed, courage to change the things that should be changed, and the wisdom to distinguish the one from the other - this is my life-time goal.

I want to find myself in the driving seat of my life. I may not be able to stop the big wave is coming, but I can prepare myself to live over the wave. I do not want to be a victim of the fate. ... but, this year, there has been too many changes and uncertainty that we cannot control... Don't you think !?

It's true we did not have much that we could change. But, we are making decisions in every minute, and we can change our decisions at any time. Like now, I am writing this blog here in my home office. This is the result of what I have been choosing this year. It's my work and life, and I am proud of it!

Now, let's keep going in the next year too. I do not know what happens to us, but I will join Open Source Conference Tokyo / Spring in February! ... February... only 2 months away, but sounds so distant! I want to write a letter to me in February. I want to ask a lot of questions, like what are you doing ? where are you located ? ... but in the end I will ask instead, "Is it what you want ? If not, can you change it ?"

I wish you all a happy holiday season! See you next year! ;-)

金曜日 9 05, 2008

エネルギーは貯めるより作る (Energy to be generated, not to be saved)

今日は久しぶりにつれづれ日記。このごろ、エネルギー不足だったんですよ。なんでかなぁ。暑くて体調悪いからかしら、それとも、ストレスのせいかしら...と考えて、早めに寝たり気分転換に趣味に走ったりしていましたが、いまいち効果を感じられず。でも、だんだん元気が出てきましたの。さて、どうしてでしょう ?

それは、休んだからでも、気分転換したからでもなく、問題に真っ向からぶつかって「わずかな光」が見えたから! でした。それは仕事のことなんですが、ちょっと腰のひけてた件があって、いつかはやらないといけないことなんだけど、今は目をそらしておきたい、といった状態でした。私の場合、「腰のひける件」というのは、だいたい「何をすればいいのか、ぼんやりしていてイメージがつかめない。でも、やらないといけない。」という件であることが多いです。「ぼんやり」から「はっきり」へと転換させないといけないのだけど、それをするには情報が足りなくて、情報を得るには、いろんな人と「ぼんやりした」話をして「はっきり」するまで、まとめていかなくてはいけない。

ううう... それをするぐらいなら、今、手元にあってやり方のはっきりしている仕事がしたい〜... という状態が 1 週間ばかり続いていました。でも、それでは心が晴れないんですよ。わたし、真面目すぎますか ?

でもその状態に我慢ができなくなってきて、ついに勇気を出して一歩踏み出してみました。「あのね、これこれこういう件なんだけど、どう思う ?」「この後だれに話すといいかな。」「それをするには、どうすればいいかな。」といった具合に、だだだーーーっと進展して、あっというまにイメージできるようになったのです。ああ、うれしい! これならできる。さっさと進めてしまおう。と、元気百倍。

こんなことなら、早く行動するんだった、あの落ち込んだ日々は何だったんだろう、と思います。エネルギーを貯めるっていうけど、本当は、貯めておくんじゃなくて作っていくものだったんだなぁ。忙しいときほど、エネルギーは湧いてくるものね。すぐには解決しないことでも、ずっとその壁に向かっていたら、いつかは光が見えるって信じて、これからも頑張ろうと思いました。ちゃんちゃん。

English:

Today's entry is like my monologue... It's been a while since I wrote such a personal thought. I have been down for a while, but I did not know why. I assumed I might be tired because of too hot summer or too much stress, and tried to get more sleep or spend more time on my hobby. But both of them did not work well and I could not feel better at all. After some other try, however, I am reviving again now! Do you know what worked ?

It's not the sleep or change of air, but the courage to face the wall. I pull the courages together and go against the wall to see a glimmer of light through the tiny hole. The "wall" is a difficult task in my work. There is a high level goal and I know I have to do something to accomplish it, but I have no idea what I should do.... that's the typical "wall" that I have. It is so high and I cannot break it with my bear hands. I need a special tool, but don't know where to get it. To be more specific, the goal is understood literally, but it is still high level propaganda and I cannot figure out what I can/should do to make it happen - I cannot break it down into the small pieces that I can work on. I know I have to communicate with people, various people, outside of my daily communication path, and drive the idea into actionable items.

Oh, but it take so much energy... I want to put it aside and focus on the tasks that I can manage with the known process... that's the voice from my heart. I know I know, this will not clear my mind. This last about 1 week, and now I cannot stand it anymore. Maybe I am too serious and diligent.

Anyway, I made up my mind to face the wall and dig a hole. I walked in their spaces and talked "There is such an issue. What do you think?" "Do you know who I should talk to ?" "What would you recommend to do to make it happen ?" "What do you think about this plan?" .... the issues are now broken into pieces and I successfully separate the things that I can resolve and not. This is a small but brilliant light for me. Now I can describe what I should do. It makes me so happy.

Now I look back my path, and feel I should have realized the energy is not to be saved but to be generated by actions. I remember my tendency that I will be more energetic and happier when I am extremely busy. I will keep facing the wall and take an action even if it looks robust - maybe the wall is not thick enough and if I take courage to punch it, my small fist may dig a hole... that's a lesson I learned today.

木曜日 5 22, 2008

一番うれしい言葉 (Most encouraging words)

Comments to my last entry was so encouraging. Thank you everyone! Especially, I was moved deeply by the comments by Melanie. She mentioned "I want to be more like you." I have not ever accepted such a wonderful complement for me. I was so happy and almost crying.

In my few experiences, mostly they were like, "You are great! I cannot be like you." I don't know why, but it makes me feel alone.

I understand they wanted to encourage me especially when I am challenging something new and hard. I really appreciate it, but I felt the distance between me and him/her when I heard "I cannot be like you".

I've been asking myself "Hey Reiko, you are so selfish and arrogant! Then, how do you want to be encouraged after all ?" The answer is exactly what Melanie said, "I want to be like you". Thank you, Melanie. It is my honor to have such a complement fro you.

Analyzing why I feel this way... maybe because I really enjoy communicating others and working/playing in a team. Is this related to the way I spent school days ? I've been a volleyball players for six year in school and playing a vocal part in a music band. Both of them needs team work, don't they ?

日本語


ひとつ前のエントリにもらったコメントに感動していました。しばらくブログ書けていなかったんだけど、とても元気付けられました... みなさん、ありがとうございます。中でも、Melanie がくれたコメントには深く心動かされました。「わたしも、もっとあなたみたいになりたいわ。」と書いてくれたの。こんなに素晴らしい賛辞を受けたのは初めてで、本当に嬉しくて、涙出そうになりました。

そんなに褒められることが多いわけではないんだけど、たまにあったときは「すごいね! わたしにはできないわ。」というのが多かったのです。なぜだかわからないけど、そう言われると、寂しくなってしまって。

どういう言い方であれ、私のことを力づけてくれようとしているんだって、よくわかっているし、本当にありがたいなって思います。特に、何か新しいことや苦しいことにチャレンジしているとき、みんないっぱい声かけてくれます。ただ、「私には無理だわ」って言われると、距離を感じてしまって。。。

「んな勝手なこと言ってー、じゃ何て言われたいの !?」と自問してみたんですが、そのときの答えが「私も、あなたみたいになりたいわ。」だったのです。Melanie、ありがとう!

どうしてこんなふうに思うのかと考えてみたところ... たぶん私は人と話すことが大好きで、チームの中で仕事したり遊んだりっていうことを楽しむ性格なんだな、と思います。こういう性格は、学生時代に培われたものなんでしょうか ? そういえば、中学高校とバレーボールをやっていたし、バンドで歌っていたなぁ。どちらもチームですることだよね。。。

木曜日 4 03, 2008

桜の思い出 (Memories of Cherry Blossom)

桜が咲いています。私にとって桜は特別な存在です。春を告げる妖精であり、固まった心をほどいて、後押ししてくれる心強い灯火のような。

私は寒いのがとても苦手で、冬になると生命力が落ちます。いや、本当に。その分、春の気配にはとても敏感で、ちょっとしたことも敏感にキャッチできるんですよ。

まず 3 月になると風の冷たさが緩んで、4 月になると風に香りがついてきます。最初は土の匂いで、その次に花の蜜の香りになってきて... 空は青さが増して、太陽の光が頬を両側からぎゅーっと包み込むように感じます。そして、ぱっと顔を上げると、桜の華やかさに心を奪われます。春ってドラマティックですよねぇ。

桜には魔法の力があるように思います。真っ黒な幹をして、それまでは地味な様子で立っているのに、春がくると「ぱあーっ」と音がするように、あたりを圧倒するんですもの。でも、それだけじゃないのかもな。桜を見ると、「さー、がんばらなくちゃ」と心が浮き立ってくるのは、新年度が桜の季節に始まるからではないかしら。

幼稚園から大学まで、18 年近く桜と一緒に新学年を迎えてきた私には、いつも桜は「がんばれよ!」と後押ししてくれる存在でした。色々あったけど、学年変わるしクラス変わるし担任変わるし、またゼロからスタートできるかも!と、わくわくしていた記憶があります。「大丈夫、なんとかなるよ」って、今も応援してくれている気がします。

サンは 7 月が年度の変わり目なので、4 月は単に Q4 (Quarter 4) の始まりなのですが、やっぱり始業式・入学式・入社式のイメージが色濃く自分の中に残っていて、また新たに始めようという気持ちにさせてくれます。日本以外はどうなんでしょうね。中国の友人に聞いたら新年度は 9 月ですって。アメリカもそうですよね。すると、また違ったものに「スタート」を感じるのかしら。今度、聞いてみようと思います。

English:

Cherry blossoms are almost full in bloom. Cherry blossoms are special to me. They are fairies telling Spring is coming, and the shining ray of hope to me.

I am not good at enjoying life in a cold weather, and even feel my life will be much closer to the end... That's why, I know I am more quickly catch the sign of spring.

In May, I feel the wind starts to show more generous smile and I smell the odor in it - the smell of wet soil changes to the aroma of flower and its honeydew. The sky is deep blue and the warm sun ray will hold my cheek gently... and when I looked up, cherry blossoms catch my eyes and never let me go...Spring is so dramatic.

Cherry blossoms may have a magical power. They stand quietly without leaves or flowers on their limbs and just keep in black in other seasons. But suddenly, when the time comes, they start to dominate everything drastically. May be it is not the only reason why I think they are special to me.

I have always been supported by them at the beginning of the new year in school for almost 18 years. When I see them, I feel "I can do it!". I will have a new grade, new class, new teacher, new place to live or work... I tended to be nervous, but always they encourages me by telling "You can do it".

Sun's fiscal year starts at July, and April is just the beginning of Quarter 3, but still the cherry blossoms remind me of the encouraging feeling and I feel as if I can do anything in the "new year".

When I asked my friend in China, she said the school starts in September. So does in US. I wonder what is the symbol of starting a new life for them ...

水曜日 2 20, 2008

声が出るようになりました (My voice is back)

先週のデブサミ一日目ですっかり枯れてしまった私の声ですが、なんとか戻ってきました。まだ掠れているけど、考えていることを文字より早く伝える手段としては、機能しています。今回痛感したのですが、声が出ないって辛いですね。声で伝えることって、あまりに多い。それに、声って雄弁です。元気がないときは低くて小さくなるし、アピールしたいときは、大きく高く、張りのある声になります。

知り合いの人と話す分には枯れた声でささやいても通じますが、初めて会う人に注目してもらうには、ささやきでは無理です。それから、電話。会うのではなく電話で話すときは、声が命ですよね。毎日の仕事では、家から仕事することが多いので、電話でのコミュニケーションは重要です。各言語の品質担当者 (Language Lead と呼んでいます) とは電話でしか話したことがないのですが、月に 1 - 2 回は、アメリカ-中国-ドイツ-日本の 3 つのタイムゾーンをまたいで話しています。ちょうど今週のはじめにあったのですが、直前になって「あっ、わたし声が出ないんだ」と気づいて、呆然としました。

電話会議で複数の人が参加する会議電話で声が出ないなんて、どうすればいいの !? わたしの意見は言えないの!!と、大変あせりましたが、なんとかその電話までには声が出るようになりました。よかったですー。

わたしは一時的に声を失ったわけだけど、生まれたときから、または途中から永久的にそうなってしまった人もいらっしゃるんですよね。そういった方々のご苦労を、ほんの一瞬だけど経験できました。手話を勉強してみようかなと本気で思っています。経験してみてはじめてわかることが、たくさんあります。大変なことは避けて通りたいって思ってしまうけど、せっかくだから、チャンスがあればいろんなことを経験して学んでいきたいなぁと思います。ちょっと真面目に考えすぎかな? 声枯れただけなのに...

English:

My voice is back just barely... I have lost my voice on the 1st day of Developer Summit 2008 last week, but now it is working as a way to tell what I think much quicker than writing. I painfully realized how important it is to tell something vocally. The voice is so fluent... it can carry lot of information about ourselves, in addition to what we want to tell. If we are feeling down, the voice will be small and low. If we want to appeal something, it will be loud, high, and full of life.

I feel OK if I am talking like whispering to someone I know, but it does not work to pull attention of those who I don't know..., and phone! The voice is the only way to share what I think on the phone. I have bi-weekly or monthly cross-geo meeting across three time-zon: US, Germany, China and Japan. It is Language Lead meeting (we have one representative per language for translation quality assurance, we call it Language Lead). The most recent one was early this week. It was just before that meeting that I realized I had no way to tell what I think, and I was shocked. It is so easy to lose the way to join the meeting.

I was almost in panic to know I cannot do anything with this, but just have to listen to the meeting is going without my intervention. Fortunately, my voice is back on the day of the meeting. I was so lucky...

For me, it is only a tentative situation, but I imagine how it is hard to lose voice permanently. I experienced that feeling just for a few days, but it was not easy at all. There are many things that I cannot understand until I experience. I've started to think about learning how to use sign language. I tend to wish I could avoid any difficult situation, but now I feel I should challenge and learn more. May be I am too serious to think this way just from the experience of losing voice ?

木曜日 1 17, 2008

今年もよろしくお願いします (I'm up and running)

今年は 1/7 (月) から仕事始めだったのですが、やっと今日になって自分のペースが戻ってきました (遅い!)。仕事って追われてると、本当に辛いね...

今は「さーて、何やったろうかなー」という、とても意欲的なフェーズに戻ってきてハッピーです。こういう気持ちのときは、わたしの「勝ちパターン」で、新しいことにチャレンジできるし失敗してもすぐに立ち上がれます。なにやろっかな〜...

あ! そうでした。年末に jMusu のキックオフをしたのです。そのときに、翻訳をしていこうと話したのです。でもって、翻訳面からのサポートとして、ここに書いているちょっとした「翻訳のコツ」を、読みやすくまとめようと思っていたのです。でもその前に、最近はあまり翻訳のことを書いていなかったので、これからもっと書いていこうと思っています。まとめの方もやっておきます。

言わないでいると、どんどん後回しになっていくので、今年頑張ろうと思うことを並べてみます。


  • スタイルガイドをよりシンプルにする
  • 実際の翻訳活動に参加していく、翻訳技術やツールのサポートをする
  • 翻訳に関する情報をまとめて、オープンにする
  • 情報を発信し続ける
  • ひとの話を聞く
  • 悩まないで行動する

... なんか最後の方は人生相談みたいになってきてしまいましたが... 全体的なテーマは「行動すること」です。考えて考えて悩んでいるより、とりあえず行動してみて、それから考えるようにしたい。失敗したら怖いからといって、恥をかくからといって、何もしないでいることをやめようと思います。今年も張り切っていきますので、どうぞよろしく!

English


It was Jan. 7th that I started working in this year. It took almost 10 days to catch up with the days before the break. I realized how painful it is to be chased by the work, instead of controlling the work.

Now I feel full of energy to challenge and start new things... I like this feeling very much. I know I can be ambitious and adventurous, and will not be discouraged/depressed even if I made mistakes...

I had a kick-off meeting with jMusu community members for translation in December. I promised them to create customized styleguide and summary of the translation tips that I am writing in this blog. Then, I realized I have not been writing about such translation tips for long. I will write more in this year, I promise!

Let me list the things in mind ... to stop me giving a number of excuses:


  • Simplify/customize styleguide for community usage
  • Join the translation efforts, and support the translation technologies and skills.
  • Organize translation-related info and open to all.
  • Keep sending information/ideas to community and all.
  • Listen to others, instead of talking myself
  • Take actions, instead of thinking too much

I know the last part is more like my monologue... but the common theme is "Action". I want to bring up the results, rather than thinking too much and holding actions. I am looking forward to "myself" taking more actions this year. Let's see...

日曜日 12 30, 2007

今年が終わりますね (Looking back this year)

年末の休みに入る前になんとか目処をつけなくては!とあせっているうちに、なだれ込むように年末休みに突入してしまいました。12 月 20 日前後になると、US をはじめどの国でも年末モードになって、メールを出しても「お休みしてまーす」という自動返信メールが来てがっくり。ということが多いです...という自分も先週から休んでおり... 怖くてメールは見ていません (メールくれた方、ごめんなさい)。

今年の漢字は「偽」でしたね。わたしの今年は、一字で表すなら「助」です。色んな人に助けてもらいました。これまで、ひたすら頑張ってきたという気持ちでしたが、自分ひとりでは到底解決できないことが山のように押し寄せて、もうどうすればいいのかわからないというのが、正直な気持ちでした。覚悟はしていたけど、二人の子供を育てながら仕事に復帰してフルタイムで続けていくのは、やっぱり相当しんどかったです。

体力的にもつらかったけど、何より苦しかったのは、精神面。自分のやりたいことと、自分でできることの間に、どんどんギャップが広がっていって、それがとても苦しかったです。

そんなときに、「では私がやりましょう」と言ってくれたり「こんなやり方もあるよ」と教えてくれたり、手を差し伸べてくれた人がいたんですよね。職場の同僚、上司、プロジェクトチームのメンバー、コミュニティーのメンバー、研修のトレーナー、メンター、コーチ、友人、家族、本当にたくさんの方々に支えてもらいました。

だから二文字だったら「感謝」です。来年はもらったパワーを発揮して、ばりばりやるでー!という気持ち。来年も、どうぞよろしくお願いします。

English

While being killed with so many emails and tasks to be done before the winter break starts, now I have only two days before this year is over. Almost all contries are in Christmas and/or New Year break when it is close to Dec. 20... and any urgent email will be returned with a auto reply "I am on vacation". It is the same with me, and I am in a winter break from the last week, and cannot open my mail box (I'm to scared. sorry).

I do not know since when, but it is one of our (Japanese) year end ceremonies to choose one Kanji (Chinese Character) to best describe what happned in this year. The one for this year is "偽" which means false or fake. It reflects the serious problems with corporate governance damaging customer's trust, such as by disguised ingrediantes and unappropriaely renewed expiration dates.

The Kanji for myself is "助". I was helped by so many people for various ways. It was very hard to come back to full-time job with two children and the office was moved far. The gap between what I wanted to do and what I can actually is becoming bigger and deeper.

In the middle of the dark, however, there are people encouraging me by telling "there are many ways to do, you don't have to stick to one way", or even "I can do it for you". My colleagues, managers, project members, community members, trainers, mentors, coaches, friedns, and my family... I feel so grateful to them all. If I can use two letters for that Kanji, I choose "感謝".

Let me say, Thank you so much for your help and support for this year. Now I am fully charged with energy, and am looking forward to pouring it into the jobs and things that I have not completed this year.

Let me wish you all a happy New Year!

水曜日 12 19, 2007

ご無沙汰してしまった (Long time no see!)

ずっと風邪でダウンしていました。今週になってフルパワーになったんですが、
今度や山のような宿題があってこのページまで来れず... げほげほ。

1 週間以上書いていないと、いつも頭のどこかに引っかかっていて、
苦しい気持ちになってしまうのよね... 「書かなきゃ」というより「書きたい」なんだけど。

思いつくことがあると、とりあえず書きたいと思ってしまう。時間がないので、
だいたいメールやブログが対象になるんですが、何年か前までは日記を書いていました。
紙にペンで。日記を始めたのは中学生のときで、それ以来、断続的に続けてきたのです。

でも最近書いてないです。もっぱらキーボードをタイプするばかりで、鉛筆持って書いていない。すると、漢字を忘れます。読めるけど書けません。ここ何ヶ月か研修を受ける機会が多くて、フリップチャートにマーカーで書こうとすると、これが苦労するのです。

しかも、グループの意見をまとめて、さあ書くぞという段階になって手が動かない!というのは辛いものがあります。運動会で思うように足が前へ出なくて転んでしまう、お父さんみたい...?

あまりにそういう機会が多かったので、買いましたよ、百万人の漢字検定 (DS)! これが結構楽しくて飽きなーい。たとえばみなさん、書けますか「こんきゅうする」(こまって苦しむ様)。頭の中にぼんやーり、弓とか冠が浮かぶけど、書けなかったんです、私。ただいま検定準 1 級にチャレンジ中です。がんばるぞー!

English

I have been sick for weeks... finally, I am back alive this week. Then, found out so many homework are waiting for me and I could not come here to update my blog.

I found myuself so frustrated if I cannot update blog for more than a week. Rather than "I have to write something", I feel I want to express something in my words.

I like writing so much. While writing, I come to analyze myself and express my thoughts more organized way. I've been keeping my diary since I am 12 years old with some breaks until a few years ago. Yes, I was writing on a notebook with a pencil. Now I write some, but only on the keyboard. Then, I found I keep forgetting how to write Kanji...

I realized it seriously when I was trying to summarize the comments from my group in the training class, such as facilitation skill. You can imagine how I am embarrassed - every member in the group is looking at my hand with a marker pen, holding a breath and waiting for me to remember the Kanji. Is it like Daddy trying to run faster than he can and tumbling over on the ground at a child's sports event ?

I took it so seriously and was disappointed with myself, and bought a DS game called "Kanji Certificate for Millions' Joy" (This is my interpretation, not the formal name). It is so amazing and amusing! For example, can you draw a Kanji "Konkyu" which means poor and troubled. The image of 弓 and 冠 comes and goes in my vision, but I could not write for myself. Now I passed 2nd degree and now am trying to pass Semi 1st degree.

月曜日 10 29, 2007

コーチングトレーニング Part II (Coaching Communication Part II)

社内のトレーニング「コーチングコミュニケーション」の Part II に出席してきました。前回のレッスンでは、「傾聴」について学んだのですが、今回は、それをふまえて「戦略的に質問する」です。英語では Active Listening と言われています。訳として「戦略的」は、ちょっと意図が含まれる感じがするかも、ですね... でも、「積極的に質問する」だと、一生懸命質問するという姿が想像されて、違うんですよねぇ。「相手のために質問する」かも。

相手が話しやすい環境を作って緊張を和らげた上で、傾聴・質問に入るというのが大事っていうのは、納得します。どこまで話していいのかって、距離を探りながら... ですものね。

今回の Part II では、実際にロールプレイングをして長めのコーチングをやってみます。これが面白かったんですよ。参加者は実際に悩みを相手に相談します。コーチ役は、質問を主体にしながら相手が自分で考え、何かに気づくことを促すというものです。

質問されてはじめて、自分は今まで感情的なところに注意がいっていて、事実や対策について考えていなかったんだと気づきます。わかっているんだけどね... と思っていても、実はわかっていないんですよね。優先順位がついていなかったというか、整理できていなかったというか。

ちなみにわたしの悩みは... 「心配性な性格を直したい」でした。でもこれって重すぎない !? 10 分間で話し合うテーマとして、どうよ !? と不安もありました。

ところが、わたしとペアを組んだ方が、本当にすばらしい方で、見事に解決してくれたんですよ... 彼がしてくれた質問は、おおまかにいって、


  • どんなときに心配になるのですか ?
  • いつも心配ですか ?
  • 不安から立ち直るきかっけは思い当たりますか ?
  • そういう気持ちになるのは、どんなことをしたときですか ?

というものです。解決できない問題ばかり見つめていたけど、それより、その状態から
復活するための方法を考えて方がよかったのね... と気づきました。

勉強にもなったし、元気も出たしで、とってもハッピーになったのでした。
めでたし、めでたし。

English
I have just finished the class called "Coaching Communication (2)". This is the second class of the three coaching classes. In the second class, based on the 1st class of listening, I learned "Active Listening". My interpretation of "Active Listening" is to ask questions for others not for ourselves.

What I enjoyed most is the role playing session where we play a role of coach and and the one who has a problem to talk about. The expected time is only 10 - 20 minutes, but it was so exciting and fruitful for me.

The questions that my partner gave to me let me realize how much I was confused... that is, I was being drawn in the overwhelming emotional waves and could not focus on how to avoid that problem.

My problem is "I do not want to worry too much about the things that I cannot do anything". Maybe I am perfectionist, and sometimes cannot forgive myself or the things that I cannot complete to my satisfaction. I know it is ridiculous to worry about what I cannot help anyway, but...

I know such a topic might be too heavy and large for such a short-time session, but amazingly, my partner resolved this like a magic! The questions he gave to me were like...


  • Could you let me know in which situation do you worry too much ?
  • Are you always worrying ?
  • When do you feel OK ?
  • Can you remember what did you do when you are released from worrying ?

I realized I should have stopped looking at the problem itself, and should have found the ways to free from that bad feeling. It's so simple, but I could not prioritize the things without his help.

Thank you so much, my partner of that role playing, my instructor, and my manager who approved me to attend the lesson!

金曜日 9 28, 2007

顔出してみました (Photo)

ブログ、IRC、メールなど、文字を主体とするコミュニケーションが多いのですが、会ったことのない方とお話 (っていうか「やりとり」?) するのは、とっても緊張します。

わたしは文章の書き方から、その人となりを想像しながら自分の中でイメージをふくらませて、そのイメージに向かって話しかけることをしているんだけど、みなさんもそうかしら。

文字ってたくさんの情報を載せることができるんだけど、やっぱり画像って大きいよね。そこで、自分も画像でわたしってこんなです、と発信してみようかと思って、プロフィールに画像を添付しました。んー、恥ずかしいけど... どうでしょう?

この写真は、ドイツ旅行に行ったときです。ドイツのパン屋さんの前で、おみやげに買ったパンを持っています。ドイツパン大好きなので、ひじょーに嬉しそうな顔をしていますねえ。確かこのときは、甘いシュガーがたっぷりかかったブリオッシュみたいなのと、重たいドイツパンを買ったんです。また行きたいなぁ。

Writing in English


I often communicate by writing, such as blog, IRC, or mail, but still become nervous when talking to somebody who I have not met in person.

I always try to imagine who he/she is like by the way he/she writes and expresses idea/emotion, and talk to that image in my mind. I wonder if this is common way to all...

I know the characters and text carry huge information, but still not enough as the picture does... I am trying to think what is the difference... hummm... one thing is the text is the result of what the writer wants to tell, while the picture is a snapshot of what they look like, and it depends on the observer what to tell... what do you think ?

Now I thought it might be a good idea to put my picture on the profile section so that anybody who meets me in the conference or event can tell where I am. This is a picture from my trip to Germany; I am standing in front of the bakery. You can tell I am so delighted carrying my favorite German bread. I like big heavy dark bread, and some with sugar topped on like melting snow ...Yummy...

月曜日 8 13, 2007

夏休み

ただいまです〜。夏休みをいただいていました。今回は、大磯〜石川〜福井〜大阪〜大磯の縦断旅行でした。初めて車で帰省+旅行をしたのですが、感想は... 「成し遂げた〜」という達成感。「地続きだったんだなぁ」という実感とでも言いましょうか。。。

学生の頃、卒業旅行に友人と二人で 1 ヶ月かけてアメリカを縦断したときの感覚に似ています。あのときは、ホテルの予約もしないで、現地に着いたらレンタカーを借りて、サンフランシスコ、ニューヨーク、フィラデルフィア、マイアミ、キーウェスト、ニューオーリンズ、ロサンゼルスを旅して、「アメリカを征服した!」と勘違いしていました。

新幹線や飛行機も楽しいんですが、どうしても「受け身」な気持ちになるので、自分でずんずん進む車の旅は、またひと味違っていいもんですなぁ。

今回の旅行で思い出深かったのは、「海水浴」「バーベキュー」「夜の水族館」です。夏の王道ですねぇ。。。最後の「夜の水族館」は、福井の小さな水族館 (越前松島水族館) が夜の時間帯にオープンしているっていうもので、昼とはまた違った不思議な世界なんですよ。なんかこう、のーんびりしていて、魚やイルカや亀たちが、水槽の向こうから「あら、来たの ?」っていう顔をして眺めているんです。

水族館としては珍しく (?)、餌もあげられます。小魚にエビをあげるのは楽しかったけど、ウミガメに草をあげるのは、正直、怖かったです。。。亀の顔って、恐竜っぽくないですか !?

イルカのプールでは、みんな、好きなよーに泳ぎ回っています。夜だし外だから暗くてよく見えないなぁ〜って、ひとり黒いプールをのぞき込んでいたら、突然、わたしの前に顔をぶわーっと出して、けたけた笑って、ぶしっ!って潮を吹いて行ってしまいましたよ、イルカくん。楽しそうだなぁ... 夜はまた、別の顔なんですね、みなさん。

今週はお盆ウィークで、夏休みの方も多いようですね。あぁ、わたしの夏休みは、終わってしまった〜。次は、冬休みに向けてがんばるぞ〜。

月曜日 7 23, 2007

ワーカホリックな私

このごろ、ちょっと仕事しすぎ。いや、正確には、仕事のこと気にしすぎ。

仕事が終わった後も、ちょっとでもボーッとすると、「そうだ、あれは、こうやってみよう」とかいって、頭がトリップしています。わりといいアイデアって、そうやってふと思いついたりするので、これもいいのかなぁ。。。

でも、直さないといけないのは、欲張りすぎること。あれもやりたい、これもやりたい、と、次々と気になって少しずつ着手して、一日の終わりに「何もできてないよ〜」と、あせってしまう。。。これが、最悪のシナリオ。

こういうときに必要なのはプライオリティー付けなんですよね。そう、こないだ、メンターにも言われたのだわ...「Get a big paper, wright up everything on your mind, and prioritize them. You should really do this!」... その通りです。でないと、Work & Life Balance もうまくとれなくなってしまうのです。

わかっているんですけどねぇ...Cross-Geo のミーティングは夜の 10 時や 11 時に始まることが多いです。家事や子供の寝かしつけをフルパワーで終わらせてそのミーティングに出るのか、 「この時間は無理なのよね〜」と開き直るのか、それとも、すべて中途半端で放棄して知らんぷりでミーティングに出るのか... 「どうすんの > オレ !?」っていう CM の妻夫木くんみたいに、考えてしまうのです〜。

というわけで、最近ワーカホリックな私。楽しいけど苦しい。録画している海外ドラマも見られません。Lost シーズン III は、どうなるの !?

追記... ま、間違えたっ、妻夫木くんじゃなくて、オダギリジョーでした! 妻夫木くんだったら、「どうすんの、オレ!?」じゃなくて「どうしよう、ボク!?」って感じかも。

月曜日 6 04, 2007

コーチング

コーチングスキルのトレーニングに行ってきました。「コーチング」って日本語でも最近よく耳にしますよね。でも「コーチ」っていうと、部活で「はいっ!コーチ!」って涙目で仰ぎ見る存在という印象がぬぐえません... 中学・高校とバレー部で、鬼のようなコーチにしごかれていたので、いい思い出がないわぁ。。。と、思いながら、参加してみました。

トレーニングは丸一日で、講義と演習が半分ずつぐらい。講義では、「コーチングとは」から始まって、必要な心構え、スキルなどについて話があり、演習では、それらをふまえて、二人〜三人一組で聞き役と話し役を交互に担当し、実践してみるというものです。

なるほど〜、案外難しいですね、「傾聴する」って。と思いました。ついつい、相手が話していることを聞きながら、「自分だったら」とか「それなら、こうすれば!」と考えてしまう。でも、それは「自分のために聞いている」ということなんだって。答えを示唆しては、いけないの。傾聴するっていうのは、「相手のために聞くこと」で、相手が自分で考えるチャンスを持つことができるように、違った角度から質問するということがコーチングでは重要だそうです。

最後に印象的だったのは、4 人一組で、1 人が悩みを相談し、あとの 3 人がコーチングしてくれる、という演習です。テーマは「やろうと思っているのに、なかなかできないこと」。

そこで、思い切って相談してみました。なかなかできないんです、早起き。どうしたらできるんでしょうって、3 分間で状況を話してみました。そこでしてもらった質問に感動。


  • 早起きできないことで、誰が困るんですか ?
  • 何時に寝て何時に起きているんですか?
  • それをどう改善したいんですか?
  • 一番のプライオリティーは何ですか?
  • それは、今の時間帯でしかできないことですか?

これだけなんですが、目からウロコというか、あらためて自分で考えてみることができたっていうか... 困っているって言いながら、実は事実や対策について、ちゃんと把握していなかったんだってことに気がつきました。逆に言えば、こういうアプローチこそが、相手に気づきを与えられるんですね。みなさん、ありがとう!わたしのために、こんないい質問してくれて!

よっしゃー、がんばるぞ、早起き!...じゃなくて、仕事に活かそう、コーチング。

月曜日 5 21, 2007

励ましてもらった

ゴールデンウィークからずっと、更新できなかったです。情けない。 Q3 が終わって、翻訳品質の集計をしていたことと、子供が熱を出すことが多くて時間がとれなかったことと、あと、ちょっとしたスランプ... かも。

何か書けばいいのかなぁ、見てくれている人はいるのかなぁ、、、なんて、ちょっとネガティブモードもありました。

じゃあなぜまた書きたいって思ったの !? といえば、社内の人に声を掛けてもらったんです。初対面の人だったんですが、「どんな方かと思ってブログを見てみたら、いい人そうだし、すごいなぁって思いました。」って言ってもらえて。びっくりしたんだけど、涙出そうにうれしかった。うるうる。ありがとうございます。

そうよね、あんまり肩に力入れないで、ちょっとずつ書いていこうって思いました。ぼちぼち、がんばります。

月曜日 4 02, 2007

春ですねえ

桜が咲いています。でも、咲くと同時に散る桜。花吹雪がはらはら落ちて、ちょっと悲しくもなります。去年の今頃は安静生活だったので、自宅の二階の窓からしか見られませんでした。あぁ、近くに行って見てみたいなぁと心から思っていました。一度だけ、車で桜の下まで行って、そこで降りて、ほんの十数メートル歩きました。窓から見ていたのは、この花だったんだなぁって感慨深かったです。

一年たって今年の桜は、すぐ近くで見られて、また感無量。外を自由に歩くことができる幸せを知ったっていうのも、あります。

横浜の桜より、用賀の桜の方が人間味があっていいなぁと思うのは、私だけかしら。整然と並んだ豪華な桜より、ぽつんぽつんと佇んで盛大に花を咲かせ、花びらを散らしている桜が、なんかいいです。

薄桃色の風に送られて、「がんばれよー」って背中を押されているような気がします。さー、今年もがんばろう! (って、うちの会計年度は 7 月からなんですけどね...)

なんか今日のブログはちょっとセンチメンタルですね。今日、頭の中でまわっている曲が「いきものがかり」の「SAKURA」だからかな。翻訳のこと探して見にきてくださった方、ごめんなさい。

About

user13133135

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日
Bookmarks