木曜日 1 31, 2008

WSRP バージョン 2.0 マイルストーン 1 バイナリ ができました

原文: WSRP version 2.0 milestone 1 binary now available

Open Portal WSRP Project では、最近 WSRP バージョン 2.0 実装のマイルストーン 1 バイナリをリリースしました。と同時に ここ からダウンロードが可能になっています。 以下が、このマイルストーンのインストールとユーザーガイドのリンクです。
  1. インストール方法
  2. ユーザーガイド
WSRP バージョン 2.0 マイルストーン 1 リリースは OASIS WSRP バージョン 2.0 仕様 を実装する OpenPortal WSRP プロジェクトからの最初のリリースです。 このリリースの主な目的は、開発者に WSRP バージョン 2.0 仕様で定義されている、オプショナルで追加的な機能をビルドする為のベースプラットフォームを提供し、WSRP ユーザーにバージョンの基本的な使用例をデモンストレートすることです。

技術的には、WSRP バーション 2.0 仕様の主要機能はオプションとして定義されていて、 すでに WSRP バーション 2.0 実装があることから、バーション 1.0 を 2.0 スキーマに ポーティングすることで、バージョン 2.0 対応とすることができます。 しかし、真のバーション 2.0 実装にする為には、オプショナル機能が実装されることが 要求されます。 OpenPortal WSRP プロジェクト では、これらのオプショナル機能に関する説明/実装を行っています。 是非、WSRP バージョン 2.0 プロジェクトページ で詳細をチェックしてください。

では、このリリースには実際何があるのでしょうか?
  1. v1 実装を v2 スキーマにポーティングすることにより、基本的な v2 実装を提供します。
  2. WSRP プロデューサ実装バーション 2.0 と バーション 1.0 を共に提供します。
  3. v1 と v2 WSRP プロデューサ間の registration-handle/portlet-handle というリソースの共有をサポートします。
  4. コンシューマバーション 1.0 と 2.0 を共に提供します。
  5. v1 や v2 コンシューマを作成するために必要な管理インターフェースを提供します。
  6. v1 と v2 スタックを共にサポートすることで、バックワードコンパチビリティをサポートします。

注意 :上記をデモンストレートする為、コードベースは OASIS WSRP パブリックレビュー 04 スキーマを利用しています。

オプショナル機能の実装に関する、更なるアナウンスを見逃さないでください。 announce@wsrp.dev.java.net に参加してください。
About

user12617983

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日