金曜日 2 20, 2009

WSRP 2.0 FCS バイナリ

原文: WSRP 2.0 FCS binary
The WSRP 2.0 FCS バイナリが OpenPortal WSRP プロジェクトダウンロードページ からダウンロード可能になりました。これは、 すべての WSRP 2.0 必須機能と殆どのオプショナル機能を実装しています。 このプロジェクトバイナリは、上の wsrp-configurator.jar を提供するプロジェクトのスタンドアローンインストールとは別々に以下のリリース製品に組み込まれています。

2. Liferay version 5.2 とそれ以上。

上記のソースコードには "liferay-5.2-snapshot" というタグを付けています - デバッグ用にコードが必要な場合。

トランク上では引き続き 2.1 リリースの作業を行います -- これは メンテナンス リリースです。質問やコメントは プロジェクトメール リストを使ってください。

月曜日 8 25, 2008

Liferay が OpenPortal WSRP プロジェクトを利用

原文: Liferay consumes OpenPortal WSRP project

OpenPortal WSRP プロジェクトのコンシューマがLiferay Portal に統合されました。 次期 Liferay ポータルの安定リリースは、OpenPortal WSRP プロデューサーとコンシューマの両方が統合される予定です。

この統合に関しての詳細情報は以下の投稿を参照してください。

  1. OpenPortal WSRP 2.0 Consumer in Liferay
  2. Testing WSRP 2.0 interoperability in Liferay

この統合に対する更なる情報に関しては、引き続き OpenPortal WSRP プロジェクト メイリングリストに注目してください。 

水曜日 7 09, 2008

リモートポートレットのリース

原文: Leasing for Remote Portlets

WSRP 2.0 は仕様の一部に、ポートレットのリースを提案しています。リースとは、指定した期間プロデューサーと一緒にコンシューマにより登録されるプロセスのことで、その後コンシューマ登録は無効になります。Lifetime は V2 プロデューサーで提供される登録時の省略可能なパラメータです。OpenPortal WSRP プロジェクト (WSRP を実装した Sun のオープンソース) は、この機能を オープンソースポートレットコンテナ 2.0 を利用して実装しています。 ポートレットリースに関しての詳細は この wiki ページ を見て下さい。

ここ はリース機能を利用した入門用です.. 


月曜日 4 14, 2008

WSRP 2.0 の仕様が OASIS で承認されました

原文: WSRP 2.0 specification approved by OASIS

リモートポートレット用の Web サービス(WSRP) の仕様のバージョン 2.0 が OASIS 標準 として承認されました。 以下が承認された仕様へのリンクです。


  1. HTML: http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-spec-cs-02.html
  2. PDF: http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-spec-cs-02.pdf
  3. XML Schema: http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-types.xsd
  4. WSDL:

OpenPortal WSRP プロジェクト は、上記の必要な全ての機能と仕様で定義されているオプションの主な機能を実装し マイルストーン 3 バイナリ がダウンロード可能です。

 

木曜日 3 13, 2008

OpenPortal WSRP バージョン 2.0 マイルストーン 3 ができました

原文: OpenPortal WSRP version 2.0 milestone 3 available

OpenPortal WSRP プロジェクト v2 マイルストーン 3 のダウンロードができました。  OpenPortal WSRP プロジェクトバージョン 2.0 は機能が完成し、OASIS WSRP 仕様が認められれば、いつでも OASIS WSRP 仕様 準拠になります。

OpenPortal WSRP v2 マイルストーン 3 は以下の機能のプレビューで、一部はOASIS WSRP バージョン 2.0 仕様で定義されています。

  1. WSRP 2.0 getResource
  2. WSRP 2.0 キャッシング
    1. マークアップキャッシング
      1. Expiration マークアップキャッシング
      2. Validation マークアップキャッシング
    2. リソースキャッシング
      1. Expiration リソースキャッシング
      2. Validation リソースキャッシング
  3. Tomcat 5.5 サポート
  4. 最新のWSRP 2.0 スキーマへ移行されたコード

プロジェクトダウンロードページから OpenPortal WSRP バージョン 2.0 マイルストーン 3 をダウンロードできます。

 

これが OpenPortal WSRP Project からの最後の主要なマイルストーンビルドです、今後のマイルストーンには、WSRP バージョン 2.0 実装に対して主要な新機能の追加はなく、むしろポートレット管理、CC/PP 等のWSRP バージョン 2.0 の機能を実現する為のプラグイン的な拡張方法を提供します。 

以下が、このマイルストーンに関連するドキュメントの一部です。

  1. Whats new in milestone 3
  2. WSRP installation on Glassfish
  3. Milestone 3 preview document
  4. WSRP installation on Tomcat
  5. WSRP User Guide

引き続き、OpenPortal WSRP バージョンversion 2.0 プロジェクトの今後のマイルストーンに注目してください。もし、これからのアナウンスを継続してトラックし、 OpenPortal WSRP プロジェクトに参加したい場合には、announce@wsrp.dev.java.net エイリアスに登録してください。

もし、OpenPortal WSRP プロジェクトの利用方法に関しての質問やコメント/提案/リクエストがある場合には、users@wsrp.dev.java.net エイリアスに参加することをお薦めします。

OpenPortal WSRP バージョン 2.0 マイルストーン 3 を試用中に問題を発見した場合には、issues@wsrp.dev.java.net にレポートしてください。

月曜日 2 18, 2008

Sun Java System Portal Server の WSRP 機能の音声付きスクリーンキャストデモ

原文: Voice-over Screencast to Demonstrate WSRP Feature in Sun Java System Portal Server

Sun Java System Portal Serverリモートポートレット用の Web サービス(WSRP) 機能 をデモした音声付きスクリーンキャストがあります。 このスクリーンキャストでは、Sun Java System Portal Server で WSRP プロデューサ、コンシューマ、そしてチャネル/コンテナの作成方法を説明しています。

さらに、Sun Java System Portal Server で Netunity プロデューサからリモートポートレットをどのようにコンシュームするかによって、互換性についても説明しています。

すぐ、スクリーンキャストを見て、OpenPortal WSRP バージョン 2.0 のスクリーンキャストを見てください。

木曜日 1 31, 2008

WSRP バージョン 2.0 マイルストーン 1 バイナリ ができました

原文: WSRP version 2.0 milestone 1 binary now available

Open Portal WSRP Project では、最近 WSRP バージョン 2.0 実装のマイルストーン 1 バイナリをリリースしました。と同時に ここ からダウンロードが可能になっています。 以下が、このマイルストーンのインストールとユーザーガイドのリンクです。
  1. インストール方法
  2. ユーザーガイド
WSRP バージョン 2.0 マイルストーン 1 リリースは OASIS WSRP バージョン 2.0 仕様 を実装する OpenPortal WSRP プロジェクトからの最初のリリースです。 このリリースの主な目的は、開発者に WSRP バージョン 2.0 仕様で定義されている、オプショナルで追加的な機能をビルドする為のベースプラットフォームを提供し、WSRP ユーザーにバージョンの基本的な使用例をデモンストレートすることです。

技術的には、WSRP バーション 2.0 仕様の主要機能はオプションとして定義されていて、 すでに WSRP バーション 2.0 実装があることから、バーション 1.0 を 2.0 スキーマに ポーティングすることで、バージョン 2.0 対応とすることができます。 しかし、真のバーション 2.0 実装にする為には、オプショナル機能が実装されることが 要求されます。 OpenPortal WSRP プロジェクト では、これらのオプショナル機能に関する説明/実装を行っています。 是非、WSRP バージョン 2.0 プロジェクトページ で詳細をチェックしてください。

では、このリリースには実際何があるのでしょうか?
  1. v1 実装を v2 スキーマにポーティングすることにより、基本的な v2 実装を提供します。
  2. WSRP プロデューサ実装バーション 2.0 と バーション 1.0 を共に提供します。
  3. v1 と v2 WSRP プロデューサ間の registration-handle/portlet-handle というリソースの共有をサポートします。
  4. コンシューマバーション 1.0 と 2.0 を共に提供します。
  5. v1 や v2 コンシューマを作成するために必要な管理インターフェースを提供します。
  6. v1 と v2 スタックを共にサポートすることで、バックワードコンパチビリティをサポートします。

注意 :上記をデモンストレートする為、コードベースは OASIS WSRP パブリックレビュー 04 スキーマを利用しています。

オプショナル機能の実装に関する、更なるアナウンスを見逃さないでください。 announce@wsrp.dev.java.net に参加してください。

月曜日 12 10, 2007

OpenPortal@FOSS.IN 2007

原文: OpenPortal@FOSS.IN 2007

 FOSS.IN
世界最大の FOSS イベントの一つ、 FOSS.IN 2007 がバンガロールで開催されています。 Sun はこのイベントのプラチナスポンサーです。Sun は、Project days, Presentations Demos, Hack center, BoFs, Lightning talks などの5 日間に渡るコンファレンスを通して、殆ど全てのイベントに参加します。
ここの FOSS.IN 公式ページをクリックしてください。

OpenPortal でも、デモと BoF セッションを使った参加登録をしています。 詳しくは この blog をチェックしてください。

木曜日 11 15, 2007

WSRP v2 ドラフト 4 公開レビュー

原文: WSRP v2 draft 4 public review

The OASIS Web Services for Remote Portlets TC は最近、Web Services for Remote Portlets Specification v2.0 を委員会ドラフトとして認定し、公開レビューを行っています。 公開レビューは 2007 年 10 月 31 日から 2007 年 11 月 15 日までです。

この仕様は、以前にも 2007 年 7 月 24 日から、60 日間公開レビューを行いました。今回の 15 日間のレビューでは、前回のレビュー時の変更に焦点を絞っています。全ての変更点はハイライトされています。

仕様ドキュメントと関連ファイルはここにあります。

ハイライトの付いた PDF のコピーはここにあります:
http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-spec-pr-04-highlight.pdf


schema と wsdl ファイルは以下にあります:
http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-bindings-pr-04.wsdl
http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-extra-pr-04.xsd

http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-interfaces-pr-04.wsdl

http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-service-pr-04.wsdl

http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-types-pr-04.xsd

木曜日 10 04, 2007

WSRP 1.0 ベータとポートレットコンテナ 2.0 ベータ

原文: WSRP 1.0 beta and Portlet Container 2.0 beta

WSRP 1.0 ベータと ポートレットコンテナ 2.0 ベータが Java アプリケーションプラットフォーム SDK アップデート 3 ベータ のリリースの一部として、利用可能になりました。

Java ポートレット仕様, 2.0 (JSR 286) は、イベント、パブリックレンダーパラメータ、リソースサービング、そして ポートレット仕様, 1.0 (JSR 168) に対するポートレットフィルタリング機能といった新しい機能を追加しました。 ポートレットコンテナ 2.0 ベータは JSR 286 公開ドラフト 1 で定義された、これらの新機能のプレビューを提供しています。

同じものは ここ からダウンロードできます。  以下は関連する資料へのリンクです。

 

ポータルパック 2.0 ベータ (NetBeans ポートレットプラグイン) は別のダウンロードとして入手でき、開発者がポートレットを開発し、配備し、そしてテストをポートレットコンテナ 2.0 ベータ上で行う手助けをします。  

火曜日 9 25, 2007

OpenPortal WSRP プロジェクトで JAX-WS のマイグレーション 成果

原文: OpenPortal WSRP Project JAX-WS migration effort

OpenPortal WSRP プロジェクト は JAX-WS ブランチに対して、インストール方法の初版をリリースしました。インストール方法は project wiki にあります。

これは jaxws_branch からの最初の派生で, ブランチは WSRP 実装を 古い webservice スタック (JAX-RPC) から、新しい webservice スタック (JAX-WS)  への移行を簡単に戻せるように作られました。問題は users@wsrp.dev.java.net か issue tracker を利用して報告してください。

Open Portal WSRP プロジェクトのトランクは、まだ JAX-RPC 上にあります。

月曜日 9 24, 2007

Portal Server の実装でコンシュームされたWSRP コンポーネント

原文: WSRP component consumed by the Portal Server implementation

WSRP component consumed by Portal ServerOpenPortal コミュニティ で行われている、コンポーネントのストラテジあるいは、コンシューマ化のストラテジ (背景は 以前の blog エントリこの SDN の記事 を読んでください) で、別の重要なことがありました。

以前に 報告したように、OpenPortal コミュニティではポートレットコンテナコンポーネントは  Enterprise-クラス の Portal Server の実装に組み込まれていっています。続く WSRP の実装でも適用します。 Rajesh が ここ で、新しい開発を説明しています。

水曜日 8 29, 2007

自由のためのコード!

原文: Code for freedom!

Code For Freedom インド独立60年を祝うため、本日、"自由のためのコード" というユニークなコンテストをアナウンスしました。

インド政府に公認された単科大学/総合大学の大学生と大学院生に対して開催し、コンテストは 5 つのオープンソースプロジェクト、OpenSolaris, NetBeans, Project GlassFish, Apache Derby そして OpenPortal に貢献をお願いし、2008 年 1 月まで続けます。コンテストの優勝者には、ラップトップと iPod そして全ての貢献者は Sun から T-シャツと表彰を受け取ります。

自由のためのコード のサイトで多くの情報を見ることができます。

この blog を読んでいるなら、オープンソースエンタープライスポータルに興味を持っていると思います - そして、私達ができることであなたに手助けができれば幸せです。users@portal.dev.java.net.
で私達とコンタクトできます。

OpenPortal プロジェクトの開発に貢献したいと思っているなら ここから 詳細を参照できます。 

クールなJSR168 ベースのポートレットを作成したいなら、ポートレット開発の方法に関して簡単な手順を学ぶため、Satya の blog をチェックしてみてください。

火曜日 8 21, 2007

OpenPortal コミュニティからの利用

原文: Consumables from the OpenPortal Community

OpenPortal Community 以前我々は、Sun Java Portal Server 製品の主要なコンポーネント製品別々の形でオープンソースにすることを決定しました。そのアイディアは、それらのコンポーネントを他のコミュニティやソフトウエア製品に利用可能にするということでした(目標は、この 記事 を参照してください)。

それ以来、私達はポートレットコンテナ (JSR168 標準をべースとした) 実装、WSRP 実装、JSFポートレットブリッジをオープンソースにし、そして ポータルパック(NetBeansEclipse)、SAWMirage などの新たな革新的ないくつかのプロジェクトを作成しました。そしてさらに話しを進め、これらのコンポーネントのいくつかは既に OpenPortal コミュニティ内のエンタープライズクラスのオープンソースポータルサーバー実装に使われれていることをお知らせできてうれしいです。

成功したオープンソースコミュニティは、他のコミュニティの採用と、他のコミュニティによる採用であり、他のコミュニティそしてオープンソースとされているソフトウエア製品が参加すること、そして先に述べたコンポーネントの一部として提供することを歓迎します。

OpenPortal コミュニティの目標の記事に立ち返ると --

ポータルサーバーオープンソースイニシアチブの目的は3つあります:

- ポータルサーバーの熟成し証明されたエンタープライズクラスの能力をコミュニティに公開し、コミュニティの開発者、ユーザー、パートナーそして、同じ目的を持った個人の積極的な参加を通して、進化させること。

- 構成可能にし、分離し、そして開発者コミュニティや他のプロジェクトにて利用できる軽量のコンポーネントを作成すること、例えば、ツール内で開発やテストを行うコンポーネント。

- 他のポータル、ミドルウェアあるいはソフトウェア界に於いてコミュニティの利益になるよう努力している類似したオープンソースとコラボレーションすること。

注: 引き続き JSR286 と WSRP 2.0 のニュースに注目してください。

About

user12617983

Search

Archives
« 3月 2015
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    
       
今日