金曜日 2 20, 2009

WSRP 2.0 FCS バイナリ

原文: WSRP 2.0 FCS binary
The WSRP 2.0 FCS バイナリが OpenPortal WSRP プロジェクトダウンロードページ からダウンロード可能になりました。これは、 すべての WSRP 2.0 必須機能と殆どのオプショナル機能を実装しています。 このプロジェクトバイナリは、上の wsrp-configurator.jar を提供するプロジェクトのスタンドアローンインストールとは別々に以下のリリース製品に組み込まれています。

2. Liferay version 5.2 とそれ以上。

上記のソースコードには "liferay-5.2-snapshot" というタグを付けています - デバッグ用にコードが必要な場合。

トランク上では引き続き 2.1 リリースの作業を行います -- これは メンテナンス リリースです。質問やコメントは プロジェクトメール リストを使ってください。

木曜日 2 19, 2009

Glassfish Web Space Server 10.0 のコンテンツ管理システム

原文: Content Management System in Glassfish Web Space Server 10.0

Glassfish Web Space Server には、コンテンツ管理システム(CMS)が備わっています。WebSpace CMS は、以下の機能から成り立ています :

1. ドキュメントの管理。
2. イメージの管理。
3. Web コンテンツの管理。

Web Space Server の CMS についてもっと知るには、以下の記事を読んでください :

http://blogs.sun.com/prakashKLV/entry/content_management_system_in_glassfish

Web Space Server の CMS を使って web コンテンツを追加するには、以下の記事を読んでください :

http://blogs.sun.com/prakashKLV/entry/adding_content_to_portal_page

http://blogs.sun.com/prakashKLV/entry/structures_templates_and_web_content

今後もお見逃しなく、そして glassfish Web Space Server の 最新のCMSに関する記事は、この blog を訪れてください。

火曜日 2 17, 2009

Web Space Server の発表リンク

原文: Web Space Server Launch Links

GlassFish ポートフォリオ発表に際してのWeb Space Server 関連のリンクです!

Web Space Server - ローカリゼーション

原文: Web Space Server - Localization

Web Space Server は 22 言語のローカリゼーションがあり、そのなかで Sun は日本語(ja) と簡体字中国語(zh_CN) のローカリゼーションのサポートを提供します。残りの言語はコミュニティに任しています。また、これに含まれていない新らしい言語にローカライズ可能な様に国際化されています。

ローカリゼーション(L10n) の詳細に関しては、私の個人 blog のエントリー:  Web Space Server - Localization を参照してください。

Sun GlassFish Web Space Server 10.0: できました!

原文: Sun GlassFish Web Space Server 10.0: Now Available!

Web Space LogoSun GlassFish Web Space Server 10.0 が本日リリースされました。[ダウンロード]. Sun の次世代ポータルサーバープラットホームです。大小ビジネスでアプリケーションと様々なWeb ベースや内部ソースのコンテンツ を協調させたり、統一して表示したり、Web ブラウザー、キオスクやモバイルデバイス上でカスタマイズ可能な、ポータルとして表示したりすることを可能にします。  GlassFish ポートフォリオの一部として、今日リリースされている大きなソフトウエアポートフォリオの一部です。

Web Space Server は約1年前 Liferay ポータルとのパートナーシップ による、Liferay コミュニティでポータルのコアの開発に参加することに始まりました。 Web Space Server は、この成果と共通コードベースを元にした Sun の最初の製品です。プロジェクト WebSynergyという言葉に目にするかもしれません - これは、リリースされる前の Sun の内部プロジェクトコード名でした。

JSR 168, JSR 286, JSR 170 そして WSRP 2.0 と言った標準はしっかりとした基盤を提供し、その上で、ライトウエイトなウエブ指向のアーキテクチャーを利用たり、開発者、インテグレータ、管理者、そしてコラボレートやイノベートするユーザーはリッチなエコシステムを作成するためのパワフルな開発ツールを利用しながら、モダンなウエブ 2.0 エンタープライズアプリケーションプラットフォームを構築します。

新しいユーザー指向のサイトwebspace.dev.java.net  が開設されました。  このサイトは Web Space Sever の管理者やエンドユーザーに役立つ情報、ダウンロードやドキュメントへのリンク、フォーラムやメールリスト、Wiki や他の役に立つ情報をサポートするコミュニティを提供します。

Web Space Serve の新しいコミュニティビルドとマイルストーンは、新機能やバグフィックスを提供するために継続してリリースされます。  このリリースは、 Portal Server 7.2 と言った以前のポータル成果から、(革新)発展ステップの意味を表す 10.0 としました。

WebSyner--err--Web Space チームはこの最初のリリースに誇りを持ち、我々と同じように、みんなに愛されれることを願っています。

About

user12617983

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日