水曜日 7 09, 2008

JSR286 (ポートレット 2.0) 仕様がリリースされました

原文: JSR286 (Portlet 2.0) spec has been released

JCPJSR 286 (ポートレット 2.0) 仕様がリリースされました。JSR 286 のスペックリードの Stefan Hepperand そして、他の専門グループの方々、おめでとうございます。この JSR に関して一緒に作業した事を光栄に思います。

この JSR は以下の主要な機能を含んでいます

ポートレット 2.0 (JSR286) 仕様をフル実装した、OpenPortal ポートレットコンテナ 2.0 はリリースされています。詳細は私の blog を見て下さい。

日曜日 3 30, 2008

OpenPortal Portlet Container 2.0 RC1 released

原文: OpenPortal Portlet Container 2.0 RC1 released

Portlet Container 2.0 RC1OpenPortal Portlet Container 2.0 (JSR 286 仕様を実装) の最初のリリース候補がダウンロード可能になりました。

新機能をテストする為のサンプルが利用できます。

RC1前にインストールした Portlet Container 2.0 Beta2 をアンインストールすることをお薦めします。

このリリースでは、ベータ2から、いくつかの追加機能と拡張そして修正があります..

  • コンテナイベントのサポート
    • 現在、ログイン/ログアウトのイベントはサポートされていますが、今後さらに追加されます。課題 66 の例をチェックしてみてください。
  • ロールのサポート
  • JAXB に対してのイベントペイロードの整列/不整列
  • ポートレットとして、ビジュアルウエブコンポーネットを実行可能にするフィックス
  • WSRP 2.0 をサポートするためのいくつかの拡張

課題リスト は、追加の機能/拡張の詳細そしてフィックスを含んでいます。

Netbeans ポートレットパック 2.0 ベータ 3 は利用可能で、開発者がポートレットコンテナ 2.0 RC1 上で、ポートレットの開発、配備、そしてテストを手伝ってくれます。

もし、OpenPortal ポートレットコンテナの使い方に関して質問や、コメント、提案、要求がある場合には、users@portlet-container.dev.java.netエイリアスに参加することをお薦めします。

OpenPortal ポートレットコンテナ RC1 を使用中に問題が発生した場合には、issues@portlet-container.dev.java.netに報告してください。

木曜日 1 31, 2008

ポートレットコンテナ 2.0 Beta2 がリリースされました。

原文: Portlet Container 2.0 Beta2 released

Download OpenPortal ポートレットコンテナ 2.0 Beta2 がリリースされました。このリリースは、最終ドラフトとして提案された JSR 286(Portlet 2.0) をベースにしています。このリリースは、以下の機能と拡張を含んでいます..

  • イベンティング
  • パブリックレンダーパラメータ
  • リソース供給
  • ポートレットフィルタ
  • キャッシングベースの検証
  • 全てのライフサイクルからの要求ディスパッチャインクルード
  • 全てのライフサイクルからの要求ディスパッチャ転送
  • escapeXml と actionScopedRequestAttributes を含むコンテナ実行オプション
  • Taglibrary 拡張

開発者が、ポートレットコンテナ 2.0 Beta2 上でポートレットを開発、配備、テストを手助けするNetbeans ポートレットパック 2.0 Beta2 が利用できます。

火曜日 12 18, 2007

OpenPortal @ FOSS- 1st Day

原文: OpenPortal @ FOSS- 1st Day

From Left : Vihang, Deepak, Ganesh, Sandeep, Mahipal

 OpenPortal キャンペーン @ Foss.IN's の初日がバンガロールで開催されました。開発者コミュニティには好評でした。
2-3 の BoF セッションを同時に開催する必要があったことでも明らかなように、BoF セッションは成功でした。
OpenPortal チームはまた、OpenPortal 傘下のすべてのコミュニティプロダクトと共に 催し物 を行いました。よく考えられた 調査には、開発者コミュニティによる熱心な回答を得ました。 初日には 80 から 90 の回答を得ることができました。

Sandeep explaining portal fundas.サーベイの回答は非常にポジティブで、殆どの方が何かを持っていたり、ポータルに期待していたり、少なくともオブザーバーになりたいというものでした。

 BoF's はコミュニティとの相互協力のすばらし方法を提供しました。

 

Vihang explaing about portal and collecting the surveys開発者コミュニティとマーケットでは、最先端エンタープライズレベルの OpenSource Portal Server が待たれていることを再確認しました。

FOSS.IN は、この勢いを切らさないようにしながら、残り2日になります。
 

Picture5

"BlockBuster"とある BoF 発表ブースをお見逃しなく。 

About

user12617983

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日