木曜日 11 15, 2007

WSRP v2 ドラフト 4 公開レビュー

原文: WSRP v2 draft 4 public review

The OASIS Web Services for Remote Portlets TC は最近、Web Services for Remote Portlets Specification v2.0 を委員会ドラフトとして認定し、公開レビューを行っています。 公開レビューは 2007 年 10 月 31 日から 2007 年 11 月 15 日までです。

この仕様は、以前にも 2007 年 7 月 24 日から、60 日間公開レビューを行いました。今回の 15 日間のレビューでは、前回のレビュー時の変更に焦点を絞っています。全ての変更点はハイライトされています。

仕様ドキュメントと関連ファイルはここにあります。

ハイライトの付いた PDF のコピーはここにあります:
http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-spec-pr-04-highlight.pdf


schema と wsdl ファイルは以下にあります:
http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-bindings-pr-04.wsdl
http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-extra-pr-04.xsd

http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-interfaces-pr-04.wsdl

http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-service-pr-04.wsdl

http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-types-pr-04.xsd

火曜日 8 21, 2007

OpenPortal コミュニティからの利用

原文: Consumables from the OpenPortal Community

OpenPortal Community 以前我々は、Sun Java Portal Server 製品の主要なコンポーネント製品別々の形でオープンソースにすることを決定しました。そのアイディアは、それらのコンポーネントを他のコミュニティやソフトウエア製品に利用可能にするということでした(目標は、この 記事 を参照してください)。

それ以来、私達はポートレットコンテナ (JSR168 標準をべースとした) 実装、WSRP 実装、JSFポートレットブリッジをオープンソースにし、そして ポータルパック(NetBeansEclipse)、SAWMirage などの新たな革新的ないくつかのプロジェクトを作成しました。そしてさらに話しを進め、これらのコンポーネントのいくつかは既に OpenPortal コミュニティ内のエンタープライズクラスのオープンソースポータルサーバー実装に使われれていることをお知らせできてうれしいです。

成功したオープンソースコミュニティは、他のコミュニティの採用と、他のコミュニティによる採用であり、他のコミュニティそしてオープンソースとされているソフトウエア製品が参加すること、そして先に述べたコンポーネントの一部として提供することを歓迎します。

OpenPortal コミュニティの目標の記事に立ち返ると --

ポータルサーバーオープンソースイニシアチブの目的は3つあります:

- ポータルサーバーの熟成し証明されたエンタープライズクラスの能力をコミュニティに公開し、コミュニティの開発者、ユーザー、パートナーそして、同じ目的を持った個人の積極的な参加を通して、進化させること。

- 構成可能にし、分離し、そして開発者コミュニティや他のプロジェクトにて利用できる軽量のコンポーネントを作成すること、例えば、ツール内で開発やテストを行うコンポーネント。

- 他のポータル、ミドルウェアあるいはソフトウェア界に於いてコミュニティの利益になるよう努力している類似したオープンソースとコラボレーションすること。

注: 引き続き JSR286 と WSRP 2.0 のニュースに注目してください。

木曜日 8 09, 2007

Portal Server ローカライズ版

原文: Portal Server Localization

Portal Server のローカライズが OpenPortal ソースリポジトリにできました!

本日 7 言語のローカライズファイルを OpenPortal リポジトリにチェックインしました。最新版は Portal Server ソース からチェックアウトできます - ローカライズファイルの場所は - .../openportal/portal/l10n/src です。  

Portal Server はドイツ語、フランス語、スペイン語、日本語、簡体字中国語、繁体字中国語そして韓国語に対応しています。 

Portal Server のローカライズ版は簡単で使い易く..各国ユーザーにシームレスなエキスペリエンスを提供するため、全ての L10n ファイルはコアの Portal インストールユニット(pkgs, rpms etc) と一緒になっています。個別の L10n インストールユニットはありません。

より詳しくはOpenPortal Localization wikiを参照してください。

About

user12617983

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日