水曜日 5 28, 2008

プロジェクト WebSynergy のセマンティックコミュニティポータル

原文: Semantic Community Portal in Project WebSynergy

   WebSynergy

 Semantic Web

プロジェクト WebSynergy のコミュニティフィーチャーとして セマンティック化が可能になりました。これは、そのプレビューバージョンです。
これは Web3.0実現へ向けての最初のステップです。

セマンティックウエブとはどんなものでしょう??
セマンティックウエブは、ウエブコンテンツは、自然言語においてばかりか、マシンによって情報を処理するため読んだり利用されるフォーマットにおいても表現される、といったワールドワイドウエブの拡張を含んでいます。 それは w3c で推奨です。

人はブログを読み書きする際、意味するところがわかりますが、マシンは意味するところはわかりません。

マシンにとって人間の様に、テキストから同じ様な情報を解読する程知的になるには、マシンに提供されるある種の情報が必要です。この "特別な" 情報は今までタグフォーム内のメタタグ、microformats あるいは、他の意味付けで提供されていました。 テキストにメタデータを構造的に、科学的つける非常に多くの方法は ontology と呼ばれるものです。

プロジェクト WebSynergy のコミュニティフィーチャーは、ブログエントリ、ウィキページそしてメッセージボードの追加ができます。

プロジェクト WebSynergy でどのようにしてコミュニティを作成するかは、私の ブログ を参照してください
セマンティックコミュニティポータルのアイデアに関しては、ここを見て下さい。

プロジェクトIn a Project WebSynergy コミュニティでは、community, ブログエントリやウィキページを作成するとき、オプションで、ontology 要素(メタデータの役割を果たす)を関連付けることができます。
ブログエントリを表示するとき、他の意味的に関連するブログエントリやウィキページが表示されます。 関連するエントリの検索は、検索キーワードでなく、意味的な検索が reasoner で行われます。 意味的 reasoner は関連する ontology 要素を推測し、関連した ontology 要素が与えられたブログエントリやウィキページを探します。

セマンティックコミュニティポータルの例は、スクリーンキャストで見れます。

火曜日 5 27, 2008

プロジェクト WebSynergy でコミュニティの作成

原文: community javaone2008 websynergy

 

 このブログは、プロジェクト WebSynergy で、コミュニティを作成する手順を記載しています。

  1. プロジェクト WebSynergy に admin@example.com/adminでログインします。
    カーソルを"Welcome Admin User" メッセージ上に移動し Add Application 上でクリックします。
  2. Add Application ウインドウ内に表示される、Community セクション下の Communities を選択します。あるいは、search content テキストボックス 内で"communities"とタイプします。 "Add" をクリックするか、ポートレットをタブにドラッグアンドドロップします。コミュニティポートレットがタブに追加されます。
  3. Add Community ボタンをクリックします。
  4. 名前 (例えば Synergy) と入力し、Save をクリックします。 指定した名前でコミュニティが作成されます。
    "Available Communities" サブタブをクリックします。
  5. 先ほど作成したコミュニティに対して、"Actions" ボタンをクリックし、"Manage Pages" を選択します。
    コミュニティページ名 (例えばMySynergyPage ) を入力し、"Add Page"をクリックします。
  6. View Pages をクリックします。
    このコミュニティページに対して、どんなポートレットでも追加することができます。例えば、
        ブログポートレット
        ブログアグリケーターポートレット
        ウィキポートレット
        メッセージボードポートレット
  7. すべて、これらのポートレットは Add Application ウインドウの Colloboration セクション下にあります。
作成した "MySynergyPage"には、ユーザーがブログ、ウィキそしてメッセージボードを追加/表示できます。 



日曜日 5 25, 2008

プロジェクト WebSynergy の経費報告書ウィジェットの SAW 例

原文: Expense Report Widget showcasing SAW in Project WebSynergy

プロジェクト WebSynergy に付随してデリバーされた経費報告書ウィジェットは、SAW (ワークフロー用の単純な API)を使かって、一般的なワークフローシナリオをモデルにしています。 組織では、社員が経費報告書を提出し、マネージャーが承認あるいは拒否します。 提出されると、報告書がワークフロープロセス(JavaCAPS のようなワークフローエンジンにて)を起動し、関係するマネージャの未決済タスクになります。 マネージャーが報告書を承認/拒否すると、報告書はワークフロープロセスの次のステップに進みます。

このウィジェットは、簡単な JavaCAPS ワークフロープロセスで統合されています。 もし、ワークフローエンジンが利用できない場合、SAW は設定を参照しながら、ワークフローエンジンの無効を呼び出します。 もし、ワークフローエンジンの呼び出しがエンジンの設定なしにできるなら、システムエラーとします。

 ワークフローの他に、このウィジェットは以下の機能があります: 

  •  JMaki - JMaki Yahoo データベースの利用
  •  Ajax リクエスト(報告書の詳細を表示するため)のための JSR286 ポートレットServeResource 機能 の使い方

このウィジェットに関してもっと知るにはここをクリックしてください....

ここには、ウィジェットのステップバイステップのスクリーンキャストがあります。

About

user12617983

Search

Archives
« 5月 2015
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
      
今日