火曜日 11 20, 2007

北京の Glassfish day での OpenPortal

原文: OpenPortal at Glassfish day in Beijing

Vihang が 北京の Glassfish day で OpenPortal に関して講演しました。 彼の講演は好意的に受け止められ、参加者は OpenPortal の新しい機能に非常に興味を示しました。 詳しくは以下を読んでください。

  1. Vihang's blog: OpenPortal@Beijing
  2. Carla King's Blog
  3. Arun Gupta's Blog

 

木曜日 11 15, 2007

WSRP v2 ドラフト 4 公開レビュー

原文: WSRP v2 draft 4 public review

The OASIS Web Services for Remote Portlets TC は最近、Web Services for Remote Portlets Specification v2.0 を委員会ドラフトとして認定し、公開レビューを行っています。 公開レビューは 2007 年 10 月 31 日から 2007 年 11 月 15 日までです。

この仕様は、以前にも 2007 年 7 月 24 日から、60 日間公開レビューを行いました。今回の 15 日間のレビューでは、前回のレビュー時の変更に焦点を絞っています。全ての変更点はハイライトされています。

仕様ドキュメントと関連ファイルはここにあります。

ハイライトの付いた PDF のコピーはここにあります:
http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-spec-pr-04-highlight.pdf


schema と wsdl ファイルは以下にあります:
http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-bindings-pr-04.wsdl
http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-extra-pr-04.xsd

http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-interfaces-pr-04.wsdl

http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-service-pr-04.wsdl

http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-types-pr-04.xsd

水曜日 10 24, 2007

OpenSSO と Liferay のインテグレーション

原文: OpenSSO and Liferay integration

"なぜ、ここに blog するのですか?" と質問されるかもしれません。そうですねぇ...オープンソースは全てオープンにして、お互い協力しあい、助けあうべきではないでしょうか? OpenPortal Portal Server は Access Manager と密に結合し、その機能の全て(そう、殆ど)をレバレッジしています。たまたま、OpenPortal 用の SSO プラグインを調査してきて、プロトタイプとして認証フィルタを書き終えました。最近、Liferay が認証フィルタを利用した CAS とのインテグレーションをしていることに気がつきました。そこで、 OpenSSO の利用を考えてみませんか。 もし、詳細に関心があるなら、少し長い blog ですが、ここ を読んでみて下さい。

JSR286 : 主要な機能に関する記事

原文: JSR286 : Article on main features

Deepak, Uma, Manish と Satya が 公開ドラフトとして定義された JSR 286 の新機能を説明する 記事 を書いています。また、この記事には、新機能のサンプル(ソースとバイナリ)も含んでいます。

サンプルを配備してみるには、ポートレットコンテナ 2.0 ベータが必要です。

ポートレットコンテナ 2.0 ベータを含む Java Application Platform SDK Update 3 Beta をダウンロードしてみて下さい。

月曜日 10 15, 2007

OpenPortal の Windows 上でのビルド方法

原文: OpenPortal build instructions for Windows

今日 Windows 上でのビルド方法 を更新し、一緒に投稿した環境設定スクリプトも更新しました。OpenPortal ポータルサーバーは、私の Windows XP ラップトップ上でビルドされています。 20 分程で、ビルドは完了します。 ビルド方法には、必要なビルドツールとどの様に設定するかと言った情報を含んでいます。これらの方法で、必要な場所にインストールすることができます。PS ソースをチェックしてみてください、半日かからずに、コンパイルできます。Windows 上のビルドで何か問題があれば、私に連絡ください。


 

ポータルと SRA 管理のチョットした素晴らしいこと

原文: Brilliant Set of Portal and SRA Administration Tips

ポータルグループの Ajit が、自身の blog に、ポータルユーザーと管理者に有用なチョットした素晴らしいことを追加しています。これには、ポータルと SRA の管理と設定の話があります。 

 以下が、彼の blog にあるリストです

水曜日 10 10, 2007

Portal Server の AJAX 国際化(I18n)

原文: AJAX Internationalization (I18n) in Portal Server

                    

弟子: 師匠、これ を読んで、  AJAX、AJAX テーブルコンテナとは何か分かりました。

 しかし、どのように AJAX が 国際的なヒーローになったのか知りたいのです。

禅師匠:   国際的なヒーローになるため、AJAX は全世界に受け入れられるように国際化されたのじゃ。どの様にかって?ここの Portal Server の AJAX I18n テクニカルノート を読んでみなさい。

OpenPortal に感謝、Sun インテグレーションパートナーが顧客のため ”すぐに” 成し遂げました

原文: Thanks to OpenPortal, Sun Integration Partner gets it done "now" for...

 
オープンソースコミュニティか成功するには、コミュニティが主張するテクノロジーに対して情熱を持つ有能な個人や組織のアクセスが必要です。数年間の Sun Java Portal Server の成功に感謝します。OpenPortal プロジェクトは Sun の portal テクノロジーに興味ある多くのカスタマーとパートナーに受け継がれました。 最近の一つの例として - ICSynergy, 長年の Sun のシステムインテグレーターパートナーは、彼らの顧客の大きな問題を短期間で解決するために Sun Java Portal Server のソースにアクセスしていたことが分かりました。 ICSynergy ストーリーを読んで見てください。

木曜日 10 04, 2007

WSRP 1.0 ベータとポートレットコンテナ 2.0 ベータ

原文: WSRP 1.0 beta and Portlet Container 2.0 beta

WSRP 1.0 ベータと ポートレットコンテナ 2.0 ベータが Java アプリケーションプラットフォーム SDK アップデート 3 ベータ のリリースの一部として、利用可能になりました。

Java ポートレット仕様, 2.0 (JSR 286) は、イベント、パブリックレンダーパラメータ、リソースサービング、そして ポートレット仕様, 1.0 (JSR 168) に対するポートレットフィルタリング機能といった新しい機能を追加しました。 ポートレットコンテナ 2.0 ベータは JSR 286 公開ドラフト 1 で定義された、これらの新機能のプレビューを提供しています。

同じものは ここ からダウンロードできます。  以下は関連する資料へのリンクです。

 

ポータルパック 2.0 ベータ (NetBeans ポートレットプラグイン) は別のダウンロードとして入手でき、開発者がポートレットを開発し、配備し、そしてテストをポートレットコンテナ 2.0 ベータ上で行う手助けをします。  

JSR 286 イベンティングポートレット例と XML ポートレット がポートレットリポジトリで利用可能になりました。

原文: JSR 286 Eventing Portlet Example and XML Portlet Available in Portlet Repository

touripc portlet

最近 ポートレットリポジトリ に追加された以下のポートレットをチェックしてみてください!

The Tour IPC ポートレット は JSR 268 ポートレット間通信のイベンティングを利用した例のショーケースです。  ツアー場所と次のツアーの日付のリストがある tour list ポートレットがあります。 利用者が、リストからツアーを選ぶと、ツアーの詳細、ツアーマップ、そして、ツアー天気ポートレット、ツアーに関する情報が更新されます。

The XML ポートレット は XML ファイルを XSL 変換する単純なポートレットです。XML と XSL はポートレット設定で指定されます。

これらのポートレットのバイナリー、ソースコードそしてドキュメント、その他は ポートレットリポジトリダウンロード ページにあります。  探しているポートレットが見つからなかったり、ポートレットを提供したい場合、私たちに連絡してください。

火曜日 10 02, 2007

Jazz up your Portal UI

原文: Jazz up your Portal UI

現在、web デザイナーはポータルのルックアンドフィールを web ベースの UI でデザインしています。-  全く快適ではありません。

もし、デザイナーが美しいポータルを作成するために慣れ親しんだ本格的な web デザインツールを使う方法を、ポータルが提供することができたとしたらすばらしいのではないですか?

そう、いまはできるのです。どのようにするかの詳細は ここ をクリックしてください。
どのようにするかのスクリーンキャストは ここ をクリックしてください。

この機能は Portal Server 7.2 の一部として利用できます。


スクリーンキャスト: ドキュメンタムポートレット

原文: OpenPortal WSRP Project JAX-WS migration effort

Documentum PortletsSun Java System Portal Server に対する ドキュメンタムポートレットが 利用可能になりました。ドキュメンタムポートレットは、作成、配置、表示そして管理といった作業を含むドキュメンタムコンテント管理機能を提供します。ドキュメンタム eRoom, Web Publisher そして ECI Services ポートレットが Sun Java System Portal Server に組み込まれ、 配備されます。

次のスクリーンキャストは Sun Java System Portal Server にこれらのポートレットを組み込み、配備するデモンストレーションをしています。 -- ドキュメンタムポートレットスクリーンキャスト .

火曜日 9 25, 2007

OpenPortal WSRP プロジェクトで JAX-WS のマイグレーション 成果

原文: OpenPortal WSRP Project JAX-WS migration effort

OpenPortal WSRP プロジェクト は JAX-WS ブランチに対して、インストール方法の初版をリリースしました。インストール方法は project wiki にあります。

これは jaxws_branch からの最初の派生で, ブランチは WSRP 実装を 古い webservice スタック (JAX-RPC) から、新しい webservice スタック (JAX-WS)  への移行を簡単に戻せるように作られました。問題は users@wsrp.dev.java.net か issue tracker を利用して報告してください。

Open Portal WSRP プロジェクトのトランクは、まだ JAX-RPC 上にあります。

月曜日 9 24, 2007

Portal Server の実装でコンシュームされたWSRP コンポーネント

原文: WSRP component consumed by the Portal Server implementation

WSRP component consumed by Portal ServerOpenPortal コミュニティ で行われている、コンポーネントのストラテジあるいは、コンシューマ化のストラテジ (背景は 以前の blog エントリこの SDN の記事 を読んでください) で、別の重要なことがありました。

以前に 報告したように、OpenPortal コミュニティではポートレットコンテナコンポーネントは  Enterprise-クラス の Portal Server の実装に組み込まれていっています。続く WSRP の実装でも適用します。 Rajesh が ここ で、新しい開発を説明しています。

強化された Portal Server 7.2 のクラスターサポート

原文: Enhanced cluster support for Portal Server 7.2

Cluster support for Portal Server 7.2Portal Server 7.2 では、AS クラスタ上にポータルをインストールする手順が進化しました。複数のポータルインスタンスを作成するのと同じようになりました。唯一の違いは、インスタンスがクラスタに属していることです。クラスタ固有のインスタンスに対して追加された属性は、 ClusterID 属性です。

必要なことは、要求されたインスタンス数で AS クラスタを作成し、ポータルインスタンスを、個々のクラスタ化されたアプリケーションサーバーインスタンスに対して作成することです。

クラスタ設定の手順ページ に、ロードバランサーに管理された2つのインスタンスによる、単純なクラスター設定の作成方法があります。

クラスタに新しく インスタンスを追加することも、進化しました。クラスター (例えば、pscluster) に属する、アプリケーションサーバーインスタンス (例えば、newinstance) を作成します。そして、作成された appserver インスタンスと appserver クラスターをポイントする ポータルインスタンスを作成します。つまり、WebContainer.properties.SJSAS91 ファイルで WebContainerInstanceName=newinstance と ClusterID=pscluster を設定し、 psadmin create-instance を実行します。

About

user12617983

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日