水曜日 10 10, 2007

OpenPortal に感謝、Sun インテグレーションパートナーが顧客のため ”すぐに” 成し遂げました

原文: Thanks to OpenPortal, Sun Integration Partner gets it done "now" for...

 
オープンソースコミュニティか成功するには、コミュニティが主張するテクノロジーに対して情熱を持つ有能な個人や組織のアクセスが必要です。数年間の Sun Java Portal Server の成功に感謝します。OpenPortal プロジェクトは Sun の portal テクノロジーに興味ある多くのカスタマーとパートナーに受け継がれました。 最近の一つの例として - ICSynergy, 長年の Sun のシステムインテグレーターパートナーは、彼らの顧客の大きな問題を短期間で解決するために Sun Java Portal Server のソースにアクセスしていたことが分かりました。 ICSynergy ストーリーを読んで見てください。

月曜日 9 24, 2007

Portal Server の実装でコンシュームされたWSRP コンポーネント

原文: WSRP component consumed by the Portal Server implementation

WSRP component consumed by Portal ServerOpenPortal コミュニティ で行われている、コンポーネントのストラテジあるいは、コンシューマ化のストラテジ (背景は 以前の blog エントリこの SDN の記事 を読んでください) で、別の重要なことがありました。

以前に 報告したように、OpenPortal コミュニティではポートレットコンテナコンポーネントは  Enterprise-クラス の Portal Server の実装に組み込まれていっています。続く WSRP の実装でも適用します。 Rajesh が ここ で、新しい開発を説明しています。

水曜日 8 29, 2007

自由のためのコード!

原文: Code for freedom!

Code For Freedom インド独立60年を祝うため、本日、"自由のためのコード" というユニークなコンテストをアナウンスしました。

インド政府に公認された単科大学/総合大学の大学生と大学院生に対して開催し、コンテストは 5 つのオープンソースプロジェクト、OpenSolaris, NetBeans, Project GlassFish, Apache Derby そして OpenPortal に貢献をお願いし、2008 年 1 月まで続けます。コンテストの優勝者には、ラップトップと iPod そして全ての貢献者は Sun から T-シャツと表彰を受け取ります。

自由のためのコード のサイトで多くの情報を見ることができます。

この blog を読んでいるなら、オープンソースエンタープライスポータルに興味を持っていると思います - そして、私達ができることであなたに手助けができれば幸せです。users@portal.dev.java.net.
で私達とコンタクトできます。

OpenPortal プロジェクトの開発に貢献したいと思っているなら ここから 詳細を参照できます。 

クールなJSR168 ベースのポートレットを作成したいなら、ポートレット開発の方法に関して簡単な手順を学ぶため、Satya の blog をチェックしてみてください。

火曜日 8 21, 2007

OpenPortal コミュニティからの利用

原文: Consumables from the OpenPortal Community

OpenPortal Community 以前我々は、Sun Java Portal Server 製品の主要なコンポーネント製品別々の形でオープンソースにすることを決定しました。そのアイディアは、それらのコンポーネントを他のコミュニティやソフトウエア製品に利用可能にするということでした(目標は、この 記事 を参照してください)。

それ以来、私達はポートレットコンテナ (JSR168 標準をべースとした) 実装、WSRP 実装、JSFポートレットブリッジをオープンソースにし、そして ポータルパック(NetBeansEclipse)、SAWMirage などの新たな革新的ないくつかのプロジェクトを作成しました。そしてさらに話しを進め、これらのコンポーネントのいくつかは既に OpenPortal コミュニティ内のエンタープライズクラスのオープンソースポータルサーバー実装に使われれていることをお知らせできてうれしいです。

成功したオープンソースコミュニティは、他のコミュニティの採用と、他のコミュニティによる採用であり、他のコミュニティそしてオープンソースとされているソフトウエア製品が参加すること、そして先に述べたコンポーネントの一部として提供することを歓迎します。

OpenPortal コミュニティの目標の記事に立ち返ると --

ポータルサーバーオープンソースイニシアチブの目的は3つあります:

- ポータルサーバーの熟成し証明されたエンタープライズクラスの能力をコミュニティに公開し、コミュニティの開発者、ユーザー、パートナーそして、同じ目的を持った個人の積極的な参加を通して、進化させること。

- 構成可能にし、分離し、そして開発者コミュニティや他のプロジェクトにて利用できる軽量のコンポーネントを作成すること、例えば、ツール内で開発やテストを行うコンポーネント。

- 他のポータル、ミドルウェアあるいはソフトウェア界に於いてコミュニティの利益になるよう努力している類似したオープンソースとコラボレーションすること。

注: 引き続き JSR286 と WSRP 2.0 のニュースに注目してください。

About

user12617983

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日