火曜日 2 17, 2009

Sun GlassFish Web Space Server 10.0: できました!

原文: Sun GlassFish Web Space Server 10.0: Now Available!

Web Space LogoSun GlassFish Web Space Server 10.0 が本日リリースされました。[ダウンロード]. Sun の次世代ポータルサーバープラットホームです。大小ビジネスでアプリケーションと様々なWeb ベースや内部ソースのコンテンツ を協調させたり、統一して表示したり、Web ブラウザー、キオスクやモバイルデバイス上でカスタマイズ可能な、ポータルとして表示したりすることを可能にします。  GlassFish ポートフォリオの一部として、今日リリースされている大きなソフトウエアポートフォリオの一部です。

Web Space Server は約1年前 Liferay ポータルとのパートナーシップ による、Liferay コミュニティでポータルのコアの開発に参加することに始まりました。 Web Space Server は、この成果と共通コードベースを元にした Sun の最初の製品です。プロジェクト WebSynergyという言葉に目にするかもしれません - これは、リリースされる前の Sun の内部プロジェクトコード名でした。

JSR 168, JSR 286, JSR 170 そして WSRP 2.0 と言った標準はしっかりとした基盤を提供し、その上で、ライトウエイトなウエブ指向のアーキテクチャーを利用たり、開発者、インテグレータ、管理者、そしてコラボレートやイノベートするユーザーはリッチなエコシステムを作成するためのパワフルな開発ツールを利用しながら、モダンなウエブ 2.0 エンタープライズアプリケーションプラットフォームを構築します。

新しいユーザー指向のサイトwebspace.dev.java.net  が開設されました。  このサイトは Web Space Sever の管理者やエンドユーザーに役立つ情報、ダウンロードやドキュメントへのリンク、フォーラムやメールリスト、Wiki や他の役に立つ情報をサポートするコミュニティを提供します。

Web Space Serve の新しいコミュニティビルドとマイルストーンは、新機能やバグフィックスを提供するために継続してリリースされます。  このリリースは、 Portal Server 7.2 と言った以前のポータル成果から、(革新)発展ステップの意味を表す 10.0 としました。

WebSyner--err--Web Space チームはこの最初のリリースに誇りを持ち、我々と同じように、みんなに愛されれることを願っています。

金曜日 9 12, 2008

プロジェクト WebSynergy 安定ビルド 2 ができました!

原文: Project WebSynergy Stable Build 2: Now Available!

ご存じの様に、今年 5 月 Sun と Liferay は、次世代エンタープライズポータルテクノロジーの開発を共に行う為にパートナーシップをアナウンスしました。   以来、Sun のポータルチームは、この共通テクノロジーをベースにした製品リリースの為のイニシアティブのコード名プロジェクト WebSynergyを開始しました。

プロジェクト WebSynergy チームは 安定ビルド 2 がダウンロード可能になったこと を誇りに思っています!  このリリースは、プロジェクトのマイルストーン的な意味合いがあり、多くの新機能と、改良、そして、かつての安定ビルド(5 月の JavaOneで提供しました)以上に魅力的なものです。

SB2 で注目するいくつかの点は:

  • リリースの安定性とケイデンス
  • このリリースの主な目標は、定期ビルド(2 ヶ月毎に1回でなく、いつでも参照する)を確立し、テストのフレームワークを組み込み、自動化(公開サイトをできるだけセットアップし、自動化テストの結果も同様に投稿します)し、そして、基本的なフック/フレームワークを、今後のビルド/リリースに役立つ様に Liferay コミュニティ内に確立することです。 私の以前の投稿に記載した様に, これは安定ビルド (コミュニティビルド商業リリースに対比した)です。

  • ポートレットコンテナ 2.0

  • OpenPortal ポートレットコンテナ は、Portlet 2.0 (JSR 286) 仕様を完全実装しています。 また、多くのオプショナルな機能、例えば、キャッシングの満了と評価、イベントやパブリックレンダーパラメータのエイリアスサポート、イベントのワイルドカードサポートを実装しています。 WebSynergy 配備ツール群 は JSR 286 とポートレットコンテナ 2.0 を完全サポートしています。

  • WSRP 2.0 コンシューマのサポート & 管理アプリケーション

  • WSRP 2.0 コンシューマのサポートが利用できるようになりました。  さらに、WebSynergy では 複数の WSRP コンシューマの管理ができる WSRP コンシューマ管理アプリケーションも利用可能になりました。詳細は、ブログの投稿を読んでください。

  • Mirage/Journal

  • Liferay ポータルはMirage API を利用するために変更されています。この API は、WebSynergy で JCR-準拠のリポジトリを利用可能にします。

  • Roller Blog アプリケーション

  • Roller Blog アプリは Roller Weblogger version 4.0 の統合を提供します。このアプリを使い、ポータルユーザーは、Roller 4.0 サーバー上にブログを作成したり管理ができます。

  • ワークフロー用のシンプルな API

  • ワークフロー用のシンプルな API (SAW) feature は、プロジェクト WebSynergy SB 2 安定ビルドに統合されました。 経費報告ポートレットのサンプルは、この機能をヒューマンワークフローを含む典型的なエンタープライズ経費レポートアプリケーションのショーケースとして提供しています。 SAW を使い、経費レポートポートレットにワークフロー機能を供給する、 Java Composite Application Platform Suite の様な、ビジネスプロセスエンジンと接続することもできます。

  • プレゼンス

  • この機能に関しての詳細は、Liferay ウィキ上の、この記事を参照してください。 今後のプロジェクト WebSynergy ビルドでは、この基盤を利用した新しいアプリケーションは、エンドユーザーに対しよりプレゼンスなポータルを供給します。

  • セマンティック

  • セマンティックプロセッシングライブラリのコアと、ユーティリティはすでにポータルに統合されています。今後のプロジェクト WebSynergy ビルドで、Liferay ポータルコミュニティ内のコミュニティで、エンドユーザーに真のリッチエキスペリエンスを供給するためにこの機能を使います。

このビルドは、Sun の商業リリースにつながるこのプロジェクトの一連のバイナリーリリースという別の一面��もあります。  このプロジェクトをベースにした製品は名前も変更され(プロジェクト WebSynergy は内部コード名です)、私達も、自由に使える、オープンソースバージョンと商業サポートバージョン間での名前の混乱は避けたいし、そこで、外部サイト(私の以前の投稿に記載) はすでに存在しません。  これは 14 日内に解決するでしょう。

GlassFish v3 に関して - プロジェクト WebSynergy は GlassFish v2 上で利用できます。  今後、GlassFish v3 TP2 をベースとした v3-based バンドルも利用できるようにするつもりです。


月曜日 8 11, 2008

プロジェクト WebSynergy アップデートパート1: コミュニティとロードマップ

原文: Project WebSynergy Update Part 1: Community and Roadmap
ご存じの様に、今年 5月 Sun と Liferay は次世代のエンタープライズポータルテクノロジーを共に開発する為に 提携を発表しました。   Sun のポータルチームは、プロジェクト WebSynergy の開始以来、この共通テクノロジーをベースにした製品のリリースの為のイニシアチブの為にコードネームに使っています。

5月以来、私達は、プロジェクトのより具体的な形態の確立、オンライン上でのプレゼンス、正式なビルドの提供、ソースコードのリリースの作業をしています。  今後1、2ヶ月には、この作業グループの結果を目にすることでしょう。  差し当たり、私達に関してアップデートをしていきます。(それと、ビルドの作成とソースの提供、以下を参照してください。)  この "パート1" では、コニュニティとロードマップをカバーします。  後のパートでは、アーキテクチャ、ビルド構造やコンテンツの分配、機能の本質、そして他の技術的な関連事項をカバーします。

Sun Liferay コミュニティ における、これまでの作業の多くは、コンポーネントの統合インテグレーション(例えば、ポートレットコンテナ) や WebSynergy に必要な新機能 (例えば Message Board の改良) でした。  プロジェクトが発展するにつれ、新たな機能が開発され、WebSynergy の本来からのものとして使われ、最終的に商品になります。

コミュニティ

OpenPortal は沢山のプロジェクトで成り立っています。  それぞれのプロジェクトは一連の機能を提供し、Sun は(ばかりでなく誰でも)利用できるソースから商業製品を製作します。

  1. portal.dev.java.net - ポータルの中心ソフトウエア、Sun の商用 Portal Server 7.x 系の配布からのものです。  さらに、7.x に対するパッチは、このプロジェクトソースから 7.x に用に作成されます。  変更は有りません。
  2. websynergy.dev.java.net - プロジェクト WebSynergy の親プロジェクトで、Sun はここで、商用製品をドライブします。  ソースと通常ビルドはサイトが利用可能になり次第、提供します。
  3. [mirage,saw,wsrp,ruon,swa,portlet-container,jsfportletbridge].dev.java.net -  主な機能を提供するプロジェクトで、Sun Portal Server 7.x と WebSynergy 両方で利用されます。  変更有りません。
  4. portalpack.netbeans.org - ポートレット開発用の NetBeansEclipse のプラグインです。  変更有りません。
つまり、7.x 系と非常に異なるので、OpenPortal に、新たに WebSynergy のコアを表現するプロジェクトを追加しています。  さらに、現在 OpenPortal は、より広い GlassFish コミュニティ (活気があり、成長しているオープンソースコミュニティに関連していると言う意味で)の一部です。

ロードマップ

WebSynergy に対しては、私達は別のことをして行きます: 物事を早く、頻繁に提供します。  コミュニティメンバーは、Sun が最新の商品をリリースする前に、現在最新のオープンソースコードを新機能を開発する為に利用しているので、ある利用者は、例え長期のサポートが無くとも、より早く特徴を見たいのです。 Sun Java System Portal Server のカスタマーと、OpenPortal コミュニティの 両方のこの要求に応えるため、かつてよりもより頻繁に、2週間毎に、様々なサポートオプションで、ビルドを提供して行きます。  このことは、カスタマーに迅速なコード作業の機会を与え、彼らが真に必要なサポートだけ、(あるいはサポートなしのフリービルドの利用)に報いることです。  この種のモデルは、他のプロジェクト(例えば、OpenSS)で採用されていて、その機能はすでにおなじみでしょう。

3タイプのビルド が、プロジェクト WebSynergy プロジェクト上で提供されます。:
  1. コミュニティビルド: 軽めのテスト、新機能は完全ではなく、問題が有るかもしれません。全面的にコミュニティによりサポートされます。新たなコミュニティビルドはおよそ、一月に2-3 回提供します。
  2. 安定ビルド: 多くのテスト。完全なドキュメント。6-8 週間毎に提供します。
  3. 商業ビルド - より多くのテスト、完全なドキュメント、商用提供。長期のエンタープライズデプロイメントに適切です。頻度は異なります。

デモが JavaOne で、最初の安定ビルド(SB1)として提供されました。SB2 の計画はここにあり、 、最初の商業リリースは、2009 年の第一四半期を予想しています。 SB2 前に、コミュニティビルド(おそらく今週、でも、Liferay に入る機能のいくつかは、まだコードレビュー中で、まだ準備ができていません)が有るかもしれません。

元々のアナウンスで指摘した様に、私達は、フォークを管理していません。代わりに、様々な コンポーネントが、WebSynergy で開発され、そのうちの一部は、上流(例えば、Liferay)に必要なものとして統合され、そして、商用のリリース(そして関連した、サステイニングテール)が、それぞれの商業リリースとして始まります。  このことは、以下のイラストに表現されています。(クリックで拡大)

Project WebSynergy Release Model

このイメージから解る事:

  1. コンポーネントとリリース名と日付けは全て変更があります:-)
  2. フォークは有りません。  それぞれのリリースは、ある時点のLiferay を含む、全てのコンポーネントに基づきます。次のリリースは、新規スナップショットを取り、古いものは、無視されます。
  3. バグフィックスは WebSynergy と Liferay 共に、各商業リリースの前後です。

パート2 をお待ちください、そして、新 WebSynergy サイトとビルドはすぐにできます。

水曜日 7 09, 2008

JSR286 (ポートレット 2.0) 仕様がリリースされました

原文: JSR286 (Portlet 2.0) spec has been released

JCPJSR 286 (ポートレット 2.0) 仕様がリリースされました。JSR 286 のスペックリードの Stefan Hepperand そして、他の専門グループの方々、おめでとうございます。この JSR に関して一緒に作業した事を光栄に思います。

この JSR は以下の主要な機能を含んでいます

ポートレット 2.0 (JSR286) 仕様をフル実装した、OpenPortal ポートレットコンテナ 2.0 はリリースされています。詳細は私の blog を見て下さい。

リモートポートレットのリース

原文: Leasing for Remote Portlets

WSRP 2.0 は仕様の一部に、ポートレットのリースを提案しています。リースとは、指定した期間プロデューサーと一緒にコンシューマにより登録されるプロセスのことで、その後コンシューマ登録は無効になります。Lifetime は V2 プロデューサーで提供される登録時の省略可能なパラメータです。OpenPortal WSRP プロジェクト (WSRP を実装した Sun のオープンソース) は、この機能を オープンソースポートレットコンテナ 2.0 を利用して実装しています。 ポートレットリースに関しての詳細は この wiki ページ を見て下さい。

ここ はリース機能を利用した入門用です.. 


日曜日 5 25, 2008

プロジェクト WebSynergy の経費報告書ウィジェットの SAW 例

原文: Expense Report Widget showcasing SAW in Project WebSynergy

プロジェクト WebSynergy に付随してデリバーされた経費報告書ウィジェットは、SAW (ワークフロー用の単純な API)を使かって、一般的なワークフローシナリオをモデルにしています。 組織では、社員が経費報告書を提出し、マネージャーが承認あるいは拒否します。 提出されると、報告書がワークフロープロセス(JavaCAPS のようなワークフローエンジンにて)を起動し、関係するマネージャの未決済タスクになります。 マネージャーが報告書を承認/拒否すると、報告書はワークフロープロセスの次のステップに進みます。

このウィジェットは、簡単な JavaCAPS ワークフロープロセスで統合されています。 もし、ワークフローエンジンが利用できない場合、SAW は設定を参照しながら、ワークフローエンジンの無効を呼び出します。 もし、ワークフローエンジンの呼び出しがエンジンの設定なしにできるなら、システムエラーとします。

 ワークフローの他に、このウィジェットは以下の機能があります: 

  •  JMaki - JMaki Yahoo データベースの利用
  •  Ajax リクエスト(報告書の詳細を表示するため)のための JSR286 ポートレットServeResource 機能 の使い方

このウィジェットに関してもっと知るにはここをクリックしてください....

ここには、ウィジェットのステップバイステップのスクリーンキャストがあります。

木曜日 5 15, 2008

プロジェクト WebSynergy 上の CMS

原文: CMS on Project WebSynergy

     プロジェクト WebSynergy発表 で, 多くのインターネット、エンタープライズアプリケーションのアグリゲーションやプレゼンテーションのソリューションは、正しい方向に向かい出した様です。アプリケーションに対する多くの要望は、良いコンテンツ管理システム(CMS) です。どの様に プロジェクト Mirage が、WebSynergy で応用、利用されているか このエントリー を参照してみてください。

月曜日 4 14, 2008

WSRP 2.0 の仕様が OASIS で承認されました

原文: WSRP 2.0 specification approved by OASIS

リモートポートレット用の Web サービス(WSRP) の仕様のバージョン 2.0 が OASIS 標準 として承認されました。 以下が承認された仕様へのリンクです。


  1. HTML: http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-spec-cs-02.html
  2. PDF: http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-spec-cs-02.pdf
  3. XML Schema: http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-types.xsd
  4. WSDL:

OpenPortal WSRP プロジェクト は、上記の必要な全ての機能と仕様で定義されているオプションの主な機能を実装し マイルストーン 3 バイナリ がダウンロード可能です。

 

月曜日 12 10, 2007

OpenPortal@FOSS.IN 2007

原文: OpenPortal@FOSS.IN 2007

 FOSS.IN
世界最大の FOSS イベントの一つ、 FOSS.IN 2007 がバンガロールで開催されています。 Sun はこのイベントのプラチナスポンサーです。Sun は、Project days, Presentations Demos, Hack center, BoFs, Lightning talks などの5 日間に渡るコンファレンスを通して、殆ど全てのイベントに参加します。
ここの FOSS.IN 公式ページをクリックしてください。

OpenPortal でも、デモと BoF セッションを使った参加登録をしています。 詳しくは この blog をチェックしてください。

木曜日 11 15, 2007

WSRP v2 ドラフト 4 公開レビュー

原文: WSRP v2 draft 4 public review

The OASIS Web Services for Remote Portlets TC は最近、Web Services for Remote Portlets Specification v2.0 を委員会ドラフトとして認定し、公開レビューを行っています。 公開レビューは 2007 年 10 月 31 日から 2007 年 11 月 15 日までです。

この仕様は、以前にも 2007 年 7 月 24 日から、60 日間公開レビューを行いました。今回の 15 日間のレビューでは、前回のレビュー時の変更に焦点を絞っています。全ての変更点はハイライトされています。

仕様ドキュメントと関連ファイルはここにあります。

ハイライトの付いた PDF のコピーはここにあります:
http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-spec-pr-04-highlight.pdf


schema と wsdl ファイルは以下にあります:
http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-bindings-pr-04.wsdl
http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-extra-pr-04.xsd

http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-interfaces-pr-04.wsdl

http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-service-pr-04.wsdl

http://docs.oasis-open.org/wsrp/v2/wsrp-2.0-types-pr-04.xsd

About

user12617983

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日