X

A blog about Oracle Technology Network Japan

OTN

Oracle Fusion Middleware戦略のWebキャスト再生

(OTN TechBlogの翻訳)祝日で休んでいたカナダ人のあなたのために(また、ライブ映像を視聴できなかったすべての人のために)、このページから7月1日に配信されたOracle Fusion Middleware戦略のWebキャストにオンデマンドでアクセスできるようになりました。このページには多数のポッドキャストが一覧...

(OTN TechBlogの翻訳)祝日で休んでいたカナダ人のあなたのために(また、ライブ映像を視聴できなかったすべての人のために)、このページから7月1日に配信されたOracle Fusion Middleware戦略のWebキャストにオンデマンドでアクセスできるようになりました。このページには多数のポッドキャストが一覧表示され、それぞれが特定の製品にマッピングされています。私は、これらのポッドキャストが”OFM Radio”配信で発表された理由が理解できないことを、認めざるをえません。OFM Radioは購読者向けで、OTN TechCast showと比べると見劣りします。しかし、私は、このコンテンツを拝借して同じ方法で配信できると思います。

Oracle + WebLogicのデモ

(OTN TechBlogの翻訳)今日の発表を間違いなくより”リアル”なものにする、いくつかのコンテンツが提供されています。現在ONTで公開されているさまざまなデモ(さらに追加される予定)には、次のものがあります。- JdeveloperのWebLogic Serverへの接続およびADFアプリケーションの配置-...

(OTN TechBlogの翻訳)今日の発表を間違いなくより”リアル”なものにする、いくつかのコンテンツが提供されています。現在ONTで公開されているさまざまなデモ(さらに追加される予定)には、次のものがあります。- JdeveloperのWebLogic Serverへの接続およびADFアプリケーションの配置- WebLogic Serverアプリケーションの再配置- AD4JエージェントのWebLogic Serverへの配置- Enterprise 2.0のユーザー・エクスペリエンス(SOA関連のデモは、今週後半に公開されます)。これは役に立ちます。

Oracle Fusion Middleware戦略に関するWebキャストのBlog記事

(OTN TechBlogの翻訳)更新(7月2日):アーカイブされたWebcastは、このページから利用できます。オラクルの代表取締役Charles Phillipsが、Webcastでの発表をつい先ほど終えました。この発表では、BEAとの取引が”単なる他社の買収ではない”ことを示し、その理由を説明しています。そして、B...

(OTN TechBlogの翻訳)更新(7月2日):アーカイブされたWebcastは、このページから利用できます。オラクルの代表取締役Charles Phillipsが、Webcastでの発表をつい先ほど終えました。この発表では、BEAとの取引が”単なる他社の買収ではない”ことを示し、その理由を説明しています。そして、BEAがミドルウェア分野のリーダーでありパイオニアであった事実にも触れています。BEAは補完的な製品セット/アーキテクチャを提供し、またキーとなるマーケット、特に中国で強みを持っていました。 しかし、そこには大きな譲歩もあります。すべてのBEA製品は、買収前のBEAによって以前に発表されたものと同じスケジュールの下で引き続きサポートされ、移行を強制する規定もありません。(このアプローチはよく知られているApps Unlimitedのアプローチにきわめて似ており、Charles Phillipsによると、たとえばPSFTアプリケーションの更新率は96%という結果になりました。)また、Charles Phillipsは、オラクルが製品の移...

完了

(OTN TechBlogの翻訳)blogs.oracle.comの移行を成功させるために一緒に作業をしてくれたOracle Asia R&D Centerチームには、大変感謝しています。不思議に思うかもしれませんが、現在BOCは、Oracle Content DB上にあるSix ApartのMovable Type...

(OTN TechBlogの翻訳)blogs.oracle.comの移行を成功させるために一緒に作業をしてくれたOracle Asia R&D Centerチームには、大変感謝しています。不思議に思うかもしれませんが、現在BOCは、Oracle Content DB上にあるSix ApartのMovable Type Enterprise(v. 1.5)で動作しています。(MTE4へのアップグレードは近いうちにおこなう予定です。)また、新しいアグリゲータが白紙の状態になったことに注意してください。これはとてもよいことです。(Oracleのブロガーは、それぞれの”独自性”に基づいて、私が理解しているタグの範囲内でエントリのタギングを開始します。あらゆるタギングができる人物は、Nishant Kaushikだけだと思います。)今日の午前中遅い時間に発表されるオラクルのFusion Middleware戦略に関するBlogをお待ちください。BEA関連の興味深いニュースが数多く入ってきます。

取得しましょう:Oracle OpenWorldのブロガー認定書

(OTN...

(OTN TechBlogの翻訳)覚えているかと思いますが、去年オラクルはOracle OpenWorldでブロガー認定書を初めて発行しました。もちろんこれは毎年の行事なので、今年もブロガー認定書が発行されることになっており、受付はすでに開始されています。このURLで手続きをしてください。(注:これは一般的な参加申し込みフォームのように見えますが、Blogger Care & Feedingチームに直接送られます。“Company Name”を”Blog Name”に置き換えてください。)残念ですが、娯楽向けBlogの筆者は応募できません。私たちは、本当に生産的な方法で会話を増やすことができるブロガーを探しているので、応募者はBlogの目的について詳しく聞かれる場合があります。認定を受けたブロガーは、多数のすばらしい材料にアクセスできるようになります。詳細な内容については、Blogger Care...

オラクルのArch2Archニュースレター

(OTN TechBlogの翻訳)以前にも書いたように、BEAは”アーキテクト”の顧客層に対しては、OTNよりも優れた仕事をしてきました。そのような訳で、BEAの”Arch2Arch”コミュニティをOTNに合体させることがこの夏のおもな目標の1つになり、それに関して大きな計画があります。まず、SOAガバナンスやEnter...

(OTN TechBlogの翻訳)以前にも書いたように、BEAは”アーキテクト”の顧客層に対しては、OTNよりも優れた仕事をしてきました。そのような訳で、BEAの”Arch2Arch”コミュニティをOTNに合体させることがこの夏のおもな目標の1つになり、それに関して大きな計画があります。まず、SOAガバナンスやEnterprise 2.0などの分野に重点を置いた新しい”Architect Centers”とディスカッション・フォーラムが、まもなくOTN Webサイトに追加されます。また、SOAと仮想化に対応する既存のページも大幅に強化される予定です。そしてさらに、Arch2Archコミュニティのニュースレター『Arch2Arch Advisor』を継続することをすでに決めています。 これは、Bob...