X

A blog about Oracle Technology Network Japan

  • February 1, 2011

図でイメージするOracle DatabaseのSQL全集 第3回 分析関数

Guest Author

図でイメージするOracle DatabaseのSQL全集 indexページ▶▶

 


Oracle SQLの各機能をイメージ図を交えて解説

Oracle ACE
山岸 賢治(やまぎし けんじ)ACE

SQLの初心者から上級者までを広く対象読者として、Oracle SQLの各機能の典型的な使用例を、学習効率が高いと思われる順序で、SQLのイメージ図を交えて解説します。
SQLをイメージつきで理解することで、素早くイメージからSQLを考えられるようになることを目標とします。

目次


今回のテーマ

今回は、下記のOracleのSQL文の評価順序においての、9番目のselect句と11番目のorder by句で使用可能な、分析関数の典型的な使用例と、私のSQLのイメージを解説します。

1番目 from句
2番目 where句 (結合条件)
3番目 start with句
4番目 connect by句
5番目 where句 (行のフィルタ条件)
6番目 group by句
7番目 having句
8番目 model句
9番目 select句
10番目 union、minus、intersectなどの集合演算
11番目 order by句

 

動作確認環境


Oracle Database 11g Release 11.2.0.1.0 (windows 32ビット版)

分析関数のメリット

分析関数のメリットは、Oracle8iまでは、自己結合や相関サブクエリを使ったり、親言語(JavaやVB6など)やPL/SQLで求めていた結果を、SQLで容易に求めることができるようになることです。
帳票作成やデータ分析で特に使います。

さらに、分析関数のメリットについて
Tom Kyteさんの記事、Oracle Database 11g Release 2に関する10の重要なことから引用しておきます。
「分析関数は、SQLにSELECTというキーワードが加わって以来のすばらしい出来事だ」
分析関数はSQLでは、かつては実現できなかったことを可能にしてくれます。
分析関数によって、SQLはプロシージャ言語のようなものに変わり、前の行や次の行へのアクセスが可能となるのです。
これは、もともとのSQLにはなかった発想です。

▲ ページTOPに戻る

分析関数の使用頻度

使用頻度の高いものからおさえていくと学習効率が高いです。

最頻出
count  max  min  sum  Row_Number

頻出
Lag  Lead  Rank  dense_rank

たまに
avg  First_Value  Last_Value  nth_Value  ListAgg  wmsys.wm_concat

レア
Ratio_To_Report  median  NTile  regr_count

▲ ページTOPに戻る

count(*) over()

select文の件数取得


count(*) over()は、select文の結果の行数を列に持たせたい時に使います。

create table CountSample(Val) as
select 10 from dual union all
select 20 from dual union all
select 20 from dual union all
select 30 from dual union all
select 30 from dual;
-- count(*) over()を使ったSQL
select Val,count(*) over() as recordCount
  from CountSample;
出力結果
Val  recordCount
---  -----------
 10            5
 20            5
 20            5
 30            5
 30            5

select文の結果の行数である5がrecordCount列の値になってますね。
SQLのイメージは下記です。count(*) over()で黄緑線を引いてます。

count(*) over()のイメージ

distinct指定のあるselect文の件数を取得する場合は、下記のようにインラインビューを使うといいでしょう。
(select句の評価順序において、分析関数の評価後に、distinctによる重複排除があるため)

-- distinct指定のあるselect文の件数取得
select Val,count(*) over() as recordCount
from (select distinct Val
        from CountSample)
order by Val;
出力結果
Val  recordCount
---  -----------
 10            3
 20            3
 30            3

▲ ページTOPに戻る

count(*) over() と minus

2つのselect文の結果が一致するかの確認

テーブル定義が同じテーブル同士や、select文の結果同士のデータが一致するかの確認に、
count(*) over() と minus集合演算を組み合わせたSQLが使えます。

create table cmpA(ID number,Val number);
create table cmpB(ID number,Val number);

-- case1 (cmpAとcmpBが一致)
truncate table cmpA;
truncate table cmpB;
insert into cmpA values(10,111);
insert into cmpA values(20,222);
insert into cmpB values(10,111);
insert into cmpB values(20,222);

-- case2 (cmpAとcmpBが不一致)
truncate table cmpA;
truncate table cmpB;
insert into cmpA values(10,111);
insert into cmpB values(10,111);
insert into cmpB values(20,222);

-- cmpAとcmpBのデータが一致するか調べる
select a.*,count(*) over() from cmpA a
minus
select a.*,count(*) over() from cmpB a;

上記のselect文の結果が0件になるのは、以下の少なくとも1つが成り立つ場合です。

  • cmpAが空集合(レコードが0件)
  • cmpAとcmpBのデータが(重複行があれば重複を排除してから)比較して一致する

実際の業務において、空集合や重複行があるということは、まずないので上記のselect文の結果が0件なら、cmpAとcmpBのデータが同じと判定できます。

▲ ページTOPに戻る

max(Val) over(partition by PID)

指定した値で区切った中での最大値を取得


max(Val) over(partition by PID)は、指定した値で区切った(パーティションを切った)中での最大値を取得する時に使います。

create table MaxPIDSample(ID,Val) as
select 111,10 from dual union all
select 111,30 from dual union all
select 111,40 from dual union all
select 222,20 from dual union all
select 333,60 from dual union all
select 333,60 from dual;

IDごとのValの最大値を求めてみます。

select ID,Val,
max(Val) over(partition by ID) as maxVal
  from MaxPIDSample;
出力結果
 ID  Val  maxVal
---  ---  ------
111   10      40
111   30      40
111   40      40
222   20      20
333   60      60
333   60      60

SQLのイメージは下記です。partition by IDで、IDごとに区切る赤線を引いて、max関数で青線と黄緑線を引いてます。

max(Val) over(partition by ID)のイメージ

max関数の他に、min関数やsum関数やcount関数などでも同じような使い方ができます。

▲ ページTOPに戻る

count(distinct Val) over(partition by PID)

列値が何通りあるかを調べる


distinctオプションを指定した分析関数のcount関数は、列値が何通りあるかを調べる時などに使われます。

create table CntDisSample(ID,Val) as
select 111,1 from dual union all
select 111,1 from dual union all
select 111,2 from dual union all
select 222,4 from dual union all
select 222,5 from dual union all
select 222,6 from dual union all
select 333,7 from dual union all
select 333,7 from dual;

IDごとにValが何通りあるかを調べてみます。

select ID,Val,
count(distinct Val) over(partition by ID) as disCnt
  from CntDisSample;
出力結果
 ID  Val  disCnt
---  ---  ------
111    1       2
111    1       2
111    2       2
222    4       3
222    5       3
222    6       3
333    7       1
333    7       1

SQLのイメージは下記です。partition by IDで、IDごとに区切る赤線を引いて、count関数で黄緑線を引いてます。

count(distinct Val) over(partition by PID)のイメージ

▲ ページTOPに戻る

Row_Numberとrankとdense_rank

順位や連番を求める


順位や連番を求めるのに使うのが、Row_Number関数とrank関数とdense_rank関数です。

create table RankingSample(ID,Score) as
select 1,100 from dual union all
select 1, 90 from dual union all
select 1, 90 from dual union all
select 1, 80 from dual union all
select 1, 70 from dual union all
select 2,100 from dual union all
select 2,100 from dual union all
select 2,100 from dual union all
select 2, 90 from dual union all
select 2, 80 from dual;

select ID,Score,
Row_Number() over(partition by ID order by Score desc) as "Row_Number",
rank()       over(partition by ID order by Score desc) as "rank",
dense_rank() over(partition by ID order by Score desc) as "dense_rank"
  from RankingSample
order by ID,Score desc;
出力結果
ID  Score  Row_Number  rank  dense_rank
--  -----  ----------  ----  ----------
 1    100           1     1           1
 1     90           2     2           2
 1     90           3     2           2
 1     80           4     4           3
 1     70           5     5           4
 2    100           1     1           1
 2    100           2     1           1
 2    100           3     1           1
 2     90           4     4           2
 2     80           5     5           3

Row_Number関数は、1から始まって、必ず連番になります。
rank関数は、同点があると順位が飛びます。
dense_rank関数は、同点があっても順位が飛びません。denseは、形容詞で密集したという意味です。

SQLのイメージは下記です。partition by IDで、IDごとに区切る赤線を引いて、
Row_Number関数,rank関数,dense_rank関数で青線と黄緑線を引いてます。

Row_Numberとrankとdense_rankのイメージ

▲ ページTOPに戻る

LagとLead

指定したソートキーでの、前後の行の値を取得


指定したソートキーでの、前の行の値が欲しい時に使うのが、Lag関数で、後の行の値が欲しい時に使うのが、Lead関数です。

create table LagLeadSample(ID,SortKey,Val) as
select 111,1,99 from dual union all
select 111,3,88 from dual union all
select 111,7,77 from dual union all
select 111,9,66 from dual union all
select 222,2,55 from dual union all
select 222,4,44 from dual union all
select 222,5,33 from dual;

IDごとにSortKeyの昇順で、前の行のValをPrev列として求め、後の行のValをNext列として求めてみます

select ID,SortKey,
Lag(Val)  over(partition by ID order by SortKey) as Prev,
Val,
Lead(Val) over(partition by ID order by SortKey) as Next
  from LagLeadSample
order by ID,SortKey;
出力結果
 ID  SortKey  Prev  Val  Next
---  -------  ----  ---  ----
111        1  null   99    88
111        3    99   88    77
111        7    88   77    66
111        9    77   66  null
222        2  null   55    44
222        4    55   44    33
222        5    44   33  null

SQLのイメージは下記です。partition by IDで、IDごとに区切る赤線を引いて、Lag関数で青線、Lead関数で黄緑線を引いてます。

LagとLeadのイメージ

▲ ページTOPに戻る

sum(Val) over(order by SortKey)

累計を求める


累計を求める時に使われるのが、order byを指定した分析関数のsum関数です。

create table RunSumSample(ID,SortKey,Val) as
select 111,1, 1 from dual union all
select 111,3, 2 from dual union all
select 111,5, 6 from dual union all
select 222,1,10 from dual union all
select 222,2,20 from dual union all
select 222,3,60 from dual union all
select 222,4, 6 from dual union all
select 333,1, 1 from dual union all
select 333,2, 2 from dual union all
select 333,3,20 from dual union all
select 333,3,30 from dual;

IDごとに、SortKeyの昇順でValの累計を求めてみます。

select ID,SortKey,Val,
sum(Val) over(partition by ID order by SortKey) as runSum
  from RunSumSample;
出力結果
 ID  SortKey  Val  runSum
---  -------  ---  ------
111        1    1       1
111        3    2       3
111        5    6       9
222        1   10      10
222        2   20      30
222        3   60      90
222        4    6      96
333        1    1       1
333        2    2       3
333        3   20      53
333        3   30      53

SQLのイメージは下記です。partition by IDで、IDごとに区切る赤線を引いて、sum(Val) over(partition by ID order by SortKey)で黄緑線を引いてます。

sum(Val) over(order by SortKey)のイメージ

▲ ページTOPに戻る

First_ValueとLast_Valueとnth_Value

指定したソートキーでの、最初や最後やn番目の行の値を求める

指定したソートキーでの、最初の行の値を求めるのが、First_Value関数。
指定したソートキーでの、最後の行の値を求めるのが、Last_Value関数。
指定したソートキーでの、(Row_Numberな順位が)n番目の行の値を求めるのが、nth_Value関数となります。
Oracle11gR2でnth_Value関数が追加されました。

create table FirstLastSample(ID,SortKey,Val) as
select 111,1,20 from dual union all
select 111,3,60 from dual union all
select 111,9,40 from dual union all
select 222,2,90 from dual union all
select 222,4,70 from dual union all
select 333,5,80 from dual;

IDごとでSortKeyの昇順で、最初の行のValと最後の行のValを求めてみます。

select ID,SortKey,
First_Value(Val)
over(partition by ID order by SortKey) as FirVal,
Val,
Last_Value(Val)
over(partition by ID order by SortKey
     Rows between Unbounded Preceding
              and Unbounded Following) as LastVal
from FirstLastSample;
出力結果
 ID  SortKey  FirVal  Val  LastVal
---  -------  ------  ---  -------
111        1      20   20       40
111        3      20   60       40
111        9      20   40       40
222        2      90   90       70
222        4      90   70       70
333        5      80   80       80

SQLのイメージは下記です。partition by IDで、IDごとに区切る赤線を引いて、First_Value関数で青線、Last_Value関数で黄緑線を引いてます。

First_ValueとLast_Valueのイメージ

▲ ページTOPに戻る

First_ValueとLast_Valueのignore nulls

ある条件を満たす、最初や最後の行の値を求める

Oracle10gR1から、First_Value関数とLast_Value関数で、ignore nullsを指定できます。
Oracle11gR2からは、Lag関数とLead関数でもignore nullsを指定できます。

Last_Value(値 ignore nulls) over句 が基本的な使い方ですが、Last_Value(case when 条件 then 値 end ignore nulls) over句 というふうに、case式を組み合わせて使うほうが多いです。

create table IgnoreNullsSample1(ID,SortKey,Val) as
select 555,1, 600 from dual union all
select 555,3, 300 from dual union all
select 555,5,null from dual union all
select 555,9,null from dual union all
select 666,2, 400 from dual union all
select 666,3,null from dual union all
select 666,4,null from dual union all
select 666,5, 600 from dual union all
select 777,1,null from dual union all
select 777,3,null from dual union all
select 777,5, 900 from dual union all
select 777,6,null from dual;

IDごとでSortKeyの昇順で、最初のnullでないValと、最後のnullでないValを求めてみます。

select ID,SortKey,
First_Value(Val ignore nulls)
over(partition by ID order by SortKey
     Rows between Unbounded Preceding
              and Unbounded Following) as FirVal,
Val,
Last_Value(Val ignore nulls)
over(partition by ID order by SortKey
     Rows between Unbounded Preceding
              and Unbounded Following) as LastVal
from IgnoreNullsSample1;
出力結果
 ID  SortKey  FirVal   Val  LastVal
---  -------  ------  ----  -------
555        1     600   600      300
555        3     600   300      300
555        5     600  null      300
555        9     600  null      300
666        2     400   400      600
666        3     400  null      600
666        4     400  null      600
666        5     400   600      600
777        1     900  null      900
777        3     900  null      900
777        5     900   900      900
777        6     900  null      900

SQLのイメージは下記です。partition by IDで、IDごとに区切る赤線を引いて、
First_Value関数で青線、Last_Value関数で黄緑線を引いてます。

First_ValueとLast_Valueのignore nullsのイメージ

ignore nullsの、別の使い方として、その行以降で最初のnullでないValや、その行までで最後のnullでないValを求めるといった使い方もあります。

create table IgnoreNullsSample2(SortKey,Val) as
select  1,null from dual union all
select  2, 500 from dual union all
select  3,null from dual union all
select  5,null from dual union all
select  6, 300 from dual union all
select 10,null from dual union all
select 11,null from dual union all
select 12, 700 from dual union all
select 13,null from dual;

select SortKey,
First_Value(Val ignore nulls)
over(order by SortKey
Rows between current row
         and Unbounded Following) as FirVal,
Val,
Last_Value(Val ignore nulls)
over(order by SortKey) as LastVal
  from IgnoreNullsSample2;
出力結果
SortKey  FirVal   Val  LastVal
-------  ------  ----  -------
      1     500  null     null
      2     500   500      500
      3     300  null      500
      5     300  null      500
      6     300   300      300
     10     700  null      300
     11     700  null      300
     12     700   700      700
     13    null  null      700

SQLのイメージは下記です。First_Value関数で青線、Last_Value関数で黄緑線を引いてます。

First_ValueとLast_Valueのignore nullsのイメージ

▲ ページTOPに戻る

Rows 2 Preceding

移動累計を求める (行数を指定)

Rows 2 Precedingといった指定は、移動平均や移動累計を求める時などに使われます。

create table MoveSumSample(SortKey,Val) as
select 1, 10 from dual union all
select 2, 20 from dual union all
select 5, 60 from dual union all
select 7,100 from dual union all
select 8,200 from dual union all
select 9,600 from dual;

SortKeyの昇順での、前の2行と自分の行を加算対象とした移動累計を求めてみます。

select SortKey,Val,
sum(Val) over(order by SortKey Rows 2 Preceding) as moveSum
  from MoveSumSample;
出力結果
SortKey  Val  moveSum
-------  ---  -------
      1   10       10
      2   20       30
      5   60       90
      7  100      180
      8  200      360
      9  600      900

SQLのイメージは下記です。sum(Val) over(order by SortKey Rows 2 Preceding)で黄緑線を引いてます。

Rows 2 Precedingのイメージ

▲ ページTOPに戻る

Range 2 Preceding

移動累計を求める (ソートキーの範囲を指定)

Range 2 Precedingといった指定は、移動平均や移動累計を求める時などに、使われます。
Rows 2 Precedingとの違いは、Rowsが行数の指定なのに対して、Rangeはソートキーの範囲の指定という点です。

SortKeyが自分の行より2小さい行から、自分の行までを加算対象とした移動累計を求めてみます。

select SortKey,Val,
sum(Val) over(order by SortKey Range 2 Preceding) as moveSum2
  from MoveSumSample;
出力結果
SortKey  Val  moveSum2
-------  ---  --------
      1   10        10
      2   20        30
      5   60        60
      7  100       160
      8  200       300
      9  600       900

SQLのイメージは下記です。sum(Val) over(order by SortKey Range 2 Preceding)で黄緑線を引いてます。

Range 2 Precedingのイメージ

▲ ページTOPに戻る

全称肯定,全称否定,存在肯定,存在否定

複数行にまたがった条件のチェック

  • 全ての行が条件を満たすか?
  • 全ての行が条件を満たさないか?
  • 少なくとも1行が条件を満たすか?
  • 少なくとも1行が条件を満たさないか?

といった複数行にまたがったチェックをしたい時には、分析関数のmin関数やmax関数と、case式を組み合わせると有効です。

create table BoolSample(ID,Val) as
select 111,3 from dual union all
select 111,3 from dual union all
select 111,3 from dual union all
select 222,3 from dual union all
select 222,1 from dual union all
select 333,0 from dual union all
select 333,4 from dual;
  • check1 IDごとで、全ての行が Val=3 を満たすか?
  • check2 IDごとで、全ての行が Val=3 を満たさないか?
  • check3 IDごとで、少なくとも1つの行が Val=3 を満たすか?
  • check4 IDごとで、少なくとも1つの行が Val=3 を満たさないか?

をチェックしてみます。

select ID,Val,
min(case when Val=3 then 1 else 0 end) over(partition by ID) as chk1,
min(case when Val=3 then 0 else 1 end) over(partition by ID) as chk2,
max(case when Val=3 then 1 else 0 end) over(partition by ID) as chk3,
max(case when Val=3 then 0 else 1 end) over(partition by ID) as chk4
  from BoolSample
order by ID,Val;
出力結果
 ID  Val  chk1  chk2  chk3  chk4
---  ---  ----  ----  ----  ----
111    3     1     0     1     0
111    3     1     0     1     0
111    3     1     0     1     0
222    1     0     0     1     1
222    3     0     0     1     1
333    0     0     1     0     1
333    4     0     1     0     1

SQLのイメージは下記です。partition by IDで、IDごとに区切る赤線を引いて、min関数とmax関数で黄緑線を引いてます。

全称肯定,全称否定,存在肯定,存在否定のイメージ

ちなみに、IDごとで、少なくとも1つの行が Val=0を満たし、かつ、少なくとも1つの行が Val=4を満たすかをチェックするSQLは、下記となります。
掛け算で論理積を代用しています。

select ID,Val,
 max(case when Val=0 then 1 else 0 end) over(partition by ID)
*max(case when Val=4 then 1 else 0 end) over(partition by ID) as chk
  from BoolSample
order by ID,Val;
出力結果
 ID  Val  chk
---  ---  ---
111    3    0
111    3    0
111    3    0
222    1    0
222    3    0
333    0    1
333    4    1

参考リソース

SQLアタマアカデミー:第8回 SQLにおける論理演算
OracleSQLパズル 9-22 存在有無のブール値で論理演算

▲ ページTOPに戻る

ListAggとwmsys.wm_concat

文字列を連結してまとめる

MySQLのGroup_Concat関数のように文字列を連結する機能として、ListAgg関数やwmsys.wm_concat関数があります。

wmsys.wm_concat関数は、Oracle11gR2の段階でマニュアルに記載されていないので、注意して使う必要があります。
wmsys.wm_concat関数と似たような機能を持つListAgg関数は、Oracle11gR2で追加された関数です。

create table strAggSample(ID,Val) as
select 111,'a' from dual union all
select 111,'b' from dual union all
select 111,'c' from dual union all
select 222,'d' from dual union all
select 222,'e' from dual union all
select 222,'f' from dual;

select ID,Val,
wmsys.wm_concat(Val) over(partition by ID order by Val desc) as strAgg1,
wmsys.wm_concat(Val) over(order by Val) as strAgg2,
ListAgg(Val,',') withIn group(order by Val) over() as strAgg3,
ListAgg(Val,',') withIn group(order by Val) over(partition by ID) as strAgg4
  from strAggSample
order by ID,Val;
出力結果
 ID  Val  strAgg1  strAgg2      strAgg3      strAgg4
---  ---  -------  -----------  -----------  -------
111  a    c,b,a    a            a,b,c,d,e,f  a,b,c
111  b    c,b      a,b          a,b,c,d,e,f  a,b,c
111  c    c        a,b,c        a,b,c,d,e,f  a,b,c
222  d    f,e,d    a,b,c,d      a,b,c,d,e,f  d,e,f
222  e    f,e      a,b,c,d,e    a,b,c,d,e,f  d,e,f
222  f    f        a,b,c,d,e,f  a,b,c,d,e,f  d,e,f

▲ ページTOPに戻る

Range指定でInterVal型の使用

InterVal型で、ソートキーの範囲を指定

Range 2 Precedingで扱ったように、分析関数でのRange指定はソートキーの範囲を指定するのに使いますが、ソートキーがDate型やTimeStamp型であれば、InterVal型を使ってソートキーの範囲を指定できます。

create table dateRangeSample(dayCol) as
select to_date('2010-11-01 10:10','YYYY-MM-DD HH24:MI') from dual union
select to_date('2010-11-01 10:14','YYYY-MM-DD HH24:MI') from dual union
select to_date('2010-11-01 10:17','YYYY-MM-DD HH24:MI') from dual union
select to_date('2010-11-01 10:19','YYYY-MM-DD HH24:MI') from dual union
select to_date('2010-11-01 10:20','YYYY-MM-DD HH24:MI') from dual union
select to_date('2010-11-01 10:26','YYYY-MM-DD HH24:MI') from dual union
select to_date('2010-11-01 10:30','YYYY-MM-DD HH24:MI') from dual;

行ごとに、5分後以降で最小のdayColを求めます。

select dayCol,
min(dayCol)
over(order by dayCol
range between InterVal '5' minute Following
          and UnBounded Following) as after5minute
from dateRangeSample;
出力結果
dayCol            after5minute
----------------  ----------------
2010-11-01 10:10  2010-11-01 10:17
2010-11-01 10:14  2010-11-01 10:19
2010-11-01 10:17  2010-11-01 10:26
2010-11-01 10:19  2010-11-01 10:26
2010-11-01 10:20  2010-11-01 10:26
2010-11-01 10:26  null
2010-11-01 10:30  null

SQLのイメージは下記です。min関数で黄緑線を引いてます。

Range指定でInterVal型の使用のイメージ

参考リソース

製品情報 - Oracle8i データウェアハウス
マニュアル --- 分析ファンクション

OracleSQLパズル 分析関数とmodel句
OracleSQLパズル Oracleの分析関数のサンプル集

▲ ページTOPに戻る

"図でイメージするOracle DatabaseのSQL全集" インデックスに戻る

Copyright © 2011, Oracle Corporation Japan. All rights reserved.
無断転載を禁ず
この文書はあくまでも参考資料であり、掲載されている情報は予告なしに変更されることがあります。日本オラクル社は本書の内容に関していかなる保証もいたしません。また、本書の内容に関連したいかなる損害についても責任を負いかねます。

Oracleは米国Oracle Corporationの登録商標です。文中に参照されている各製品名及びサービス名は米国Oracle Corporationの商標または登録商標です。その他の製品名及びサービス名はそれぞれの所有者の商標または登録商標の可能性があります。

山岸 賢治山岸 賢治(やまぎし けんじ)
Oracle ACEの1人。
OracleSQLパズルの運営者


ページトップへ戻る▲

 

図でイメージするOracle DatabaseのSQL全集 indexページ▶▶

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.