X

A blog about Oracle Technology Network Japan

Java Magazine

Java Magazine July 2020

  2020年7月   Java 14でのJava Flight RecorderとJFR Event Streaming 著者:Ben Evans 実行中のアプリに関する大量のデータ・ポイントからなるストリームを取得する   多くの新機能を搭載したJava 14が登場 著者:Raoul-Gabriel...

  2020年7月   Java 14でのJava Flight RecorderとJFR Event Streaming 著者:Ben Evans 実行中のアプリに関する大量のデータ・ポイントからなるストリームを取得する   多くの新機能を搭載したJava 14が登場 著者:Raoul-Gabriel Urma これまでの2回のリリースを超える新機能が搭載されたJava 14は、コーディングを簡単にする新機能が満載   Java EEからJakarta EEへ 著者:Arjan Tijms 何が起きたのか、何を知っておくべきか   クイズに挑戦:ラムダ式の型(上級者向け) 著者:Simon Roberts、Mikalai Zaikin ラムダ式はラムダ式を返せるのか   クイズに挑戦:2次元配列(中級者向け) 著者:Simon Roberts、Mikalai Zaikin varと2次元配列の併用には注意が必要   クイズに挑戦:ラムダ式(上級者向け) 著者:Simon Roberts、Mikalai Zaikin...

Epsilon:JDKの「何もしない」ガベージ・コレクタ

※本記事は、Andrew Binstockによる"Epsilon: The JDK’s Do-Nothing Garbage Collector"を翻訳したものです。 ガベージ・コレクションを行わないJavaメモリ・アロケータのメリット   著者:Andrew Binstock 2019年11月21日 ...

※本記事は、Andrew Binstockによる"Epsilon: The JDK’s Do-Nothing Garbage Collector"を翻訳したものです。 ガベージ・コレクションを行わないJavaメモリ・アロケータのメリット   著者:Andrew Binstock 2019年11月21日   JDKのパフォーマンス・チューニングは、高度な技術です。多くの場合、最適なガベージ・コレクタを選択してその設定を微調整し、与えられたワークロードに及ぼす影響の最小化を実現することが中心となります。この作業には、常に困難がつきまといます。ガベージ・コレクションをまったく行わなかった場合のワークロード実行速度を知ることが難しいのです。このニーズに対処するため(そして後ほど触れるその他の理由のため)、JDK 11でEpsilonガベージ・コレクタ(GC)が導入されました。このGCでは、JEP 318で定義されているように、メモリの割当ては行いますが、リサイクルは行いません。つまり、ガベージ・コレクションを行いません。 JVMにEpsilon...

ガベージ・コレクタを理解する

※本記事は、Christine H. Floodによる"Understanding Garbage Collectors"を翻訳したものです。 デフォルト・ガベージ・コレクタの動作の仕組み   著者:Christine H. Flood 2019年11月21日 ...

※本記事は、Christine H. Floodによる"Understanding Garbage Collectors"を翻訳したものです。 デフォルト・ガベージ・コレクタの動作の仕組み   著者:Christine H. Flood 2019年11月21日   ガベージ・コレクション(GC)は、使用されなくなった再利用可能なメモリを自動的に回収する方法の1つです。オブジェクトを手動で割り当てて破棄する他の言語とは異なり、GCがあれば、Javaプログラマーが各オブジェクトを取得してその必要性を判断するための検査を行う必要がなくなります。すべてを知り尽くした掃除係のようなGCプロセスが裏で音もなく動作して、使い道のなくなったオブジェクトを破棄し、整理します。このような整理整頓によってプログラムが効率化します。 本記事は、2016年3月/4月号に掲載のJava Magazineに掲載された「OpenJDKの新しいガベージ・コレクタ」という記事の内容を最新のものに改め、その一部を省略したものです。  ...

Javaにレコードが登場

※本記事は、Ben Evansによる"Records Come to Java"を翻訳したものです。 Java 14のデータ・レコードがコーディングにもたらす変革を初解説   著者:Ben Evans 2020年1月10日 ...

※本記事は、Ben Evansによる"Records Come to Java"を翻訳したものです。 Java 14のデータ・レコードがコーディングにもたらす変革を初解説   著者:Ben Evans 2020年1月10日   本記事では、Javaにおけるレコードの概要について紹介します。レコードはJavaクラスの新しい形態で、以下の目的で設計されています。 データのみを組み合わせた構造をモデリングするためのファーストクラスな手段を提供する Javaの型システムに生じる可能性があるギャップを解消する 一般的なプログラミング・パターンに言語レベルの構文を提供する クラスの定型挿入文を減らす 現在、レコード機能は活発に開発が行われており、Java 14のプレビュー機能として登場する予定です(2020年3月リリース予定)。本記事の内容を活用するためには、Javaプログラミングについてのかなりの知識と、プログラミング言語の設計や実装についての興味が必要です。 それでは、Javaのレコードとは何かという基本的な考え方の説明から始めます。...