Oracle Solaris 11.2 発表!ベータプログラムにご参加ください。

4月29日に米国オラクルでOracle Solarisの最新版11.2のリリースが発表され、ベータ版がOTNサイトに公開されました。

11.1から11.2というと、マイナーなバージョンアップの印象があると思いますが、とんでもありません。業界標準のクラウドコンピューティング基盤のオープンソースソフトウェアであるOpenStackにOracle Solarisの基盤を統合するなど、包括的なクラウドコンピューティング・インフラストラクチャーとしての大規模な機能追加・性能アップのための改良が多数含まれています。 

さらにパワーアップしたのOracle Solarisの最新機能をお試し下さい。(11.2のリリースノートや製品マニュアルなどのドキュメント類もすでに米国OTNサイトで公開されていますが、日本語版は現在整備中です。順次公開していきますので申し訳ありませんが、しばらくお待ち下さい。)

ベータプログラムのご案内ページはこちら(US)

Oracle Solaris 11.2ベータ版は以下の4種類の方法でお試しいただけます。

・CD/DVD/USBからのインストール
・ローカル・リポジトリの作成
・Unified Archives (NEW!)  
   Solaris 11.2の新機能です。物理または仮想環境でSolarisインスタンスを作成・展開
   できる新しい手法です。
・Oracle VMテンプレート
   Orace VM VirtualBoxおよび、Oracle VM Serverのためのテンプレート

このダウンロードは、Early Adoptor用のOTN開発ライセンスが適用されます。ベータ版ですので、通常のOTN評価用ソフトウエアとは違い、バグや脆弱性が含まれるかもしれないこと、正式版製品のリリースまでにさらに機能向上や改良などの変更が加えられる可能性があることをご理解された上でご利用下さい。

>> ダウンロードはこちらから

なお、ベータ版をご試用・ご評価いただくにあたり、バグと思われる不具合や安全性・パフォーマンスなどの問題点を見つけられた場合に開発部門にフィードバックしていただくパスをご用意しています。是非とも製品の品質向上のためバグ報告にご協力ください。すべての問題点に対応できるとは限りませんが、いただいたフィードバックはオラクルにて調査させていただきます。(フィードバック方法は、Oracle Solaris 11.2 Beta FAQの2ページ目、「How can I report bugs on Oracle Solaris 11.2 Beta?」をご覧下さい。)


【ご参考】Oracle Solaris 技術者のための情報サイト

Oracle Solarisの運用管理エンジニアおよびアプリケーション開発技術者のための技術情報ポータルです。随時更新していますので、ぜひブックマークをお願いします。


Oracle Solaris 11関連セミナーのご案内

NTTぷららが語るOracle Solaris最新事例セミナー
5月14日(水)17:30 ~ 19:00 (東京・外苑前:オラクル青山センター)

米国本社のハードウェア事業におけるSolarisプラットフォーム開発部門のトップを招聘し、Solarisのトレンドとワールドワイドの事例、最新リリース「Solaris 11.2」の新機能についてご紹介いたします.
さらに、創業以来15年以上Solarisを使い続けているNTTぷらら様が、同社の長年の運用実績を元に、Solarisのバージョンアップグレード時の抑えるべきポイント、大規模仮想環境の運用ノウハウ、 効率的なバックアップ環境、可用性の確保のポイントなどをご紹介します。



Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About


オラクル製品・テクノロジーに関心のある技術者・開発者のためのコミュニティ、 Oracle Technology Network Japanのブログです。
OTN Twitterもフォローをお願いします。


Search

Archives
« 9月 2015
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today