【重要】Java SE 7がアップデートされました。(開発者の方々へ注意事項があります!)

本日、(米国時間1月14日)Java SE 7のアップデート版がリリースされました。最新版のバージョンは、u51です。(ダウンロードはこちら(USサイト)。エンドユーザ用はjava.comサイトから提供しています。

極めて重大なセキュリティ脆弱性に対する対応といくつかの機能拡張が行われています。米国オラクル社では、すべてのJavaユーザに最新版にアップデートすることを強く推奨しています。

ただし、このアップデートによって義務付けられたセキュリティ要件により、それに対応していないRIA(リッチ・インターネット・アプリケーション。Java アプレットとWeb Startのことです)は起動できなくなります。(ブロックされる)

開発者の方々は、リリース(公開)済みの既存のRIAについて以下の対応がなされているかご確認いただき、未対応でしたらできるだけすみやかに、対処いただけますようお願いします。

RIAには、次の2つが含まれている必要があります:

1) 信頼できる認証局からのコード署名。権限属性に関係なく、アプレットおよびWeb Startアプリケーションのすべてのコードは、署名されている必要があります。

2)マニフェスト属性の権限の設定。7u25で導入され、7u51では必須です。RIAをサンドボックス内で実行する必要があるか、完全な権限が必要であるかを示します。

<1月22日更新>

Java 7 u51についての変更点の詳細は、以下の情報(java.com)をご覧ください。(日本語ですが、米国で運営されています)

Java 7リリースのハイライト
ブラウザのJavaコンテンツ — セキュリティの変更

さらに、開発者、デスクトップ管理者、テクニカルサポート担当者の方のための情報もご参照ください。

【Java 7 u51 関連情報(1)】Java 7 Update51におけるRIAの新しいセキュリティ要件について

【Java 7 u51 関連情報(2)】 最新のセキュリティ要件に満たないRIAを使用し続けるには


Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About


オラクル製品・テクノロジーに関心のある技術者・開発者のためのコミュニティ、 Oracle Technology Network Japanのブログです。
OTN Twitterもフォローをお願いします。


Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today