Oracle Database 12c マルチテナントの魅力

データベース管理者のみなさん、たくさんのデータベースを単一のデータベースのように管理できたらいいと思いませんか?

Oracle Database 12cが提供する”Oracle Multitenant"と呼ばれる新しいオプションで、アプリケーションを変更することなしに容易にデータベースの統合を実現できるようになりました。

この新しいアーキテクチャーでは、1つのマルチテナント・コンテナ・データベースにたくさんのプラガブル(pluggable: 着脱可能な、という意味)・データベースを収納することができます。

みなさんが今お使いの既存のデータベース・アーキテクチャーとOracle Multitenantを比較してみてください。

でも、今日は難解な文章を読み説いていただく必要はありません。最小限のキーワードとイメージ図をざっくり眺めていただくだけです。









まとめ: 
Oracle Multitenantは、データベース統合をシンプルに実現します。

でも・・・・

アプリケーションの変更はいりません
データ・セキュリティの保全に妥協しません
サードパーティソフトに依存しません
リソースの優先度を犠牲にしません


Oracle Multitenantに対する第一印象はいかがでしたしょうか?

Oracle Multitenantについてもうちょっとだけ詳しく知りたい

Oracle Multitenantのアーキテクチャ概要 
(動画。英語ですが、講師はゆっくり喋っており、図解なのでとてもわかりやすいです)


Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About


オラクル製品・テクノロジーに関心のある技術者・開発者のためのコミュニティ、 Oracle Technology Network Japanのブログです。
OTN Twitterもフォローをお願いします。


Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today