【Oracle CloudWorld】アプリケーション開発者のためのおすすめセッション



4月9日(火)に東京・六本木で Oracle CloudWorld が開催されます。

午前中の基調講演は、弊社CEOのラリー・エリソンに加え、ソフトバンクの孫正義社長がご登壇予定です。お昼は、スポンサー各社提供のランチつきのセッションがありますので、こちらも振るってご参加ください。

午後からのブレイクアウトセッションでは、お客様の業務分野ごとに分かれた、営業/カスタマーサービス/財務・経営企画・調達/人事/アプリケーション開発 の5種類のトラックをご用意しています。

ここでは、OTNをご利用される皆様にとって関心が高いと思われるセッションをご紹介します。 お席がどんどん埋まりつつありますので、興味をそそられるセッションがありましたら、迷わずご登録ください!

【ソフトウエア開発者のためのお勧めセッション】


12:30~13:10 【L-5 (ランチ・セッション) 

Oracle Cloudと既存アプリケーションとの統合

Oracle Cloudは包括的なクラウド・サービスのポートフォリオを提供しますが、新しいクラウド・アプリケーションを既存のアプリケーションと統合したいというニーズがあることも事実です。

オラクルでは、Oracle Cloudを従来のオンプレミス・アプリケーションやプライベート・クラウド・アプリケーションと効率的に接続できるよう、標準に準拠したサービス指向の統合アーキテクチャを用意しています。これにより、ハイブリッド・クラウドやオンプレミス・システムの間でリアルタイムの情報共有とレポーティングが可能になります。

このセッションでは、Oracle Cloudがデータやレポートの分断化を防止し、新しいIT投資と既存のIT投資両方の価値を拡大するために、最新の統合テクノロジーをどのように活用しているかご説明します。


13:20~14:00 E-1

Oracle Cloudのプラットフォームサービスを利用した、ビジネス・アプリケーション構築

今日の開発者は、イノベーションを加速し、よりシンプルかつ効率性を向上するプラットフォームを求めています。
本セッションでは、Oracle Cloudが提供する、オープン・スタンダードに準拠した、使いやすいエンタープライズ・プラットフォーム・サービスの概要をご紹介します。開発者が現在利用しているツールやテクニックをそのクラウドで利用することで、いかに開発体験が変わり、スピーディにアプリケーションを構築できるようになるかをお伝えします。


14:10~14:50  E-2

クラウドサービスを利用したOracleデータベース・アプリケーション開発

世界トップクラスのデータベースで実行するアプリケーションを開発するなら、クラウドサービスを活用することをお勧めします。

本セッションでは、Oracle Database Cloud Serviceにサインアップしてプロビジョニングし、データをロードしたうえで、Oracle Application Expressを使ってアプリケーションを開発し、RESTful Webサービスを作成するプロセスをご覧いただきます。このエンド・ツー・エンドのプロセスによって、Oracle Database Cloud Serviceの主要コンポーネントと、その使用方法をご理解いただけます。


15:00~15:40 【E-3

JavaとOracle WebLogicの強みを最大限に引き出すJavaクラウドサービス

Javaアプリケーションの開発、展開における生産性の最大化は、もはやIT部門にとって悩ましい問題ではありません。このセッションでは、Oracle Java Cloud Serviceにサインアップしてプロビジョニングするプロセスをご紹介します。

実証済みの開発者生産性ツールやさまざまなIDE、堅牢なデータベース永続化レイヤーを使用して、クラウドでJava EEアプリケーションを容易かつセキュアに展開する方法を解説します。


15:50~16:30 E-4

開発者向けクラウドサービスを活用したリッチなWeb/モバイル・アプリケーションの構築手法

コラボレーション方式のチーム開発を導入していないことで、多くの企業が効果的なイノベーションや競争力の維持に苦心しています。

本セッションでは、Oracle Developer Cloud Serviceとそのクラウド・アプリケーション開発インフラ(バージョン管理、ビルド・サービス、タスクと不具合の追跡、wiki、ドキュメント保存、Oracle Application Development Framework(ADF)など)について概説します。Oracle Developer Cloud Serviceを使用した、リッチなWebアプリケーションやモバイル・アプリケーションを簡単に構築する方法をご紹介します。


16:40~17:20 E-5

ソーシャルの活用で企業を成功へ導くアプリケーション構築

ソーシャルは、顧客に対する理解を深め、ブランドの親近感を醸成し、全社的な連携を強化するのに有効な、革新的なメディアです。あらゆる部門、顧客接点でソーシャルをシームレスに統合すれば、卓越したカスタマー・エクスペリエンスを創出することができます。

オラクルのソーシャル・リレーションシップ・マネジメント(SRM)ソリューションは、ソーシャルと主要なビジネス・アプリケーションとを統合し、ソーシャル対応のアプリケーション構築を容易にする柔軟なプラットフォームを備え、ビジネスの成功へ向けたソーシャルの活用を支援します。


FacebookとTwitterで、CloudWorldイベントの最新情報を発信中です。登録・来場去れた方への特典・プレゼントなどのお知らせがありますので、是非フォローをお願いします。

 オラクル・クラウド・コンピューティング Facebookページ

 CloudWorld Tokyo 公式Twitter


Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About


オラクル製品・テクノロジーに関心のある技術者・開発者のためのコミュニティ、 Oracle Technology Network Japanのブログです。
OTN Twitterもフォローをお願いします。


Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today