X

A blog about Oracle Technology Network Japan

Database

オラクルのクラウド・テクノロジーをすべて見せます!エンジニアのためのOracle CloudWorld Tokyo の歩き方

来る4月、オラクルのクラウド・ソリューションを一堂に集めたイベント、Oracle CloudWorld Tokyo 2015がいよいよ開催されます。>> Oracle CloudWorld Tokyo...

来る4月、オラクルのクラウド・ソリューションを一堂に集めたイベント、Oracle CloudWorld Tokyo 2015がいよいよ開催されます。>> Oracle CloudWorld Tokyo 2015公式サイトはこちら 4月9日、10日の二日間にわたり、130以上のセッションが展開されますが、とくにOTNをご愛顧いただいているエンジニアの皆さんにとって関心のある技術系のコンテンツ(PaaS/IaaS、プライベート・クラウド系)は、4月9日(木)に集中しています。登録サイトを見ると、沢山ありすぎてどれを聞いたらいいのか迷ってしまいますよね。そこで、皆さんの興味分野のセッションを効率的に受講できるように技術分野別にピックアップしてご紹介していきます。 ※【S1-101】といった記号は、セッションIDです。事前登録ページでセッションを選択する際にご利用ください。 ■データベース関連 【S1-101】Oracle Database Cloud...

Oracle Database 12c (12.1.0.2)コアテクセミナー・オンデマンド版 公開!

先のブログ・エントリーで、Oracle Database 12cコアテク・セミナー(オンライン版)で、In-Memory Optionの詳しい紹介をしていると書きましたが、実は、このセミナー、In-Memoryの説明だけではありません。マルチテナントをはじめとするOracle Database...

先のブログ・エントリーで、Oracle Database 12cコアテク・セミナー(オンライン版)で、In-Memory Optionの詳しい紹介をしていると書きましたが、実は、このセミナー、In-Memoryの説明だけではありません。マルチテナントをはじめとするOracle Database 12c の新機能全般を詳しく解説しています。昨年のバージョン(12.1.0.1版)をまだ観ていない方やこれから12cについて学習しようと考えている方は、ぜひこの最新セミナーをご利用下さい。今回は、YouTubeでご提供しておりますので、よりスマホやタブレットで使いやすくなっています。もちろん、資料のみのご利用もOKです。いつでもどこでも、ご自身のペースで、じっくりと学んでいただくことができます。 (もちろん無料、登録やログインも不要です。) 本セミナーは、全14のセッションから構成されています。     1. 概要    2. マルチテナント・アーキテクチャ    3. Upgrade / 12.1.0.2における変更点    4. Rapid...

これだけあれば大丈夫! In-Memory Option を徹底的に学ぶ情報集

皆様、長らくお待たせしました。 Oracle Database 12c R1の12.1.0.2から、利用可能になった、In-Memory Optionに関する日本語資料が出揃いました。概要レベルから実装レベルまで、目的に応じてご活用いただけます。 9月にお客様向けに実施されたOracle Database 12c...

皆様、長らくお待たせしました。 Oracle Database 12c R1の12.1.0.2から、利用可能になった、In-Memory Optionに関する日本語資料が出揃いました。概要レベルから実装レベルまで、目的に応じてご活用いただけます。 9月にお客様向けに実施されたOracle Database 12c (12.1.0.2)の新機能を詳しく紹介する 「コアテクセミナー」と同一内容のオンライン・セミナーも公開されました。興味のあるテーマから、じっくり学習してみてください。動画セミナーを見る環境や時間がない方は、スライド資料を見るだけでも参考になると思います。 【入門編】 In-Memory Optionの機能についてざっくり知る ・ Web解説記事 「オラクルのインメモリを3つのポイントから理解する」 ・ データシート (8ページ) ・ インメモリ列ストアの概要 (製品マニュアル「Oracle Database概要」) 【事前学習編】In-Memory Option の機能を徹底的に理解する・ ホワイト・ペーパー (約25ページ)...

ITシステムのパフォーマンスとチューニングを徹底的に理解できる本!

今日は、日本オラクルのデータベース・コンサルタント、小田と榑松が著作に参加した、システム管理者のスキルアップのための必読の一冊をご紹介します。若手エンジニアにも、熟練した経験者にもおすすめの内容となっています。絵で見てわかるシステムパフォーマンスの仕組み小田圭二(日本オラクル)/榑松谷仁(日本オラクル)/平山毅氏/岡田憲...

今日は、日本オラクルのデータベース・コンサルタント、小田と榑松が著作に参加した、システム管理者のスキルアップのための必読の一冊をご紹介します。若手エンジニアにも、熟練した経験者にもおすすめの内容となっています。絵で見てわかるシステムパフォーマンスの仕組み小田圭二(日本オラクル)/榑松谷仁(日本オラクル)/平山毅氏/岡田憲昌氏 共著出版社: 翔泳社 (2014/6/21発刊)...

【技術解説記事】オラクルのインメモリを3つのポイントから理解する

OTNサイトにデータベース関連技術記事を公開しました。Oracle Database 12c (12.1.0.2)で実装された、In-Memory Optionについて解説します。 Oracle...

OTNサイトにデータベース関連技術記事を公開しました。Oracle Database 12c (12.1.0.2)で実装された、In-Memory Optionについて解説します。 Oracle Database 12cは、データベースの新しい技術として注目されているインメモリとカラム型データベースをオプション機能「Oracle Database In-Memory」で提供しています。 データをカラム(列)型フォーマットでメモリーに載せることで、分析系のクエリーが高速化します。また、従来のロー(行)型フォーマットも同時に使用することで、分析処理とトランザクション処理の両方のパフォーマンスを高い次元で実現しています。 本記事では以下の3つのポイントに沿って、Oracle Database In-Memoryが、「リアルタイム分析の高速化」と「OLTPの高速化」の双方で性能を発揮する理由について詳しく解説します。>>続きを読む

[お知らせ] Oracle Database 12c In-Memoryオプション徹底解剖!

OTNいちおしセミナーのご案内です。 「8月のおすすめセミナー」への掲載がちょっと遅くなってしまったために、お気付きでない方も多いと思いますので、あらためてお知らせいたします。首都圏エリアにご勤務される方に限定されてしまいますが、ご都合のつく方は是非ともご参加いただけましたら幸いです。 Oracle...

OTNいちおしセミナーのご案内です。 「8月のおすすめセミナー」への掲載がちょっと遅くなってしまったために、お気付きでない方も多いと思いますので、あらためてお知らせいたします。首都圏エリアにご勤務される方に限定されてしまいますが、ご都合のつく方は是非ともご参加いただけましたら幸いです。 Oracle Database 12cで新たに登場した、In-Memoryオプションについて、初めて技術者向けに詳しく解説するセミナーを開催いたします。今回は夜19時からの開催となっていますので、日中は現場を離れられない方にも参加しやすく、そしていくらか暑さもやわらいで移動しやすいと思います。(会場となる弊社ビルは、地下鉄駅銀座線・外苑前駅から直結です!)お席に限りがありますので、お早めにお申し込み下さい。【Oracle Database 12c】 Oracle In-Memory Option徹底解剖 8月28日(木)19:00 ~20:40 @  日本オラクル株式会社(東京・外苑前) 今年7月、待望のOracle...

[訂正] Oracle DatabaseのWindows Server 2012 R2/Windows 8.1のサポート状況について

【2014/10/10更新情報】Oracle Database 12cの12.1.0.2から、Windows Server 2012 R2および、Windows 8.1がサポートされました。したがって、以下の訂正情報は無効となります。 7/29の投稿記事「Oracle DatabaseのWindows Server...

【2014/10/10更新情報】Oracle Database 12cの12.1.0.2から、Windows Server 2012 R2および、Windows 8.1がサポートされました。したがって、以下の訂正情報は無効となります。 7/29の投稿記事「Oracle DatabaseのWindows Server 2012 R2/Windows 8.1サポート状況[更新版] 」の内容の一部に誤りがありました。誠に申し訳ございません。お詫びの上、以下に訂正いたします。(すでに7/29の記事は修正済みです) [誤] Oracle Database 12cの12.1.0.2から、Windows Server 2012 R2および、Windows 8.1がサポートされました。↓[正] Oracle Database 12cの12.1.0.2から、Windows Server 2012 R2および、Windows 8.1が2014年中にサポートされる予定です。 以下に、2014年7月現在のStatement of...

データベースのセキュリティを再点検する

データベースの運用管理を行うDBAの皆さんが直接的にデータベースのセキュリティ対策の計画・実施を任されている場合もあると思います。万一、企業の機密情報が漏洩した場合、データのアクセス権限を持つDBAが真っ先に矢面に立たされる可能性があります。そこで今日はDBAの皆様に向けたセキュリティのお話をしたいと思います。 現在、I...

データベースの運用管理を行うDBAの皆さんが直接的にデータベースのセキュリティ対策の計画・実施を任されている場合もあると思います。万一、企業の機密情報が漏洩した場合、データのアクセス権限を持つDBAが真っ先に矢面に立たされる可能性があります。そこで今日はDBAの皆様に向けたセキュリティのお話をしたいと思います。 現在、IT部門が直面しているセキュリティに関する大きな課題は3つあります。(1)どのようにして、"内部犯行"(信頼できると思われたが実はそうではなかった、組織内の特権を持つ個人からの攻撃・侵害)を防ぐか(2)どのようにして、標的型攻撃など特権ユーザー・アカウントのセキュリティを侵害し、データベースから機密データを盗むためにこのカウントを使用しようとする外部ハッカーを阻止するか(3)多くのプライバシー規制やコーポレート・ガバナンス規制によるコンプライアンス要件に対処するために統制を導入する必要性3番目の”規制”には、サーベンス・オクスリー法(SOX法)、PCI、HIPAA、グラム・リーチ・ブライリー法、BASEL II、日本の個人情報保護法や...