OCJP Gold SE 7 移行試験のポイント - その5 並列処理 編 -

duke

皆さま。こん**は。

 今回も引き続きOCJP Gold SE 7 移行試験のポイントをご紹介していきます。
OCJP Gold SE 7 資格移行試験の試験範囲ではJava SE 7の新機能にも焦点が当てられています。今回はJava SE 7の新機能の一つである並行処理(Fork/Join)について説明します。

Java SE 7 新機能であるFork/Joinは、並行処理するべきタスクを細分化して処理効率の向上を図ります。これにより昨今のマルチコアCPU環境ではリソースを効率的に使用できるようになりその恩恵を受けることができます。

並列処理に関する出題トピックの詳細はテスト内容チェックリスト をご確認ください。


例題:
次のコードがあります。

1. public class Fibonacci {
2.    public static void main(String[] args) {
3.        ForkJoinPool pool = new ForkJoinPool();
4.        int result = pool.invoke(new FibonacciTask(args[0]));
5.        System.out.println(num + " th fibonacci number: " + result);
6.    }
7. }

このプログラムについて正しい説明はどれですか?

1. このプログラムを実行するとすべての処理はmainスレッドで実行される
2. このプログラムを実行するとすべての処理はForkJoinPoolで生成されるワーカースレッドで実行される。ワーカースレッドの数はargs[0]で指定された数になる
3. このプログラムを実行するとmainスレッドとForkJoinPoolで生成されるワーカースレッドで実行される。ワーカ-スレッドの数は1つだけになる
4. このプログラムを実行するとmainスレッドとForkJoinPoolで生成されるワーカースレッドで実行される。ワーカースレッドの数は実行環境のプロセッサ数になる


正解:
4. このプログラムを実行するとmainスレッドとForkJoinPoolで生成されるワーカースレッドで実行される。ワーカースレッドの数は実行環境のプロセッサ数になる


解説:
Fork/Joinを使用する場合は、並行処理するべき内容をForkJoinTaskクラスのサブクラスとして定義します。Fork/Join処理外からを開始する場合はForkJoinPoolクラスのメソッドを使用します。

  • 非同期呼び出し: execute(ForkJoinTask)
  • 結果の取得: invoke(ForkJoinTask)
  • 非同期呼び出し(Futureを受け取る): submit(ForkJoinTask)


ForkJoinPoolを引数なしのコンストラクタでインスタンス化した場合は、プログラムの実行環境のプロセッサ数に応じてワーカースレッドが生成されます。ワーカースレッド数を指定する場合は、ForkJoinPoolのコントラクタ引数にint値を渡すことで指定可能です。



認定試験では、Java SE 5から追加されているjava.util.concurrencyパッケージの各クラスについても出題されていますのでFork/Joinと合わせてAPIの確認をしておきましょう。


OCJP Gold SE 7 移行試験ポイント解説セミナー:
2012年9月12日 18:00からOCJP Gold SE 7 移行試験のポイント解説セミナーを実施したします。OCJP Gold SE 7移行試験のポイントを模擬問題を使用ながら解説していきます(もちろん本Blogでもご紹介している問題とは重複しません!!)。試験合格のためのポイントを整理してJava SE 7 Readyなエンジニアの証明でもあるOCJP Gold SE 7資格にチャレンジください。
OCJP Gold SE 7移行試験ポイント解説セミナー

おすすめ研修:
Java SE 7 New Features :
Java SE 7の新機能を体系的に学習したい方におすすめのコースです。

キャンペーン:
Upgrade to Java SE 7 Programmer(1Z0-805) 試験は既存のプログラマ資格(SJC-P, OCJ-P)をお持ちの方を対象としたJava SE 7資格への移行試験になります。今なら早期移行促進キャンペーンとして、試験を受験された方(合否は問いません!!)でお申込みいただいた方先着100名様に素敵な景品をさし上げております。


それではまた次回。

Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

Inside ORACLE MASTER - ORACLE MASTERに関連する最新情報をお届けします。

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today