OCJP Gold SE 7 移行試験のポイント - その1 JDBC 編 -

 2012年7月12日から Oracle Certified Programmer, Gold SE 7 (OCJP Gold SE 7) 資格への移行試験であるUpgrade to Java SE 7 Programmer(1Z0-805)  試験を開始しました。本試験は既存のプログラマ資格(SJC-P, OCJ-P)をお持ちの方を対象としたJava SE 7資格への移行試験になります。Java SE 7 がリリースされて間もなく1年になるこの機会に最新技術に対応したプログラミングスキルを証明するJava SE 7 資格にチャレンジしてみませんか?


移行試験リリースを記念して Upgrade to Java SE 7 Programmer 試験のポイントを何回かに分けてご紹介していきます。皆さまの受験準備の一助になれば幸いです。

OCJP Gold SE 7 資格試験の試験範囲では既存のプログラマ試験に新たに加えられたトピックがいくつかあります。今回は追加項目の一つである JDBC (Java Database Connectivity) について説明します。

Upgrade to Java SE 7 Programmer試験の前試験範囲(テスト内容チェックリスト)はこちら
JDBCのトピックでは基本的なデータベース・アプリケーションの実装手順からJDBC 4.1やRowSet 1.1の新機能まで包括的なJDBC APIの使用方法が問われます。また、出題の中ではJDBCだけではなくJava SE 7新機能と組み合わせたプログラミング手法を理解できているかが問われる問題もあります。

例題:
次のコード断片があります。
1. try (Connection conn = DriverManager.getConnection(url);
2.  Statement stmt = conn.createStatement()) {
3.  // 処理
4. } catch(SQLException e) {
5.  // 例外処理
6. }

このコード断片について最も適切な説明はどれですか?
1. このコードはConnectionとStatementがAutoCloseableではないためコンパイルエラーになる
2. このコードはtry-with-resources文に複数のオブジェクトを記述しているためコンパイルエラーになる
3. このコードが実行されるとConnectionオブジェクトとStatementオブジェクトは自動的にcloseされる
4. このコードが実行されるとConnectionオブジェクトとStatementオブジェクトは自動的にcloseされない

--------------------------------------------------------------------

正解:

3. このコードが実行されるとConnectionオブジェクトとStatementオブジェクトは自動的にcloseされる

解説:
Java SE 7にはtry-with-resourcesと呼ばれる新しい例外処理構文を使用できます。Java SE 7に含まれるJDBC4.1ではjava.sqlパッケージのConnection、Statement、ResultSetインタフェースがAutoCloseableインタフェースを実装しているためtry-with-resources文を活用することができます。try-with-resources文で宣言したオブジェクトはtry節を抜ける際に自動的にcloseすることができます。close対象のオブジェクトはセミコロン( ; )を区切り文字として複数宣言することができます。

これまでのJDBCプログラミングではfinally節でのclose処理でも例外処理が必要な為、finally節内でtry-catchをネストしなければならず煩雑なコーディングになりがちでしたがJava SE 7からは可読性の高いすっきりとしたコーディングが可能になります。


いかがでしょうか?試験対策という観点ではJava SE 7に対応した総合的なプログラミングスキルを証明するためにJDBCの基本的なコーディング手順など単独のトピックだけでなく複数のトピックを複合的に問う出題があることも押さえておきましょう。


おすすめ研修:
Java SE 7 New Features
Java SE 7の新機能を把握したい方におすすめのコースです。(JDBCはJDBC4.1の新機能のみを扱います)

Javaによるデータベース・アプリケーション開発
Java SE 6 対応コースですが、JDBCプログラミングの基礎を身につけたい方にはオススメです。

それではまた次回。

Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

Inside ORACLE MASTER - ORACLE MASTERに関連する最新情報をお届けします。

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today