X

A blog about Oracle Japan News Portal

ワークスアプリケーションズ、ERPマネージド・サービスHUE Classic Cloudの基盤としてOracle Cloud Infrastructureを採用

本日、Oracle PartnerNetwork (OPN) 2020メンバーであり、大手企業向けERPパッケージ・ソフトウェアを展開する株式会社ワークスアプリケーションズが、ERPマネージド・サービスHUE Classic Cloudの基盤として「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したことを発表します。発表資料はこちら

ワークスアプリケーションズは、大手企業向けERPパッケージ・ソフトウェアとしてHUEおよびHUE Classicを提供しており、財務、経理、購買・調達、業務プロセス管理など、幅広いシステムが多くのユーザーに利用されています。昨今のテレワーク環境導入やDX推進などを背景に、同社のシステムやサービスへの顧客企業からの要望も変化しています。今回、Hue Classic既存ユーザーからの運用の効率化を図りたいという要望に応える形で、ERPパッケージ・ソフトウェアのライセンスとリソース管理、監視、レポーティングなどの運用管理を一体的に提供するマネージド・サービスであるHUE Classic Cloudを2020年9月25日から提供開始しています。

従来、ワークスアプリケーションズでは、他社のクラウドを利用し、オンプレミス環境向けのビジネス・アプリケーションを運用まで含めてクラウド上で提供する、HUE Classic Cloudと同様のサービスを提供していました。今回、マネージド・サービスであるHUE Classic Cloudのサービス基盤選定にあたり、改めてパブリック・クラウドの比較検討を行った結果、性能、コスト、シンプルなコンソール、コンプライアンス、スペックの拡張性を評価し、「Oracle Cloud Infrastructure」を採用しています。

具体的には、「Oracle Cloud Infrastructure」を採用した理由として、サーバー・リソースだけでなく、ネットワークやストレージまで含めて優れたコスト・パフォーマンスが実現されていること、コンソールのユーザー・インターフェイスなどの使い勝手がよく、エンジニアの学習コストを抑えて導入することが可能であること、スクリプトでの環境構築やメンテナンス作業が可能なInfrastructure as a Codeが実現されていることなどを挙げています。

また、ワークスアプリケーションズのERPパッケージを採用する多くの金融機関で求められる「FISC安全対策基準」への準拠など高いセキュリティレベルを実現するための要件に対応できると判断したことも、「Oracle Cloud Infrastructure」の採用理由の1つとなっています。

オラクルでは、「Oracle Database Cloud」をはじめ、高可用性、高性能、セキュアなアーキテクチャをパブリック・クラウドで利用可能な「Oracle Exadata Cloud Service」など多様なデータベース・クラウド・サービスを含む幅広いIaaS、PaaSのサービスを提供しています。ワークスアプリケーションズでは、HUE Classic Cloudの将来の展開を考えたとき、これらのサービスを用いることで月次1億勘定明細規模の高い処理能力を求める大規模な顧客企業への対応が可能になるなど、顧客企業の多様なシステム要件に対応できることも「Oracle Cloud Infrastructure」を採用した大きな利点として捉えています。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.