X

A blog about Oracle Japan News Portal

伊予銀行、Webサイトとコールセンターでオラクルのカスタマー・サービスを支援するクラウドを利用開始

本日、株式会社 伊予銀行(本社:愛媛県松山市南堀端町、取締役頭取:大塚 岩男、以下 伊予銀行)が、顧客向けWebサイトとコールセンターにおいて、オラクルのクラウド「Oracle Service Cloud」を活用したサービスを開始したことを発表しました。発表資料はこちら

伊予銀行は、創業138年を迎え、愛媛県の指定金融機関として、愛媛県内に118支店を展開しています。同行では、銀行業務を通していよぎんみらい起業塾、いよベンチャーファンドによるベンチャー企業支援などにも取り組み愛媛県の地域活性化に貢献しています。今回、さらなる顧客満足度向上に向けて、「Oracle Service Cloud」のWebヘルプサービス機能を活用し、Webサイト上の「よくあるご質問」ページを刷新しています。また、コールセンターの応対の質を均一化、また迅速な対応を強化する目的で、「Oracle Service Cloud」を活用しています。

Webサイトの「よくあるご質問」に「Oracle Service Cloud」を活用することで、多くの人が抱える疑問とそれに対する回答だけでなく、特定のケースにおける回答までも的確に提示できるため、Webサイト上での自己解決につながります。また、「Oracle Service Cloud」のシンジケーション・ウィジェット機能(*)を活用し、伊予銀行の商品やサービスページに、その商品・サービスに関連した質問と回答を表示します。そのため、お客様はWebサイト内のページを複数閲覧することなく、「よくあるご質問」ページ内で問題を解決できます。このたびの導入により、窓口やコールセンターの営業時間に制限されることなく、Webサイトやモバイル端末経由で顧客がオンライン上で自身の疑問点を自己解決し、手続きを行うことができる仕組みを実現します。
(*)推奨コンテンツの自動表示機能

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.