X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • August 21, 2013

三菱東京UFJ銀行、「Oracle Coherence」を活用し、外国為替情報のリアルタイム処理を実現

Norihito Yachita
広報室長

本日、株式会社三菱東京UFJ銀行(本社:東京都千代田区丸の内、頭取:平野 信行、以下 三菱東京UFJ銀行)が自行内に提供する外国為替レートなどのマーケット情報の配信基盤として、オラクルのインメモリ・データグリッド製品*「Oracle Coherence」(オラクル・コヒーレンス)を利用し、稼働したことを発表しました。導入の結果、毎秒 約200件のレート更新が行われる外国為替情報を安定的に受信・加工処理し、外国為替取引業務に対する鮮度の高い情報配信を可能にしています。発表資料はこちら
* インメモリ・データグリッド製品:複数マシンで仮想的な共有メモリ領域を実現することにより、大量のデータを高速処理する技術。

三菱東京UFJ銀行では、為替インターバンク・システムの保守終了が近づいたことを機に、その取引機能を支えるマスター情報や外国為替レート情報などの共通情報を一元的に管理する共通基盤の再構築を2010年度より検討開始しました。今後の情報量および変更頻度の増加、計算処理パターンの多様化といったビッグデータ時代を見据えた規模拡張性の高いアーキテクチャが重視され、その中核のインメモリ基盤として「Oracle Coherence」が採用されました。本システムは「Oracle WebLogic
Server」および「Oracle Database」とともに構築され、2012年8月より稼働開始しています。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.