X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • May 12, 2014

三菱東京UFJ銀行がオラクルのテープ製品で災害対策サイトへ勘定系の全バッチ処理データの伝送を実現

Norihito Yachita
広報室長

本日、株式会社三菱東京UFJ銀行(本社:東京都千代田区丸の内、頭取:平野 信行、以下:三菱東京UFJ銀行)が災害対策の高度化を目的に、オラクルのテープ製品群を活用し、顧客口座約4,000の大量トランザクションから発生する勘定系の全バッチ処理データを災害対策サイトに送信するデータ伝送を実現したことを発表しました。発表資料はこちら

仮想テープ装置
StorageTek
Virtual Storage Manager System
(以下:StorageTek VSM)」、外付けでディスク領域を拡張する「StorageTek Virtual Library Extension (以下:StorageTek VLE)」、テープ・ライブラリ最上位機種「StorageTek SL8500 Tape Library(以下:StorageTek SL8500)」などを今回新たに導入し、20136月より本格稼働しています。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.