X

A blog about Oracle Japan News Portal

省電力設計を採用した新しい「Sun x86」サーバー製品群を提供開始 ― 電力効率が94%、処理性能が87%向上

Norihito Yachita
広報室長

前世代の「Sun x86」サーバーに比べ、最大94パーセントまで電力効率を高め、処理性能を最大87パーセント向上*した新しい「Sun x86」サーバー製品群の国内提供を本日より開始しました。発表資料はこちら
*オラクル調べ

今回提供を開始する「Sun x86」サーバーは、インテルの新しい「インテルXeonプロセッサ E5-2600シリーズ」を搭載し、オラクルのデータベース、ミドルウェア、業務アプリケーションに最適化することにより、高い性能と信頼性を提供します。オペレーティング・システムに「Oracle Solaris」または「Oracle Linux」を搭載でき、仮想化技術「Oracle VM」も使用可能です。

新しい「Sun x86」サーバーは、省電力の低電圧DIMM*、電源装置などにより、前世代の「Sun x86」サーバーと比べ、最大94パーセントまで電力を効率化する省電力設計を採用しています。熱センサー、空調を効率化するアルゴリズムにより、ファン速度や電力効率、システム性能を自動で調整します。
* Dual Inline Memory Module

処理性能においても、前世代の「Sun x86」サーバーと比べ、プロセッサ・コア数を33パーセント増加*し、最大87パーセント性能を向上しています。メモリ領域およびネットワーク帯域も拡充しているため、企業ユーザーは同一の物理環境において、より多くのソフトウェアを稼働し、より高速な処理を実行することができます。
*オラクル調べ

オラクルのサーバーやネットワーク、ストレージを含むハードウェア製品を一元管理してクラウド環境を容易に構築・管理できる「Oracle Enterprise Manager Ops Center 12c」を無償*で提供します。これにより、データセンターの安定運用とコスト削減を実現します。
*オラクルのサーバーおよびストレージ製品に対するサポート・サービス「Oracle Premier Support for Systems」またはオペレーティング・システムに対するサポート・サービス「Oracle Premier Support for Operating Systems」をご契約の場合

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.