X

A blog about Oracle Japan News Portal

創業から90年、産業用機械向けパイプ製造を手がける住吉鋼管が、基幹システムを「Oracle Cloud」へ全面移行

Norihito Yachita
広報室長

TISインテックグループのTIS株式会社と、日本オラクル株式会社は、産業機械向けのパイプ製造を手がける住吉鋼管株式会社の「Oracle Database」を基盤とする基幹業務システムを、オンプレミス環境から「Oracle Cloud」へ全面移行したことを発表します。発表資料はこちら

2017年8月から本稼働がスタートした「Oracle Cloud」環境下で、障害ゼロで安定稼働している基幹業務システムでは、業務システムが長期停止するリスクが解消され、BCP(事業継続計画)対策の強化を実現しました。また、オンプレミス環境がなくなったことで、ファイアウォール機器の管理やサーバートラブルでの休日対応などが無くなり、管理者の負荷が大幅に軽減されています。

本事例の詳細は以下URLをご参照ください。
https://www.tis.jp/casestudy/casestudy_99.html

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.