X

A blog about Oracle Japan News Portal

日本オラクル、シームレスなクラウド連携が可能な初の仮想テープ・ストレージ製品「StorageTek Virtual Storage Manager 7 System」を提供開始

本日、メインフレームおよび異種混在環境のシステム向けに高度なセキュリティと拡張性を備えた新しい仮想テープ・ストレージ製品「StorageTek Virtual Storage Manager(VSM)7 System」の提供を開始すると発表しました。発表資料はこちら

「StorageTek VSM 7 System」は、パブリック・クラウドに対する直接的な、かつ最大限に自動化されたストレージ階層化機能を提供します。さらに、オラクルがInfrastructure as a Service (IaaS)として提供する「Oracle Storage Cloud Service - Object Storage」および「Oracle Storage Cloud Service - Archive Service」とシームレスに統合できるように設計されており、ストレージ管理者のクラウド戦略を支援します。これにより、クラウド・ストレージに対して、オンプレミスのストレージと同様にアクセスすることが可能となります。

従来のデータ保護ソリューションは、オンプレミスのシステム上で急増するデータに対応するように設計されていましたが、「StorageTek VSM 7 System」は、まったく異なる設計思想に基づき開発されています。パフォーマンスの向上、容量の増加、より高度な拡張性といった中核の機能は重視しながら、さらに、市場のニーズに応えるためクラウドでのストレージ階層化の機能を開発し、メインフレームのユーザーがクラウドの経済的メリットを活用できるようになりました。

ミッションクリティカルな基幹業務システムのデータ保護のため、「StorageTek VSM 7 System」をいち早く採用した株式会社NTTデータ 執行役員 沖村幸彦氏は、次のように述べています。「当社が金融機関向けにシステムサービスを継続提供していくとき、基幹系システムのインフラ部分の選択肢は、オラクルのVSM7でした。特に、メインフレーム接続が可能な拡張性とハイパフォーマンスを選定ポイントにしました。今後も長期間にわたって信頼性の高いソリューションとして提供いただくことを期待しております」

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.