X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • February 18, 2013

磁気テープ記憶装置の最新規格に準拠した「StorageTek LTO 6 Tape Drive」を提供開始

Norihito Yachita
広報室長

本日、磁気テープ記憶装置の最新規格である「LTO*-6」に準拠し、1巻あたり最大6.25 TB**(テラバイト)のテープ・カートリッジに対応、最大160MB/秒のデータ転送速度を実現するテープ・ドライブ新製品「StorageTek LTO 6 Tape Drive」の国内提供を開始しました。発表資料はこちら
* Linear
Tape-Open
:磁気テープ記憶装置のオープンな規格
** データ圧縮を行った場合の最大容量。非圧縮の状態での最大容量は
2.5TB

StorageTek LTO 6 Tape Drive」は前世代の「StorageTek LTO 5 Tape Drive*」と比較して、1巻あたり容量が圧縮時で約2.1倍、非圧縮時で約1.7倍に増加しています。また、データ転送速度は、約15パーセント高速化しています。
* StorageTek LTO 5 Tape Drive」に搭載するカートリッジ1巻あたり最大容量は圧縮時3TB、非圧縮時1.5TB。データ転送速度は最大140MB/

ビッグデータ時代におけるストレージ容量の不足、データの永年保管要請などのコンプライアンス対応、事業継続の確保など、企業のストレージ・システムは多様な課題を抱えています。オラクルのテープ・ライブラリ製品は、優れた拡張性、追加投資への経費節減、使いやすさを実現します。現在必要な容量からスタートし、今後の業務データ量に合わせて拡張できる柔軟性も提供しています。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.