X

A blog about Oracle Japan News Portal

SPARCのテクノロジーをクラウドにも展開する新たな「SPARC S7」製品群を提供開始

本日、新しい「SPARC S7」マイクロプロセッサをベースに構築されたエンジニアド・システム、サーバー製品、およびSPARCベースのクラウド・サービスを提供開始すると発表しました。これにより、SPARCの製品ポートフォリオが強化され、さらにSPARCの特長である優れたセキュリティ、効率性、シンプルさが初めてクラウドでも利用可能になります。発表資料はこちら

パブリック・クラウドのメリットに対する企業のニーズが高まる一方で、パフォーマンスやセキュリティ、管理性に対する新たな課題が発生してきています。新しいSPARCプラットフォームは、これらの課題を解決するため一から設計されたもので、重要な業務アプリケーションやスケールアウト型のアプリケーション環境をクラウド上で安心して実行できるようソリューションを提供します。

今回SPARCプラットフォーム群に追加されるサーバー製品は、シリコン・セキュアド・メモリやデータ・アナリティクス・アクセラレータなどのソフトウェア・イン・シリコン機能を備えた、革新的な4.27 GHz、8コア/64スレッド「SPARC S7」マイクロプロセッサをベースに構成されています。これにより、さまざまな規模のアプリケーションをSPARCプラットフォーム上で、業界最高のコアあたりの効率で、かつ手頃な価格で実行できるようになります。これにより、既存の商用およびカスタム・アプリケーションが新しいSPARCベースのサーバー上で実行でき、セキュリティ、効率性、シンプルさが飛躍的に向上します。

写真:Oracle MiniCluster S7-2 Engineered System

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.