X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • January 14, 2014

日本オラクル、東芝に「SPARC/Solaris」サーバーを納入

Norihito Yachita
広報室長

本日、株式会社 東芝(本社:東京都港区芝浦、代表執行役社長:田中 久雄、以下:東芝)に、オペレーティング・システム「Oracle Solaris」が稼働する「SPARC」サーバーを納入したことを発表します。東芝は本サーバーを利用し、東芝グループ約20万の社員が利用するプライベート・クラウド基盤を構築しました。発表資料はこちら

信頼性と可用性が高い「
Oracle Solaris」と「SPARC
T4
」サーバーの組み合わせによる基幹システムの安定運用と拡張性の高いプライベート・クラウド基盤が高く評価されました。仮想化技術「Oracle VM for SPARC」と「Oracle Solaris Legacy Containers」を活用し、従来システムのミドルウェアやアプリケーションを変更することなく、移行先環境でそのまま稼動させることで、迅速かつ低コストでの移行を実現しました。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.